安田尚憲・履正社

今回はドラフト大注目選手の一人、履正社の

安田尚憲選手

を取り上げていきます!

同い年の早稲田実業、清宮幸太郎と並び、高校生2大スラッガーと呼ばれていますが、ドラフト進路は気になるところ。

どの球団に指名の可能性があるのか、これまでの動向からチェックしていきます。

またバッティングは超高校級のようですが、守備の評価について、また高校通算本塁打をどこまで伸ばすことができそうか、調べていきます。

追記:ドラフト1位でロッテが獲得

スポンサーリンク

安田尚憲のドラフト進路は?阪神ファン?

プロに入ればかなりの活躍が期待できそうな安田選手。

そんな注目株のドラフト進路について調べてみました。

指名する可能性は左の長距離打者となるとどの球団も欲しがると思いますが、実際に候補にしているのは9球団のスカウトが視察していたりしています。ポジティブなコメントを残していたりして、やはり注目度は高いですね。

同じ左のスラッガー、清宮幸太郎選手も同じ内野手で、安田と並びそれぞれ東西を代表するホームラン打者ですが、違いは安田選手はサードを守れるということ。

清宮選手は今のところファーストを専門としていますから、守備に関しては安田選手にやや分があるといえるのではないでしょうか。

プロの場合、守れるポジションがファーストだけですと、出場できる機会が限られてしまいますが、その点サードを守れるということになると、内野のその他のポジションや外野などへのコンバートもしやすいはずです。

もし、清宮選手と安田選手の二択で迷うなら自軍の守備位置との兼ね合いに左右されるでしょうね。

特に現在一塁手のレギュラーがいるチームや外国人が守るポジションとして考えている場合には、安田選手チョイスする場合もありそうです。

その他特定球団でネットなどで話題になっているのは、阪神のようです。

安田選手、また履正社の地元大阪ということもあり、阪神が指名するのでという噂もありますね。

阪神2017のドラフト候補は? 

また、安田選手自身が阪神ファンだという話もありますが、これは地元が大阪だから、という理由で出た噂にすぎないみたいです。

確実な情報ではありません。

しかし、阪神のサードと言えば、かつてはミスタータイガース、現在阪神の2軍監督を務める掛布雅之さんが守っていたこともあるポジションなので、安田選手が入団できたらかなり、盛り上がるはず。

現に掛布さんは2軍監督の今でも現役時代の背番号31をつけていますが、31に相応しい選手が出てきたら継承させるようなことも公言していましたので安田選手はもっとも相応しい選手かもしれませんね。

どの球団が指名し、獲得するのか、目が離せませんね。

守備の評価は?

先程少しポジションの話題になりましたが、実際の守備の評価ついて触れていきます。現在はサードを守っている安田選手。

守備のレベルはどれくらいなのでしょうか?

調べてみましたが現在ニュースなどになっている情報としては、ほとんどが打撃に関するもの。

ただし「守備面がよくなれば」といった、フィールディングに関するマイナスなコメントもないので、今のところ可もなく不可もなくといったところではないでしょうか。

以下は中日ドラゴンズ 米村明スカウトのコメントです。

「(打撃は)超高校級ですね」

打撃はということは、守備は微妙?ということなんでしょうか?見つけることのできる、暗にではありますが守備について語られている情報はこれくらいでした。

プロの世界では打つ方だけでなく、ディフェンス面も重要視されるので、これから、またはプロに入ることができたら、さらに打撃とともにさらに磨いていってほしいですね。

高校通算本塁打について

さて、ここでは安田選手の最大の魅力、ホームランについてまとめていきましょう。

高校生のホームランについての評価といえば、なんといっても「高校通算本塁打」です。

この記録って公式戦だけでなく、練習試合なども含まれるので、評価の軸としては微妙なのですが、やはり、気になるところですね。

安田選手は高校通算本塁打を3年の時点で60本近く、放っています。もちろん最後の大会など、卒業までこの数字はさらに伸びるのですが、この数字はどのくらいの評価として考えればよいのでしょうか。

最多記録はプロ入りを果たしていませんが、山本大貴の「107本」になります。安田選手のほぼ倍ですね。

それでは安田選手って実はホームランが少ないのか。実はそんなこともないようで、現役プロのスラッガーがどれだけ高校通算本塁打を記録してきたかといえば、

中田翔 日ハム 87本
中村剛也 西武 83本
平田良介 中日 70本
筒香嘉智 横浜 69本

名だたる現役ホームラン打者をズラリと並べてみました。こうしてみると筒香嘉智選手も60本代でしたが、今や日本を代表するホームラン打者に成長していますからね。

安田選手も高校生スラッガーとしては一定の水準をクリアしているのではないでしょうか。

しかしまだまだ安田選手の高校現役生活は終わっていません。残りの高校生活でどれだけ本塁打を積み重ねることができるか、大変見ものですね。

まとめ

高校生ドラフト候補の中でもひときわ輝きを放つ安田選手。

甲子園での豪快なホームランも見たいですが、やはりプロでどれだけ通用するのか、華麗なホームランを放ち続けることができるのか、大変楽しみですよね。

しかし、そこはまだ高校生。スカウトへのアピールなどといわず、ホームランや自分の打撃は二の次に、チームの勝利を優先するプレーヤーにさらになっていってほしいですね。

プロでも自分勝手な打者より、時には自己犠牲も厭わない打撃ができる選手が活躍している傾向にありますから。

ドラフトが楽しみですね。