東海大相模野球部メンバー2018

東海大相模野球部2018!

ということで、2018年の東海大相模野球部メンバーを取り上げていきます。

日本全国一の激戦区である神奈川県で、2017年秋季大会を圧倒的な強さで制した東海大相模高校。

2015年に小笠原(中日)を擁して全国制覇した際のチームに引けをとらないとも言われています。

2018年は西の横綱が大阪桐蔭ならば、東の横綱は東海大相模と目される程前評判の高いチームになっているようですね。

そんな東海大相模高校野球部の2018メンバー紹介と出身中学、注目選手や監督にも迫っていきます。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

東海大相模野球部2018!メンバーの出身中学!

そんな関東でもっとも注目される東海大相模野球部の2018年メンバーの出身中学から見ていきましょう。

※秋季大会のメンバーで背番号含め変更されたら追記していきます。
※2018年版なので学年は1つ繰り上げています。

投手

背番号1:斎藤礼二/3年/東京都府中市府中第十中
背番号10:野口裕斗/2年/神奈川県南毛利中
背番号11:遠藤成/2年/秋田県仁賀保中
背番号20:菊地航大/3年/東京都多摩市諏訪中

捕手

背番号2:佐藤暖起/3年/千葉県市原市辰巳台中
背番号19:小関一輝/2年/神奈川県茅ケ崎市赤羽根中

内野手

背番号3:渡辺健士郎/3年/東京都北区稲村中
背番号4:山田拓也/3年/神奈川県横浜市瀬谷中
背番号5:吉田元登/3年/埼玉県さいたま市大成中
背番号6:小松勇輝/3年/神奈川県藤沢市明治中
背番号13:青柳玖馬/3年/神奈川県大和市つきみ野中
背番号14:白石大智/3年/愛知県名古屋市伊勢山中
背番号15:徳田辰吉/2年/神奈川県綾瀬市城山中
背番号16:大関克歩/3年/栃木県佐野日大中
背番号17:上杉龍平/3年/静岡県裾野市富岡中

外野手

背番号7:後藤陸/3年/東京都江戸川区篠崎中
背番号8:森下翔太/3年/神奈川県横浜市日限山中
背番号9:梶山耀平/3年/神奈川県藤沢市滝の沢中
背番号18:金城飛龍/2年/神奈川県横浜市宋荏田南中
背番号19:本間巧真/1年/神奈川県藤沢市湘南台中

秋季大会では、決勝で敗れはしましたがその他の試合ではほぼ圧勝であの作新学院にもコールド勝ちということで、その評判は相変わらず高いです。

4番の森下翔太選手を軸に1番として小松勇輝選手のハイアベレージと俊足も大きな攻撃の武器となっており、秋季大会で見せたビッグイニングを作り上げることができるチームといえるでしょう

斎藤礼二投手の怪我からの復活にも注目ですが、何と言っても注目されるのは、1年から4番を務めたミレニアム世代の1人でもある森下翔太選手が高校最後の夏までにどれだけの実績を積み上げるのかが集めるのかが非常に楽しみですね。

東海大相模野球部2018の注目選手!ドラフト候補は?

続けて、東海大相模野球部2018のドラフト候補となる注目選手を取り上げていきます。

森下翔太

投手/3年/右投右打/180センチ/74キロ

まず注目選手の1番手は、名門東海大相模で1年からクリーンアップを打つ森下選手でしょう。

180cmで体重が74kgと最近の長距離打者にしては細身ですが、リストを効かせたスイングで場外弾を放つほどの飛距離を誇ります。

足も速く肩も強いため内野手から高校に入って外野に転向したほどの身体能力を持ち、素材としては一級品。地元のDeNAを中心にプロも当然マークしている選手になりますね。

斎藤礼二

投手/3年/右投左打/175センチ/68キロ

ストレートの最速は142kmで平均は130km台と中日入りした小笠原程の剛球ではありませんが、オーソドックスな右オーバースローのフォームでバランスが良くキレのいいボールを投げます。

スライダーも良く、安定した投球が持ち味の好投手ですね。

中学時代は日本代表にも選ばれていることもあり経験も豊富です。

東海大相模は2017年秋季県大会で6試合中5試合をシャットアウトで勝ち上がっており、その5試合すべてに先発したエース右腕の貢献度は非常に高いですね。

小松勇輝

内野手/3年/右投左打/170センチ/65キロ

1年からショートのポジションを任されている野球センスあふれる好選手です。

170cmと小柄ですが、長打を放つ小力もあり上位にいると相手にとっては非常にやっかいな打者ですね。

中学時代に日本代表に選ばれ、1年生から東海大相模のレギュラーに収まっている時点で並の選手ではないのですが、ボールのコンタクト力、スイングスピード、打球の鋭さと多くの項目で全国トップクラスの選手といえそうです。

プロについては今後の活躍次第ですが、体の小ささを上回る程の評価を獲得できれば可能性は十分ありそうですね。

野口裕斗

投手/2年/左投左打/170センチ/65キロ

全国大会を勝ち抜いていくキーになるのは2番手以降の投手陣。

エースが一人で投げ抜く時代ではなくなった現代の高校野球で上位に残っていくのはほとんどがレベルの高い投手を複数揃えた学校になっています。

そのためには2番手であり、エースとはタイプの違う左投手である野口投手の存在は非常に大きいものでしょう。

愛甲シニア時代に日本代表に選ばれ、1年から東海大相模のマウンドを経験していましたが2017年の夏はベンチ入りを逃しました。

ストレートの最速は140kmですが、伸び代にあふれた選手なので、今後の成長に期待したい選手です。

監督

2018年の東海大相模を率いるの門馬敬治監督です。

高校野球、そして東海大相模高校の伝説の名将であり、原辰徳氏(元巨人監督)の父、原貢氏に師事しコーチから監督になった同校OBですね。

1999年に監督に就任し、翌年の春の選抜で智弁和歌山を破り全国制覇。

その後は激戦区神奈川で数々の強豪校の壁に跳ね返され、勝てない時期が続きましたが、2011年の春を制し、2015年は小笠原、吉田の2枚看板を擁し念願であった夏の大会制覇を達成しました。

アグレッシブベースボールがモットーで、ゲームの序盤から積極的に動き主導権を握っていく采配を目指しています。

神奈川県のリーダー的存在で全国有数の強豪、横浜高校に追いつき追い越すことを目指してチーム作りをすすめ、夏を制覇したことで今度は追われる立場になった門馬監督がどんなアグレッシブな采配を見せてくれるか今から楽しみですね。

まとめ

2018年の東海大相模高校で目に付くのは中学時代シニアチームで代表に選出された選手が多いことです。

2018年は中学時代からトップクラスの経験を積み、下級生からレギュラーや準レギュラーとして起用されてきた選手達が最上級生になって挑む年になりますね。

大阪桐蔭の対抗馬の筆頭と目されるのも頷ける選手層の厚さを誇り、また神奈川では全国最多の出場校すべてから追われる立場となります。

どんな野球を見せてくれるか注目しましょう。