仙台育英野球部メンバー2018

仙台育英高校野球部2018!

ということで2018年の仙台育英高校野球部のメンバーを取り上げていきます。

春には1度、夏には2度の甲子園大会決勝に駒を進めていますが惜しくも敗れてしまっています。

いまだに甲子園優勝校の無い東北地区の最も優勝に近い高校の1つで、深紅の大優勝旗を持って帰ってくれるのが待ち遠しいですね。

そんな2018年の仙台育英高校野球部のメンバーの出身中学をチェック!

また注目選手や監督にも迫っていきます。

スポンサーリンク

仙台育英野球部2018!メンバーの出身中学!

2018年の仙台育英野球のメンバーと出身中学を見ていきましょう。

2018年版で学園は繰り上げており、背番号やポジションは変更があれば追記しています。

投手

背番号1/佐々田依吹/3年/仙台育英学園秀光中(宮城)
背番号10/田中星流/3年/恵庭市柏陽中(北海道)
背番号11/岩間大翔/2年/仙台育英学園秀光中(宮城)
背番号15/大栄陽斗/2年/仙台育英学園秀光中(宮城)
背番号18/大山樹/3年/古殿町古殿中(福島)

捕手

背番号2/阿部 大夢/3年/仙台育英学園秀光中(宮城)
背番号12/鈴木 悠朔/3年/石巻市渡波中(宮城)
背番号20/我妻 空/3年/柴田町船迫中(宮城)

内野手

背番号3/小関 遥翔/3年/村田町村田第二中(宮城)
背番号4/笹川 雄平/3年/会津若松市第四中(福島)
背番号5/鈴木 佳祐/3年/仙台育英学園秀光中(宮城)
背番号6/澤田 佑/3年/石巻市石巻中(宮城)
背番号13/菊池 大志/3年/仙台市蒲町中(宮城)
背番号14/佐藤 来輝/3年/仙台育英学園秀光中(宮城)
背番号16/押切 翔飛/3年/東根市第一中(山形)

外野手

背番号7/熊谷 大貴/3年/大和町宮床中(宮城)
背番号8/佐藤 郁/3年/塩釜市第一中(宮城)
背番号9/齋藤 康志/3年/鶴岡市鶴岡第二中(岩手)
背番号17/中里 光貴/2年/府中市浅間中(東京)
背番号19/丸子 翔大/3年/仙台育英学園秀光中(宮城)

2017年の秋季宮城県大会を危なげなく制した仙台育英高校でしたが、東北大会では初戦で敗退してしまい、選抜出場枠が3枠の東北地区で選抜出場は厳しくなってしまいました。

しかし2018年も例年のごとく強く、宮城県大会では、地区予選からすべての試合で7得点以上、東北高校戦以外ではすべての試合で2失点以内と強さは圧倒的です。

東北大会でも日大山形戦では惜しくも1対0で負けてしまいましたが投手力の高さを伺えるスコアですね。

エースの佐々田選手、田中選手、2年生投手の大栄選手など投手陣が充実しており宮城県大会では継投で勝ち上がってきました。

打撃の方は秋季宮城県大会4試合で4割1分7厘と高い攻撃力も見せてくれました。

春の選抜はほぼ絶望的ですが、この悔しさをバネに冬にさらなるチーム強化を図り、100回目の記念大会である夏の甲子園では、東北勢初の優勝を勝ち取って欲しいですね。

仙台育英野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

強豪校ということもあり沢山の部員がいる仙台育英高校。

その分いい選手も多い!ということで注目選手やドラフト候補を見ていきましょう。

佐々田依吹

投手/3年/右投右打/182キロ/74キロ

中学時代投手として全国準優勝を成し遂げた逸材。

130キロ中盤のストレートとカウントを整えたり空振りも取れる沈むツーシームが武器であり、テンポよく投げ込む投球スタイルで打者に考える隙を与えません。

出身は富山県で12歳から親元を離れ宮城へと野球留学する程のストイックさを持ち合わせる選手ですね。

秋季東北大会では惜しくも敗退してしまいましたが、日大山形を9回1失点と好投しました。

よい投手が多い仙台育英の中でエースの座を守るのは大変だと思いますが、チーム内で切磋琢磨しさらに成長した姿を見せてくれるのが楽しみな選手ですね。

阿部大夢

捕手/3年/右投左打/165センチ/65キロ

中学時代第8回BFAU-15アジア選手権の日本代表に選出。昨年夏の甲子園では2年生ながらベンチ入りし控え捕手でしたが、試合途中からマスクを被ることもあり4打数2安打とチームに貢献しました。

好きな選手は北海道日本ハムファイターズの近藤選手だそうで、阿部選手は近藤選手のように打てる捕手を目指しているのかもしれませんね。

仙台育英ナインをまとめる頼れる主将が今年の夏成長したチームを率いて甲子園に帰ってきてくれるのを期待します。

鈴木佳祐

三塁手/3年/右投左打/165センチ/63キロ

昨年夏の甲子園では2年生ながらレギュラーとして活躍。

165センチと小柄ながらそれを感じさせない力強いスイングで、すべての試合でヒットを放つなど非凡な打撃センスがあり、新チームでも強打の仙台育英打線を引っ張るリードオフマンですね。

遠投は100メートルを超え、50メートルも6秒3の俊足で走攻守揃った選手であり、投手もできるセンス抜群な選手だと思います。

昨年の甲子園経験は大きな財産になったと思いますのでその経験を活かし成長していって欲しいですね。

佐藤郁

外野手/3年/右投左打/

仙台育英強力打線でクリーンナップを任される強打者。

秋季宮城県大会では、長打を毎試合のように放ったり、宮城県中部地区予選では本塁打を放つなどパワーを見せつけてくれました。

強力打線でレギュラーを守り続けるのはプレッシャーがかかると思いますが、そのプレッシャーを跳ね除け夏には甲子園に出てきて欲しい選手ですね。

監督

監督は2017年12月に野球部員の不祥事で引責辞任した佐々木順一郎監督に変わって系列の中等部の野球部監督を務める須江航監督。

全中8年連続出場を誇り、仙台育英野球部元主将である西巻選手の時代に全中優勝を果たした中学野球の名監督であります。

須江監督は仙台育英OBで選手として春の選抜に出場経験があって監督を務めていた秀光中学野球部からは優秀な選手を仙台育英野球部に排出しており指導力に長けていますね。

高校野球の監督としての実績はありませんが中学野球の実績はピカイチなのでこれからの仙台育英野球部も楽しみです。

まとめ

そんなわけで、2018年の仙台育英野球部について取り上げてみました。

不祥事で荒れる仙台育英ですが実力は2018年も高いチームです。

仙台育英と言えば当時高校ビック3と騒がれ、東京ヤクルトスワローズへドラフト1位で入団した佐藤由規選手や、2017年ブレイクした福岡ソフトバンクホークスの上林誠知選手、高校時代侍ジャパンU18に選ばれ活躍し、オリックスバファローズに入団した佐藤世那、千葉ロッテマリーンズに入団した平沢大河選手など数多くのプロ野球選手を輩出している高校ですね

春の選抜では見ることはできませんが、夏の甲子園に出てきてくれることに期待しましょう。