高校野球ドラフト候補2018・投手

高校野球ドラフト候補2018!

ということで、今回は2018年高校ドラフト投手編の注目の目玉をピックアップしていきます!

2017年ドラフトでは大注目の清宮選手が7球団から1位指名され日本ハムに指名されて入団しましたね。

今回も有望な目玉が沢山います。

2018年は夏の甲子園が第100回の記念大会ということもあり、さらに2000年生まれが中心となるのでこの世代を「ミレニアム世代」とも言われており、すでに甲子園を沸かせた選手やまだ知られてない凄い選手も独自のランク付けで紹介!

そんなわけで高校野球ドラフト候補2018となる投手編に迫ります!

それではどうぞ!

スポンサーリンク

根尾昂(大阪桐蔭高)

ミレニアム世代を代表する超高校級二刀流選手。

野手としても活躍する根尾選手ですが、今回は投手を取り上げます。

MAX148キロで平均球速も142キロのキレのいいストレートを投げ、球種はスライダー、カーブ、チェンジアップを操る本格派右腕。

フォームはオーバースローでセットポジションから足を高く上げインステップ気味に着地、腕をしならせて投げこむパワフルな投球フォームです。

腕の振り方は楽天の岸投手と同じタイプだと感じてますね。

ややフォームが上体だけで投げるという欠点もありますが、これからの練習で足腰を強くして体全体で投げれれば、球速もまだ出ると思うのでさらなる成長を期待しましょう。

2017年の秋季近畿大会でも準決勝に先発して16奪三振、完封勝利と投手としてもメキメキ力をつけてきて、同世代の高校球児の代表する選手。

根尾投手は、中学から146キロを投げて、中学のスキー大会でも優勝するなど抜群の運動神経の持ち主で、野球だけでなく学業もオール5をとるなど、完璧な球児で現在、阪神、オリックス、中日、巨人などの球団が高評価をしています。

どの球団も野手と投手でとるかは悩んでいますが、2018年のドラフトは間違いなく根尾投手が目玉になってくるのは間違いありません。

さらなる活躍が楽しみですね。

CHECK!根尾昂(大阪桐蔭)のドラフトは競合する?各球団ごとの評価を検証 

引地秀一郎(倉敷商高)

MAX151キロの投げる岡山の怪物候補右腕。

長身投手で、角度と威力のあるストレートを軸に、スライダー、カーブ、フォークを操ります。ストレートは引地投手本人も強いこだわりがあり「直球で押していきたい」と語っています。

さらに、倉敷商高の森光監督も

「日本で一番速いボールを投げれるようになれ」

と言っているようにストレートには自信を持って投げているのが分かりますね。

フォームはオーバースローでノーワインドアップから、少し上体をひねり、上体の力でボールを投げ込むフォームで、プロ野球選手で似ているフォームがいない独特なフォームです。

欠点は上体だけで投げているので制球もバラつきがあり、ストレートも球速、キレ共にまだまだ伸びる印象があります。

甲子園出場はなく、2017年の中国秋季大会の初戦で敗れており、春の選抜も絶望となっているので、甲子園に行くのは2018年の夏がラストチャンスになります。

引地投手にはこの冬に下半身をしっかり鍛えフォームの安定を向上して球速や制球ももう一段階上のレベルを目指してほしいですね。

阪神のスカウトからは、

「上半身で投げている今のフォームで、あれだけのボールを投げられるからこれからが楽しみ。」

と語っており、ハートも強いので将来楽しみな投手の一人ですね。

山口航輝(明桜高)

 
MAX146キロと多彩な変化球を操る本格派右腕。

181センチの長身から投げ下ろされるMAX146キロの威力あるストレートを武器に、スライダー、カーブ、スプリット、チェンジアップ、ツーシームなど多彩な変化球も投げれるので凄く器用な投手な印象です。

どの変化球もレベルが高いので試合を作れる投手なのでプロ野球に行くのであれば、先発として活躍する可能性があるでしょう。

フォームはスリークォーターセットポジションから一旦足を上げてからゆっくりおろし、そこから体全体を使って投げる投球フォームです。

力感のあるフォームなのでボールに力が効率伝わり、重く感じキレのあるボールが魅力的ですね。

山口投手は投手としてもレベルは高いですが、打者としてもチームの4番を打つほどの身体能力を持っています。

2年の夏、秋田大会の決勝戦で右肩を故障し、甲子園ではまだ投手としての登板がありませんが、評価基準は高いのでしっかり治し、力を発揮ししてもらいたいですね。

CHECK!山口航輝(明桜)のドラフト進路は?評価や球速と球種についても 

鈴木裕太(日本文理高)

