履正社高校野球部メンバー2018

履正社野球部2018のメンバー!

ということで、2018年の履正社野球部を取り上げていきます。

大阪二強のうちのひとつ、履正社高校。

近年、大阪の高校野球を大阪桐蔭とともに引っ張っていて、毎年のようにプロ野球選手を輩出している名門校ですよね〜。

2017年ドラフトでも、ソフトバンク、阪神タイガース、千葉ロッテから指名を受け、ロッテ入りを果たした安田選手も素晴らしい素質のバッター。

今回はそんな素質豊かな選手を沢山輩出している履正社高校の野球部2018のメンバーや出身中学。

そして、野球部メンバーの注目の選手。

強豪野球部へと育て上げた監督のことなど、色々と書いていくので、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

履正社高校野球部2018!メンバーの出身中学!

プロ野球のスカウト陣からの注目が高い履正社高校野球部ですが、2018年メンバーの出身中学をチェックしてみました。

※秋季大会のメンバーで背番号含め変更されたら追記していきます。
※2018年版ということで、学年は1つ上げています

投手

背番号1:位田遼介/3年/兵庫県高砂市荒井中学校
背番号10:美野田雄介/3年/大阪府豊中市第十六中学校
背番号11:植木佑斗/2年/兵庫県伊丹市荒牧中学校
背番号13:白滝恵汰/3年/兵庫県伊丹市西中学校
背番号18:清水大成/2年/兵庫県丹波市氷上中学校

捕手

背番号2:溝田晃生/3年/兵庫県姫路市広嶺中学校
背番号12:野口海音/2年/大阪府松原市松原第四中学校

内野手

背番号3:濱内 太陽/3年/大阪府大阪市加美南中学校
背番号4:谷川天哉/3年/大阪府大阪市第五中学校
背番号5:三木彰智/3年/大阪府河内長野市長野中学校
背番号6:西山虎太朗/3年/兵庫県猪名川町猪名川中学校
背番号14:松原任耶/3年/大阪府東大阪市孔舎衙中学校
背番号16:西川黎/2年/兵庫県神戸大附属中学校
背番号19:山本啓太/2年/大阪府大阪市此花中学校

外野手

背番号7:井上広大/2年/大阪府大東市南郷中学校
背番号8:筒井太成/2年/大阪府寝屋川市中木田中学校
背番号9:今田勇大/2年/大阪府大阪市新淀川中学校

ポジション不明

背番号15:野上聖喜/2年/大阪府東大阪市長栄中学校
背番号17:志水渚/2年/大阪府大阪市中島中学校
背番号20:内倉一冴/2年/大阪府大阪市旭陽中学校

大阪在籍のチームだけあり、大阪出身が13人、兵庫県出身が7人と近畿地方出身者だけでチームが成り立っています。

高校を代表するスラッガーの安田選手が抜け、周りからは不安視されていますが、新チームになった大阪府高校野球秋季大会2017年でも大阪桐蔭に敗れはしましたが、決勝まで駒を進めていますし、安定した強さを誇っているので、2018年メンバーも注目度の高いチーム!

履正社高校野球部2018の注目選手!ドラフト候補は?

