石岡第一高校野球部メンバー2019

石岡第一高校野球部メンバー2019!

今回は21世紀枠で春のセンバツ2019に選出された石岡第一高校についてまとめていきます!

プロ注目の投手もいて、農業を学ぶ科もある石岡第一ですがどことなく昨年の金足農業高校にも通じるものがありますね。

金農旋風のような旋風を巻き起こせるのか楽しみなチームです。

そんなセンバツ2019の石岡第一高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】石岡第一野球部メンバー【身長体重・出身中学】

2019年版の石岡第一野球部メンバーはこちら。

※春のセンバツ2019の登録メンバー

投手

背番号1/岩本大地/3年
身長・体重⇒174センチ・80キロ
出身中学⇒石岡八郷中学校(茨城)

捕手

背番号2/中山颯太/2年
身長・体重⇒179センチ・78キロ
出身中学⇒石岡府中中学校(茨城)

内野手

背番号3/干場聖斗/2年
身長・体重⇒175センチ・68キロ
出身中学⇒牛久下根中学校(茨城)
背番号4/塚本圭一郎/2年
身長・体重⇒174センチ・70キロ
出身中学⇒土浦土浦第一中学校(茨城)
背番号5/飯岡大政/2年
身長・体重⇒176センチ・75キロ
出身中学⇒つくば桜中学校(茨城)
背番号6/滑川孝之介/2年
身長・体重⇒178センチ・71キロ
出身中学⇒小美玉美野里中学校(茨城)

外野手

背番号7/武田翼/3年
身長・体重⇒178センチ・70キロ
出身中学⇒小美玉美野里中学校(茨城)
背番号8/古屋健太郎/2年
身長・体重⇒167センチ・61キロ
出身中学⇒ひたちなか勝田第一中学校(茨城)
背番号9/酒井淳志/3年
身長・体重⇒170センチ・66キロ
出身中学⇒かすみがうら霞ヶ浦中学校(茨城)

控え

背番号10/小松崎駿/2年
身長・体重⇒177センチ・75キロ
出身中学⇒笠間笠間中学校(茨城)
背番号11/矢口 剛盛/3年
身長・体重⇒165センチ・60キロ
出身中学⇒土浦土浦第五中学校(茨城)
背番号12/飯塚大翔/2年
身長・体重⇒170センチ・65キロ
出身中学⇒小美玉玉里中学校(茨城)
背番号13/中嶋祥允/3年
身長・体重⇒172センチ・83キロ
出身中学⇒土浦第四中学校(茨城)
背番号14/堀川舜太/3年
身長・体重⇒171センチ・67キロ
出身中学⇒石岡八郷中学校(茨城)
背番号15/友部陸/3年
身長・体重⇒171センチ・69キロ
出身中学⇒石岡八郷中学校(茨城)
背番号16/坂本塁/3年
身長・体重⇒165センチ・65キロ
出身中学⇒茨城明光中学校(茨城)
背番号17/額賀文也/3年
身長・体重⇒171センチ・68キロ
出身中学⇒土浦第六中学校(茨城)
背番号18/岡崎黎人/2年
身長・体重⇒175センチ・66キロ
出身中学⇒佐野佐野中学校(茨城)

21世紀枠で選ばれた石岡第一高校。茨城県勢では初の21世紀枠での選出だそうです。秋季茨城県大会では2018選抜2勝の明秀学園日立や、2018夏季茨城県大会覇者の土浦日大といった強豪校を破り大会ベスト4に入りました。

エースの岩本選手を要し、準決勝では藤代に惜しくも破れてしまいましたが岩本選手は16奪三振完投と健闘。打線は明秀学園日立相手に10得点するなど爆発力もあります。強豪校に打ち勝ったということはチームにとっても大きな自信となったでしょう。

土浦日大相手には4-2と接戦をものにし、大味な試合もロースコアの緊迫した試合もどちらにも力を発揮できるチームでもありますね。

全ての選手が茨城県出身ということもあり地元の応援も大きいのではないでしょうか。地元の声援を背に今大会のダークホースになってほしいですね。

スポンサーリンク

注目選手

注目はこちらの選手

岩本大地

プロも注目する最速147キロのピッチャー。切れ味のある変化球で28回と2/3の投球回数で36奪三振という高い三振率を誇ります。持ち球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリット。

同じ公立校出身で農業高校卒の現日本ハムファイターズ吉田選手がお手本で、吉田選手のようなボールが投げたいと吉田選手のフォームや体重移動を参考にしたそうです。

制球に難がありますが、吉田選手を参考に低めを意識した投球で課題克服に挑みます。

甲子園に向けて、150キロを目標にどこまで上に行けるか注目の選手ですね。

武田翼

50メートル6.2秒の俊足レフト。

中学時代はファーストだったそうですが県内の選抜に選ばれた時に外野手に転向したそうです。レギュラー定着後は5番バッターとして活躍し打率は4割をマークしています。勝負強いバッティングも持ち味ですね。

現在は俊足を活かして1番バッターにも挑戦中。

5番バッターのときとは求められるものも違い、フォアボールなどとにかく塁に出ることが大切で気迫で盛り上げたいとチームの勝利を一番に考えているそう。

生まれた時からプラスチックバットで遊んでいた野球大好き少年が甲子園で好投手からヒットを打つ姿が楽しみですね。

浜田芽里

石岡第一の女子選手。

規定で選手としてベンチには入れませんが注目選手としてあげてみました。

エースの岩本選手と同じ中学の後輩で中学時代のポジションはセカンドでした。50メートル6.9秒で、中学県選抜にも選ばれた逸材です。兄2人が石岡第一OBでその影響もあり野球を始めたそうです。

高校入学後に体格差や体力差を感じることも多くなってきたのだとか。ランニングで集団の後ろの方になることもあるそうですが、持ち前の負けず嫌いの性格もあり野球をやめようと思ったことはないそうです。

チームメイトとの差を埋めるため、積極的に補食や筋力強化にも取り組み、全体の練習が終わった後も、兄からノックを受けたりと練習に励んでいるそう。

こういった選手のためにも早く甲子園で女子選手が活躍できる制度を整えて欲しいですね。

2018年秋季茨城大会の結果

県南地区予選 代表決定戦
石岡第一 11-0 江戸崎総合

秋季茨城県大会2回戦
石岡第一 1-0 水戸工業

秋季茨城県大会3回戦
石岡第一 10-6 明秀学園日立

秋季茨城県大会準々決勝
石岡第一 4-2 土浦日大

秋季茨城県大会準決勝
石岡第一 4-5 藤代

5試合で16犠打という手堅い野球で少ないチャンスをものにするというスタイルで大会を勝ち上がってきました。レギュラーの多くが下級生ということもありメンタル面の強化が急務ですが強豪2チームを倒した2試合を見ても怖いもの知らずという印象がありますね。

21世紀枠ということで注目度も高いと思いますが臆することなくのびのびプレーして欲しいです。

【センバツ2019】石岡第一高校野球部メンバーのまとめ

いかがでしたか?

選抜甲子園はどこと当たっても強豪校だらけですが、茨城県内の強豪校を撃破した石岡第一高校なら臆することなく試合に臨めることでしょう。

地元の期待も背負って上位進出を目指して欲しいですね。プロ注目の岩本選手の甲子園での成長も非常に楽しみです。