鳴門高校野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は2年ぶり12回目の夏の甲子園出場となる徳島の鳴門高校野球部。

鳴門高校は第1回大会から参加している古豪です。

1950年夏には準優勝するなど全国でも結果を残しているチームです。

そんな2018鳴門高校野球部メンバーの出身中学と注目選手をチェック!

またチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

鳴門高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年鳴門高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

夏の甲子園2018のメンバー

投手

  • 背番号1/西野知輝/2年/出身中学:鳴門市第一中学(徳島)

捕手

  • 背番号2/中村歩睦/3年/出身中学:小松島市小松島中(徳島)

内野手

  • 背番号3/庄野蓮太/3年/出身中学:徳島市川内中(徳島)
  • 背番号4/塩唐松宏将/2年/出身中学:淡路市津名中(兵庫)
  • 背番号5/田口史樹/1年/出身中学:北島町北島中(徳島)
  • 背番号6/大下竜輝/3年/出身中学:徳島市国府中(徳島)

外野手

  • 背番号7/三浦光翔/3年/出身中学:生光学園中(徳島)
  • 背番号8/宮崎龍司/2年/出身中学:鳴門市第一中(徳島)
  • 背番号9/浦和博/2年/出身中学:徳島市津田中(徳島)

ベンチ入りメンバー

  • 背番号10/上原諒大/3年/出身中学:鳴門市鳴門中(徳島)
  • 背番号11/石ケ谷篤/3年/出身中学:松茂中(徳島)
  • 背番号12/原田力輝/1年/出身中学:阿南市羽ノ浦中(徳島)
  • 背番号13/車谷幹太/2年/出身中学:橿原市白橿中(奈良)
  • 背番号14/大竹敏征/2年/出身中学:生光学園中(徳島)
  • 背番号15/仲野仁一朗/3年/出身中学:鳴門市第一中(徳島)
  • 背番号16/竹内勇輝/2年/出身中学:那賀町相生中(徳島)
  • 背番号17/吉田催哉/3年/出身中学:松茂中学(徳島)
  • 背番号18/岸拓磨/3年/出身中学:鳴門市大麻中(徳島)

スポンサーリンク

注目選手

2018年鳴門高校野球部の注目選手はこちらの選手

西野知輝

173センチ/68キロ/左投左打/投手

1年秋からエースナンバーを背負う左の2年生投手。

キレのある直球をコーナーに投げ分け、スライダー、チェンジアップなどの緩急でテンポよく打ち取る投球が持ち味。

走者を背負いながらも動じない2年生らしからぬメンタルの強さを感じます。

予選では4試合すべてで先発し、決勝では完投するなど2年生主体のチームで一際輝きを放っています。

上原諒大

179センチ/85キロ/右投右打/投手

恵まれた体格から最速142キロのスピードボールを投げる3年生投手。

3年春に疲労が溜まったエース西野の代わりに登板すると、気迫を前面に出した投球で結果を残しました。

3年夏は背番号10をつけた剛腕投手でしたが予選2試合で6失点アウト1つしか取れずに悔しい結果に終わりました。

元々腕の振りがよく、打者の手元で伸びるストレートが自慢で、西野との継投が理想だっただけに甲子園ではリベンジのマウンドを誓います。

三浦光翔

167センチ/75キロ/右投右打/外野手

167センチと小柄ながら
思い入りの良いスイングとリーダーシップでチームを牽引するキャプテン。

4番左翼手として出場した夏の徳島県大会では4試合で打率6割と大当たりでした。

9安打、10打点、4二塁打はいずれもチームトップ、勝負どころの鋭いスイングで存在感を示しました。

2年生中心のチームですが負けじと3年生がチームをまとめあげます。

鳴門高校野球部2018の特徴

2年ぶりに徳島県大会を制し12回目の夏の甲子園出場を決めた徳島の古豪・鳴門高校。

夏の高校野球第1回大会から参加してるだけあって、100回大会出場への思いは強かったことでしょう。

2018年のチームは先発メンバーの半分以上を下級生が占めていますが思い切りの良いプレーで秋、春と徳島大会を制してきました。

第1シードとして臨んだ夏の徳島大会では初戦の8回に7失点し4点を追う展開となりましたが、集中打ですぐさま追いつき9回裏にサヨナラ勝ちしました。

準決勝でも4点ビハインドの最終回に打線が爆発し逆転サヨナラ勝利を収めるなどここぞという時の集中力があります。

甲子園でも暑さの中で厳しい戦いが続くと思いますが、かつて「うずしお打線」と呼ばれた打線が記念すべき100回大会で旋風を巻き起こすのか?

期待できますね!

まとめ

というわけで、2018年版の鳴門高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

チームのほとんどが下級生で経験不足ではあるものの、試合を重ねるごとに成長している印象でした。

これも三浦主将を中心に3年生がプレーで引っ張っているからかもしれません。

最後の夏にかける3年生の闘いぶりにも注目しましょう!