恵まれた体格から投げるMAX148キロが魅力の右腕。

MAX148キロと威力たっぷりのストレートとスライダー、カーブ、スプリットの変化球を操ります。

中学3年の時点142キロを投げているので、小さいころからその野球センスを発揮していたことが分かりますし、奪三振能力が高いのでプロでも通用するのではないかと。

フォームはオーバースローで左足を高く上げ、着地して体をややひねりながら投げ込む力強いフォームです。

力強いながらもバランスはすごくいいです。個人的には、楽天の松井裕樹投手のフォームを右投手に置き換えたらすごく似ている印象がありますね。

甲子園には、2年の夏の鳴門渦潮戦に先発登板と甲子園の経験はありますが、2018年の選抜も絶望となっていますので、2018の夏の甲子園が最後の挑戦となるでしょう。

変化球の制球もあがっていき、武器のストレートが活きてくるので、さらなる成長が期待される投手の一人です。

米倉貫太(埼玉栄高)

MAX146キロを投げ込むダルビッシュ2世。

スラりとした長身から、MAX146キロとスライダー、縦スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと変化球も多彩に操ります。

ストレートの平均球速は、130キロ後半なので、まだまだ、ストレートの球速も伸びてくるはずですし、フォームはオーバースローでノーワインドから柔らかなフォームから投げ込みが特徴的。

非常に癖のないフォームで元プロスカウトからも高い評価を得ています。

投手のフォームは何かしらどこか癖があるのですが、米倉投手は癖らしい癖が見当たりませんので、肩、ひじの負担が少なく投げれるいい投球フォームだという印象。

米倉投手は東北高時代にダルビッシュ投手を育てた、若林正広監督を慕って埼玉栄高に進学するほど、ダルビッシュ投手を目標としています。

若林監督も

「ダルビッシュの2年時よりいいよ」

と高評価を得て、さらに中日のスカウトからは

「角度があって腕の振りより球が走る。来年は注目されるでしょう」

と話しているので、2018年のドラフトでは注目される投手です。

CHECK!米倉貫太(埼玉栄)のドラフト進路は?各球団からの評価をチェック

柿木蓮(大阪桐蔭高)

最強世代の大阪桐蔭のエース右腕。

がっちりとした体格から放たれる、MAX147キロが魅力の本格派右腕です。

ストレートは常時130キロ後半から140キロ前半をコンスタントに出せるので投球スタイルもストレートで押すタイプです。

球種はカーブ、スライダー、フォークを操り緩急も使える器用な投手の印象ですね。

さらにコントロールもよく、高校生投手の中では完成度は高い投手の一人です。

フォームはややスリークオーターからでノーワインドアップから始動し、バランスよく投げ込むフォームで、個人的には阪神の藤浪投手をややコンパクトにまとめた投球フォームだなと感じています。

大阪桐蔭の投手は非常にきれいなフォームをしている投手が多いですね。

日本ハムをはじめ複数の球団から高評価を得ているので、さらなる成長を遂げて2018年のドラフトの目玉として注目されてほしいです。

CHECK!柿木蓮(大阪桐蔭)のドラフト進路は?ヤンキー?彼女や出身中学もチェック

スポンサーリンク

田中法彦(菰野高)

MAX150キロの威力あるストレートが武器の右腕。

173センチと背は高くないががっちりとした体格で、そこから放たれるMAX150キロもストレートが武器です。

球種は、スライダー、フォークと少なめなので、試合でもほとんどの球種がストレートが中心。

田中投手自身も

「引退するまでに155キロ出したい」

と言っているので、それだけストレートには自信とこだわりを持っていることが分かりますね。

ストレートで抑えれる投手として思い出すのは、阪神の藤川球児投手の全盛期が出てきますので、藤川投手のようなストレートで抑えれる投手になってほしいですね。

フォームはオーバースローで、セットポジションから力強い腕の振り投げ込む投手。

とても投げっぷりが良いので、日本ハムの高梨投手を思い出すと思い出します。

やや硬さがあり、体全体の柔軟さが必要かなと感じたので、これからの練習で柔軟を鍛えるトレーニングをすれば化ける印象が強いですし、田中投手は打撃も優れいるので、2年の秋からはエースで4番を任されている選手。

まだまだ発展途上の選手なので、具体的なプロのスカウトの評価は出ていませんが、さらなる成長を遂げれば、2018年のドラフトで注目される逸材です。

島田直哉(龍谷大平安高)

MAX148キロとキレのいいスライダーを投げる長身右腕

185センチの高さから繰り出されるMAX148キロの力あるストレートとスライダーのコンビネーションで抑える本格派右腕です。変化球はスライダー、カーブと少なめでコントロールにも難がある投手。

島田投手にはストレートが活きるように変化球の精度をあげて、さらにコントロールも磨けばすごくいい投手になると思います。

フォームはオーバースローで、セットポジションから足を高く上げ、重心を下げてから投げ込むフォームで、ヤクルトの小川投手に似た投球フォームが印象的。

このフォームはタメができるのでボールに力を加えやすいフォームなんですが、島田投手は下半身が細いのでずれが生じるのでコントロールが乱れる原因になってるので、下半身強化は必須だと感じます。

