大分高校野球部メンバー2019

大分高校野球部メンバー2019!

大分高校といえば、大分の実力校。

夏に二度甲子園出場がありますが、聖地で勝利を収めたことはありません。

2019年のチームは九州大会4強進出で選抜初出場を果たしました。

中学から一緒にプレーしている選手が多く結束力は非常に強いチームでしょう。

そんなセンバツ2019の大分高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】大分高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019登録メンバーがこちら

投手

背番号1/長尾凌我/3年
身長・体重⇒176センチ・72キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)

捕手

背番号2/江川侑斗/3年
身長・体重⇒178センチ・75キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)

内野手

背番号3/中尾拓士/3年
身長・体重⇒176センチ・75キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)
背番号4/足立駿/3年
身長・体重⇒183センチ・80キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)
背番号5/飯塚和茂/3年
身長・体重⇒181センチ・85キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)
背番号6/小野修太郎/3年
身長・体重⇒168センチ・65キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)

外野手

背番号7/安藤陽斗/3年
身長・体重⇒176センチ・75キロ
出身中学⇒宮崎市立大淀中学校(宮崎)
背番号8/小手川巧/3年
身長・体重⇒181センチ・73キロ
出身中学⇒津久見市立第二中学校(大分)
背番号9/田中颯悟/2年
身長・体重⇒171センチ・65キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)

控え

背番号10/武藤俊介/3年
身長・体重⇒173センチ・76キロ
出身中学⇒豊後大野市立千歳中学校(大分)
背番号11/石丸斗和/3年/
身長・体重⇒182センチ・85キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)
背番号12/牧巳裕馬/3年
身長・体重⇒173センチ・71キロ
出身中学⇒大分市立鶴崎中学校(大分)
背番号13/福山誠/2年
身長・体重⇒178センチ・88キロ
出身中学⇒大分市立滝尾中学校(大分)
背番号14/田崎千汰/3年
身長・体重⇒177センチ・75キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)
背番号15/緒方一翔/2年
身長・体重⇒175センチ・68キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)
背番号16/阪田寛和/3年
身長・体重⇒171センチ・73キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)
背番号17/鷲頭涼/3年
身長・体重⇒170センチ・65キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大阪)
背番号18/飯倉優侃/2年/
身長・体重⇒178センチ・70キロ
出身中学⇒私立大分中学校(大分)

スポンサーリンク

注目選手

それでは、センバツ2019の大分高校の注目選手を紹介します!

長尾凌我

制球力が自慢のタフネス右腕、長尾投手。

下級生の頃からエースとして活躍し、2年秋は大分大会決勝を除く8試合に登板し4完投と選抜初出場に貢献しました。

特に九州大会では3試合を1人で投げ抜き、コーナーを丁寧につく投球で相手打者を翻弄しました。

球速は最速132キロながら、小学生の頃からバッテリーを組む江川選手との相性の良さとテンポの良さで甲子園1勝を目指します。

中尾拓士

鋭い打球を放つ左の好打者、4番の中尾選手。

秋の大会ではチームトップの13得点をマークするなど、ポイントゲッターとして活躍が光りました。

九州大会では3試合すべてで打点を挙げるなど選抜でもキーマンとなる存在でしょう。

足立駿

攻守の中心としてチームを引っ張る主将の足立選手。

打っては1番打者としてチャンスを演出。

九州大会では15打数7安打とリードオフマンとして存在感を発揮しました。

守備では二塁手として活躍。

バッテリーを含め内野陣は全員が中学時代から一緒にプレーしていて連携はばっちり。

こまめに声かけをして、長尾投手の打たせて取るテンポの良い投球を引き立てます。

2018年九州野球大会の結果

それでは2019年の大分高校について、
2018年九州大会の結果をまとめていきます。

1回戦
大分高校 4 – 1 長崎南山

準々決勝
大分高校 8 – 1 神村学園 (8回コールド)

準決勝
大分高校 3 – 5 筑陽学園

大分大会決勝から九州大会まで4試合連続で二桁安打と打撃が好調でした。

守備のミスが多く再三ピンチを招いたものの、エース長尾投手を中心にチームワーク抜群の守りで凌いできました。

マスクを被る江川選手は秋の公式戦打率.394と3番打者としても勝利に貢献。

スタメン唯一の下級生、2番の田中選手はチームトップの打率.462をマークするなど勢いがありましたね。

どの打順でも犠打やエンドランなどの小技を使うことが出来、信頼できるエースのために得点を積み重ねます。

そして中学時代からともにプレーする鉄壁の野手陣は連携などの面では強豪校に引けを取らないでしょう!

【センバツ2019】大分高校野球部メンバーのまとめ

というわけで、センバツ2019の大分高校野球部メンバーについてまとめてきました。

私立には珍しく地元志向が強いチームで明豊高校以上に地元ファンの声援を受けて甲子園でも戦えるのではないでしょうか?

三度目の大舞台で、悲願の聖地での1勝を挙げられるのか?

ダブル出場の大分県勢で刺激し合って1勝でも多く積み上げたいところ。

楽しみですね!