日大三野球部メンバー2018

日大三野球部2018!

ということで、今回は2018年の創成館野球部のメンバーを中心に取り上げていきます

春夏甲子園合わせて3度の優勝を誇る、東京の名門校日大三高野球部。

過去には現阪神タイガースの高山俊選手や2017年ドラフトで横浜へ入団した櫻井周斗投手など、多数のプロ野球選手を輩出しており、現チームでもプロ野球界が注目しているメンバーが多数います。

2018年夏季大会決勝では日大鶴ケ丘を5-3のサヨナラ勝ちで夏の甲子園出場を決めています

今回はそんな日大三高野球部の2018メンバーの出身中学と注目選手をチェック!

また監督についても書いていくので是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

日大三高野球部2018!メンバーの出身中学!

西東京地区で甲子園の常連校日大三高野球部ですが、2018年メンバーについて調べてみたいと思います。

※夏の甲子園2018の登録メンバー

投手

  • 背番号1/中村奎太/3年/八千代市松陰中(千葉)

捕手

  • 背番号2/斎藤龍二/3年/座間市座間南中(神奈川)

内野手

  • 背番号3/飯村昇大/3年/千葉市さつきが丘中(千葉)
  • 背番号4/木代成/3年/八王子市楢原中(東京)
  • 背番号5/金子凌/3年/古河市三和中(茨城)
  • 背番号6日置航/3年/上田市第二中(長野)

外野手

  • 背番号7/佐藤コビィチニボア/3年/葛飾区小松中(東京)
  • 背番号8/柳澤真平/3年/板橋区西台中(東京)
  • 背番号9/大塚晃平/3年/座間市西中(神奈川)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/河村唯人/3年/所沢市柳瀬中(埼玉)
  • 背番号11/井上広輝/2年/厚木市南毛利中(神奈川)
  • 背番号12/佐藤英雄/2年/中野区第二中(東京)
  • 背番号13/小沢優翔/3年/清瀬市清瀬第二中(東京)
  • 背番号14/高木翔己/3年/千葉市打瀬中(千葉)
  • 背番号15/上野隆成/3年/新座市新座第五中(埼玉)
  • 背番号16/前田聖矢/2年/横浜市中川西中(神奈川)
  • 背番号17/林玲介/3年/神戸市北神戸中(兵庫)
  • 背番号18/広澤優/2年/世田谷区尾山台中(東京)

スポンサーリンク

日大三高野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

2018年夏の甲子園出場が決まっている日大三高野球部。

そのチームの中でもプロ注目の選手がたくさんいるようで、チェックしてみました。

日置航

内野手/3年/右投右打/176センチ/76キロ

現在の日大三高野球部でプロ野球界からの注目が1番高い選手。

小学3年生のころから野球を始め、全国大会に2度出場するなど、小さいころから大舞台を数多く経験していたようです

現在も日大三高野球部が新体制となり、キャプテンを務めるなど、監督やメンバーからの信頼も絶大。

プレーでは、名門日大三高野球部で1年のころからベンチ入りを果たし、試合に出場しています。

ショートの守備も堅実で、足もあるんですが、中でも打撃力がずば抜けているようで、中学3年の通算打率が5割、長打率10割と人間離れした成績を残しているところも凄いですね。

当時の監督は

「長打力と確実性の高さは群を抜いていた。持久力、瞬発力に加え、性格も明るくて後輩たちの面倒見もよく、チームを引っ張るリーダーシップも素晴らしかった」

とべた褒めされていました。

間違いなく2018年ドラフトを騒がす素材であることに違いないでしょうね。

前田聖矢

外野手/2年/右投左打/168センチ/71キロ

元巨人の前田幸長選手を父に持つ前田選手ですが、父をも凌ぐ才能豊かな選手。

1年生ながらに名門日大三高野球部のレギュラー選手として試合に出場し、秋季大会では適時打を放つなど、随所に才能を感じさせるプレーをしていました。

現在は突出した武器はないものの、野球センスは抜群のようで、伸び代十分な将来楽しみな選手です。

やはりプロ野球選手を父に持つというのは、良いことがたくさんある反面、周りからの目やプレッシャーは相当なものがあるでしょう。

そんな中結果を出している前田選手は間違いなく将来有望な選手と言えますね。

井上広輝

投手/2年/右投右打/180センチ/76キロ

同じ日大三高野球部の二学年上に兄を持つ井上広輝選手ですが、兄をも超える才能の持ち主と言われています。

最速145キロのストレートを軸に、スライダー、チェンジアップ、シンカーと投げ分け、現在は主にストレートで押し込むパワーピッチャーで、コントロールに課題を残してはいるのですが、将来が楽しみな大型投手と言えるでしょうね。

日大三高でも1年のころから試合に出場していて、スーパー1年生と騒がれているので、ドラフト候補となる3年になった頃ににはいったい何キロのストレートを放っているのか楽しみです。

飯村昇大

内野手/3年/左投左打/177センチ/74キロ
日大三高の主軸を務めるバッターで、一発の破壊力を秘めた選手。
2017年秋季大会では二打席連続本塁打を放つなど、長打力には定評があり、塁に出れば盗塁を企画するなど、俊足も兼ね備えたバッターです。
ただ、一発はあるものの、打率を残せないのが課題となっており、これから先成長するにはそのあたりの修正が必要だと思います。
高校卒業後にプロ入りは厳しいかも知れませんが、大学などに進学し成長すれば、面白い存在になるかも知れませんね。

中村奎太

外野手/3年/右投左打/173センチ/70キロ

日大三高のクリーンナップをこなし、外野手と投手の両方務める選手。

投手のほうでは最速142キロを投げ、打つほうでは中軸を打ち、チャンスに強いバッティングはさすがの一言。

ただ、2017年秋季大会では不振を極め、スタメン落ちを経験するなど、厳しい状況もありますが、色々と経験をし、一回り大きくなってもらいましょう。

監督

名門日大三高野球部を纏め上げる小倉全由監督。

小倉監督はキャリアが長く、1981年から監督業を務め、1997年に現在の日大三高野球部監督に就任しました。

そして、2001年、2011年に夏の甲子園優勝を果たしていて、高校野球界では言わずと知れた名将で有名ですよね。

そんな小倉監督は自身を「瞬間沸騰機」というように、時には厳しい指導もするのですが、生徒からの信頼は絶大で、引退をしたOBなども色々な節目や悩むことがあれば、グラウンドに顔を出すようで、選手からの信頼が伺えますね。

野球のスタイルは超攻撃野球で甲子園を2度制しており、現在の日大三高野球部も攻撃力が最大の魅力となっていて、夏の大会が楽しみです。

高校野球の監督といえば、生徒に野球を教えるだけでなく、これから先の長い人生の中で生きていく上での事も同時に指導しなくてはいけないので大変だとは思いますが、小倉監督はそのあたりの教育にも長けた監督ですよね。

まとめ

ここまで日大三高野球部2018年メンバーや注目選手、監督についてなど書いてきましたがどうでしたか?

日大三高野球部といえば、プロ野球選手も多数輩出している名門校で、2018年メンバーの中からもプロ入りする選手は出てくるかも知れません。

そんな選手を育てる小倉監督も高校野球界では名将として、名の知れた監督で、超攻撃野球を武器に夏の甲子園を2度制しています。

そんな日大三高野球部が2018年にどういった成績を残すのか?これからも注目しましょう。