しかし先ほどにも書いた下半身強化をし、フォームのずれを直せば、大化けする投手なので注目はしといたほうが良さそうです。

大谷拓海(中央学院高)

二刀流としても期待の145キロが武器の右腕

MAX145キロのストレートを武器に、スライダー、カーブ、フォークを操ります。

特にスライダーを磨いて、実践的に勝てる投手に成長したともいわれてます。平均球速も130キロから130後半をコンスタントに出せるのでスタミナ面でも問題ないでしょう。

フォームはサイドスローよりやや上で投げて体を少し巻き込んで投げ込むスタイルでグラブの上げ方を見ると、2017年で阪神で初登板した才木投手を思い出されますね。

腕の振りがとても鋭いので、バッターは球速以上の体感でボールが来てると思われます。

ロッテのスカウトは

「直球の切れが素晴らしい。投打両方で見ていく」

と各球団投手、野手両方で好評を得ているので、センバツで活躍してさらに好評を得れる選手だと思います。

佐野涼弥(浦和学院高)

キレのある縦スラで三振を量産する左腕

MAX141キロストレートと武器の縦のスライダーを軸に投球を組み立てていきます。

縦のスライダーで三振のとる左投手で頭に出てくるのは、楽天の松井裕樹投手らが出てきますね。ほかの球種は横のスライダー、カーブ、チェンジアップと球種も多彩。

フォームはオーバースローでセットポジションから着地を早めにしてそこからうでを投げ下ろすフォームです。

投げっぷりはいいのと、一番はフォームのバランスが素晴らしいことです。この完成度は高校球児の中でも上のレベルでしょう。さらなる下半身強化でスピードも出てくるので進化が楽しみですね。

2018年の選抜は絶望となっているので、夏に向けてレベルを上げてほしいですね。この年代の左投手では実力はナンバー1ではないでしょうか。

日本ハムのスカウトは

「ボールが強い。スライダーに自信を持ったピッチングをしている。これからが楽しみだ」

と高い評価をもらっています。

さらに広島スカウトも高評価をしているので2018のドラフトでも名前は挙がってくるでしょう。

CHECK!佐野涼弥(浦和学院)のドラフト進路は?評価を各球団の視察からチェック 

市川悠太(明徳義塾高)

ピンチに動じないサイドハンド投手。

MAX145キロのストレートを主体に小さく曲がるスライダー、チェンジアップ、ツーシームの球種を操り打者を抑えていきます。

非常にコントロールもよく、四死球で崩れることが少ないので、先発時はゲームを作る能力を兼ね備えてる投手に感じます。

ノーワインドアップから上体をひねりながら投げ込むタイプですが、やや下半身を使えてないのが欠点。

ドラフトまでに足腰を鍛えてフォームの安定度が上がればさらに飛躍できる投手ですね。

明徳義塾を明治神宮大会優勝に導いた市川投手。

馬淵監督も

「ウチの投手は全国レベル」

と絶大な評価を得ています。プロのスカウトも視察に来てるので、ドラフト候補間違いなしです。

山田龍聖(高岡商業高)

MAX148キロを投げるドクターK

MAX148キロの威力あるストレートが魅力の本格派左腕。

球種はスライダーとチェンジアップと少なめですが、ストレートで押していくスタイルで奪三振率も凄く高いです。

ストレートで三振をとれるのは個人的に投手として凄く魅力に感じますが、コントロール難があるのでそこの修正は必要ですね。

フォームはスリークォーたーでセットポジションから足を上げ、グローブ横に出してタメを作ってから投げ込むフォームでタメの作り方は巨人の吉川光夫投手に似ているところがあります。

投げ終わるところで右足がうまく使えていないので、ここを修正すると、もっと球速も出てコントロールもよくなると思います。

山田投手の評価は現時点でも高く、プロのスカウトからは

「順調にいけば来年のドラフト候補」

と評価されてます。

高岡商業は2018年の選抜は絶望となっているので、山田投手は夏に向けてさらなるレベルアップを期待します。

個人的にはストレートを活かすために変化球の精度向上をした方がいいと考えてます。夏の甲子園に出場して暴れてほしいですね。

CHECK!山田龍聖(高岡商)のドラフト進路は?視察球団の評価についても検証 

高校野球ドラフト候補2018・野手編

>>高校野球ドラフト候補2018【野手編】目玉の注目選手を紹介!<<

まとめ

今回は2018年のドラフト候補の高校生投手を調べてみました。

この世代は有名選手も多いですが、地方にもまだ眠っている逸材がたくさんいるので2018年のドラフトまでに新しいスターが誕生するかもしれませんね

例で行くと2016年の作新学院の現在西武の今井達也投手が夏の大会で評価をグンと上げた投手もいますので、一つの大会の活躍でプロの道が開けるかもしれません。

今回紹介した選手から誰ドラフト2018で指名されるのかを楽しみにしています!