大阪桐蔭高校野球部メンバー2018

大阪桐蔭野球部2018のメンバー!

ということで、2018年の大阪桐蔭野球部を取り上げていきます。

大阪桐蔭は現在高校野球界をリードする屈指の強豪校。

大阪のチームとしては甲子園春夏連覇を果たし、立浪、片岡等4人の選手をプロ野球に送り込んだ33期のPL学園に匹敵すると噂の2018年大阪桐蔭。

2年生時からレギュラーとして活躍していた注目選手が複数いたため、甲子園春夏連覇を逃した2017年の夏の大会終了後も「2018年のチームはもっと強い」と全国の各校を震撼させていた程です。

2018年夏季大会決勝でも大阪学院大を23-2の圧勝で甲子園出場を決めています。

今回はそんな最強チームのメンバー、注目選手の出身中学や監督にも迫っていきます。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

大阪桐蔭高校野球部2018!メンバーの出身中学!

大阪桐蔭高校野球部2018のメンバーと出身中学はこちら!

※夏の甲子園2018の登録メンバー

投手

  • 背番号1/柿木蓮/3年/多久市中央中(佐賀)

捕手

  • 背番号2/小泉航平/3年/御坊市河南中(和歌山)

内野手

  • 背番号3/石川瑞貴/3年/堺市泉ヶ丘東中(大阪)
  • 背番号4/山田健太/3年/稲沢市千代田中(愛知)
  • 背番号5/中川卓也/3年/大阪市長吉中(大阪)
  • 背番号6/根尾昴/3年/飛騨市古川中(岐阜)

外野手

  • 背番号7/宮崎仁斗/3年/学校組合立式下中(奈良)
  • 背番号8/藤原恭大/3年/豊中市第五中(大阪)
  • 背番号9/青地斗舞/3年/富田林市貴志中(大阪)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/横川凱/3年/米原市大東中(滋賀)
  • 背番号11/井阪太一/3年/奈良市春日中(奈良)
  • 背番号12/飯田光希/3年/板野町板野中(徳島)
  • 背番号13/宮本涼太2年/寝屋川市第一中(大阪)
  • 背番号14/俵藤夏冴/3年/今治市西中(愛媛)
  • 背番号15/青木大地/2年/木津川市木津第二中(京都)
  • 背番号16/中野波来/2年/淡路市岩屋中(兵庫)
  • 背番号17/奥田一聖/2年/札幌市栄南中(北海道)
  • 背番号18/森本昂佑/3年/神戸市魚崎中(兵庫)

スポンサーリンク

大阪桐蔭高校野球部2018の注目選手!ドラフト候補は?

大阪桐蔭高校野球部2018の注目選手を見ていきましょう。

どの選手のドラフト上位指名の器となっています。

藤原恭大

中堅手/3年/左投左打/181センチ/76キロ

恐らく今の時点で2018年ドラフトの高校生で1位で消える可能性の最も高い選手です。

足が速く肩が強く長打力があり、おまけに左打者というウィークポイントを探すのが難しい程の超高校級選手。

2017年秋の侍Japan高校代表でも活躍し、さらに評価を上げました。

高校生では将来のトリプルスリーに最も近いと早くも噂で、阪神などは1年生当時から密着マークを続けています。注目しましょう。

CHECK!藤原恭大(大阪桐蔭)のドラフト進路情報 

根尾昴

内外野手兼投手/3年/右投左打/177センチ/76キロ

藤原と並んで2018年ドラフトの1位候補。

投手、内野手、外野手の三刀流をこなし、抜群の身体能力で底知れない伸び代を期待させる選手です。

こちらも藤原と並んでウィークポイントを探すのが難しい選手で無理やり探すのであれば体がそれほど大きくはないことくらいでしょう。

投手としても野手としても超高校級で既にプロでどちらで勝負させるのかという話が盛り上がる程で、プロに入ると大谷のように「投手野手論争」が巻き起こりそうな選手ですね。