毎年のようにプロ野球選手を輩出している履正社高校野球部ですが、2018年メンバーにも沢山の注目選手がいるようなのでチェックしてみました。

清水大成

投手/2年/左投左打/175センチ/71キロ

履正社高校野球部に超新星現る!と、高い注目浴びている投手。

ストレートの最速は135キロで、2018年で2年生ではありますが、大阪の名門大阪桐蔭戦での投球は素晴らしいものがあり将来のエース候補に名乗りを上げました。

ドラフト候補に上がる3年生になった清水投手がどういった選手になっているのか?楽しみですよね。

野口海音

捕手/2年/右投右打/171センチ/79キロ

こちらの選手も1年生ながらに名門履正社高校の正捕手を務め、中学のときには通算45本塁打を放ったスラッガー。

U-15の日本代表ではチームの主将を任されるなど、リーダーシップもあり、周りを見る能力も長けているようです。

秋季大会でも初先発初本塁打を記録するなど、将来間違いなく履正社高校野球部の4番に座る選手でしょうね。

西山虎太郎

内野手/3年/右投左打/180センチ/64キロ

身長が高く体はまだまだ細いのですが、広角に打ち分けるバッティングが魅力で、2017年春の選抜では、打率4割2分9厘、4盗塁と存在感を遺憾なく発揮しました。

守備の方は少しエラーが多かったようなんですが、現在はそのあたりも改善され、非常に堅守が目立つようになっています。

体が細いことから、もう少し太くなってくると、長打も増えてくると思うので、そうなってくるとドラフト候補間違いなしでしょうね。

松原任耶

内野手/3年/右投右打/186センチ/64キロ

あるスポーツ記者が「メジャーの卵」と評価するほどの超大型二塁手。

引っ張って良し、そして逆方向への長打もあり、走塁もそつなくこなすといった野球センス塊のような選手なんですが、守備面にはまだまだ課題を残していて、伸びしろがあるところが魅力的です。

体が大きいことから、ファーストへのコンバートの可能性もあるのですが、そこは我慢をしてでも大型二塁手として頑張ってほしいもの。

このまま成長すれば、日本を代表する大型二塁手の可能性を秘めている選手です。

筒井太成

外野手/3年/右投左打/172センチ/78キロ

履正社高校野球部の切り込み隊長で、高校2年生ながら体がガッチリしており、フルスイングが魅力の選手です。

そして長打も魅力なんですが、打率を残すバッティングも巧く、何よりランナーを置いたときの集中力がズバ抜けていて、チャンスにめっぽう強いので、1年の頃からチームのクリーンアップを務めていました。

現在は主に1番バッターとしての出場が多くなっているのですが、フルスイングは健在のようですね。

井上広大

捕手・外野手/2年/右投右打/185センチ/85キロ

185センチ、85キロとかなりの大型選手で、将来間違いなく履正社高校野球部の4番に座るであろう選手。

打球の速さも3年生に負けてなく、バッティングセンスは相当なものがあります。

中学のころは捕手をやっていたようですが、履正社高校では外野手を務め、プロ注目の大型外野手。

将来のドラフト候補になること間違いなしでしょうね。

監督

現在大阪を代表する野球部と成長を遂げた履正社高校野球部。

そんなチームをまとめているのが岡田龍生監督。

2017年ドラフトで千葉ロッテ入りを果たした安田選手を輩出するなど、数多くのプロ野球選手を育ててきました。

岡田監督が履正社野球部の監督に就任したのが1987年で当時はまったく無名のチームだったようです。

当時の岡田監督は厳しい指導をもっとうにやっていたようですが、一度厳しすぎる指導が原因で謹慎処分を受けることとなり、そこから指導方法を変えていきました。

謹慎処分後からは「選手一人一人が自分で考え動く」ということを徹底したようで、履正社野球部の練習では走者をつけて行うケース練習が非常に多くなっています。

紅白戦でも打者自らがサインを考えるようで、走攻守プラス頭脳を鍛えることに徹底しているんでしょうね。

選手自らがサインを考えるっていうのは凄く難しいことですよね〜。

それを高校生のうちから徹底するところが素晴らしいところで、選手にとってはいい経験となりますよね。

やはり高校野球では監督の存在は大きく、10代の選手が凄く成長する場所なので、岡田監督の自ら考えて行動するといった考えは素晴らしく、選手も成長出来るので、野球を辞めたとしても実生活で絶対に役に立つでしょうね。

まとめ

ここまで履正社野球部2018と題して、メンバーや注目選手、監督についてと色々書いてきましたがどうでしたか?

福島商から1983年に履正社となったわけですが、当時でいうと部員も少なく練習環境も非常に悪く1997年夏に甲子園初出場した履正社も今や大阪2強の一角となっていますよね〜。

プロ野球選手も多く輩出していますし、2018年メンバーの中にもプロ注目の選手は多数いるので、間違いなく強いチームと言えるでしょう。

ライバル大阪桐蔭には夏10連敗ということで、夏の激突にも注目です!

そんなチームをまとめる岡田龍生監督もキャリアが長く、選手に考える力をつけるチーム方針で素晴らしい監督だと思うのでこれからも履正社高校野球部から目が離せそうにありませんね!