柿木蓮

投手/3年/右投右打/181センチ/83キロ

中学時代から佐賀の豪腕と呼ばれ、既に140km超えをマークしていたパワーピッチャーです。

春夏連覇を目指した2017年の夏の準決勝の仙台育英戦で好投するものの、無念のサヨナラ負け。必ずこの場所に戻ってくると砂を持ち帰らず甲子園を後にしました。

3年生となりエースとなった2018年は雪辱を果たせるか注目ですね。

150kmを超えるほどのストレートはないもののボールの回転がよく空振りが取れるストレートは魅力でドラフト指名は間違いないところでしょうね。

CHECK!柿木蓮(大阪桐蔭)のドラフト進路は?ヤンキー?彼女や出身中学もチェック 

横川凱

投手/3年/左投左打/190センチ/82キロ

滋賀のエッフェル塔という異名を持ち中学時代から有名選手だった長身左腕。

大阪桐蔭では1年からベンチ入りし、チームでは貴重な左腕として活躍しています。

190cmという長身の割にバランスが良く腕の振りがしなやかな投手で、最速は144km。これからの伸び方次第ではありますが、プロでも貴重な長身左腕なので、当然注目は集めているでしょうね。

CHECK!横川凱(大阪桐蔭)のドラフト進路は?出身中学と父や球速と球種も 

山田健太

内野手/3年/右投右打/183センチ/85キロ

ミレニアム世代の大阪桐蔭ビッグ3(藤原、根尾、山田)の一人で強打の内野手。

2年春の選抜で5割を超える打率をマークし個人最多安打記録にあと1本と迫る大活躍で注目を集めました。

強打者を揃える大阪桐蔭の中でも長打力は突出しており右の大砲になれる可能性は十分です。当然既にプロ注目の選手であることは間違いありません。

2018年甲子園での活躍に期待しましょう。

監督

大阪桐蔭を率いる監督はお馴染みの西谷浩一氏です。

既に高校野球ファンで知らない人はいないほどの有名人ですね。

最近のプロ野球の中心選手を何人も輩出している大阪桐蔭ですが、その指導力もさることながら、よく知られているのは選手をスカウトしてくる力です。

今や大阪桐蔭は全国から選手が集まってくるほどの有名校になりましたが、中学時代は地元では有名で頭ひとつ、ふたつ抜けていた選手でも大阪桐蔭に入ると「並」のレベルになってしまいます。

そんな中で切磋琢磨していくことによって本当の超高校級選手に育っていきます。

全国の高校野球有名校にはスカウトマンがいて、通常はスカウトマンが選手をマークしているのですが、大阪桐蔭だけは西谷監督が直接出向いて選手を見てスカウトしてくるところが他校との違いでしょうか。

特に西谷監督は非常に熱心で各校のスカウトマンも舌を巻くほどといいます。

日本ハムの主砲中田翔の中学時代には広島まで40~50回通ったと言われている程です。

監督自ら招切れた選手をチームの中の競争原理で優秀な選手に育てていく。その先にはトップクラスの選手にはプロ野球が待っているという図式が成り立っているのが大阪桐蔭といえそうですね。

まとめ

以上、2018年の大阪桐蔭野球部のメンバーについて取り上げてみました。

2018年の高校野球は大阪桐蔭を中心に回る、といっても過言ではない程今から注目を集めているチームです。

藤原恭大選手、根尾昴選手、柿木蓮投手、中川卓也選手、山田健太選手といったメンバーが残ってる大阪桐蔭は史上最強という呼び声もありますね。

とはいえ大阪にはライバル履正社高校がいますし、全国にもその大阪桐蔭を倒そうとする強豪校がひしめいています。

全国から目標とされるプレッシャーを跳ね除けて春夏連覇できるかどうか、すべての高校野球ファンの注目するところですね。