日本航空石川野球部メンバー2018

日本航空石川野球部2018!

ということで2018年の日本航空石川野球部のメンバーを取り上げていきます。

2018年春のセンバツ初出場を果たした日本航空石川野球部。

石川県の強豪といえば金沢高校や星稜高校が有名ですが、最近では日本航空石川野球部も力をつけてきているんです。

今回はそんな日本航空石川野球部の2018年メンバーや出身中学をチェック!

そして、注目選手に監督についても迫ります!

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

日本航空石川高校野球部2018!メンバーの出身中学!

2018年春のセンバツ初出場を果たした日本航空石川ですが、2018年メンバーや出身中学について調べてみました。

投手

背番号1:杉本壮志/3年/大阪府和泉市和泉中学校
背番号10:大橋修人/3年/岐阜県羽島市羽島中学校
背番号18:重吉翼/2年/京都府京都市向島東中学校

捕手

背番号2:井岡啓吾/3年/兵庫県神戸市東落合中学校

内野手

背番号3:小板慎之助/3年/大阪府八尾市上之島中学校
背番号4:山 広紀/3年/奈良県天理市南中学校
背番号5:長谷川拳伸/3年/愛知県名古屋市振甫中学校
背番号6:中西堅太/2年/大阪府寝屋川市第五中学校

外野手

背番号7:上田優弥/3年/兵庫県神戸市伊川谷中学校
背番号8:原田竜聖/3年/石川県金沢市高岡中学校
背番号9:小坂敏輝/3年/石川県能美市根上中学校

ポジション不明

背番号11:中川翔太/2年/兵庫県神戸市長坂中学校
背番号12:藤井慎太郎/2年/兵庫県西宮市学文中学校
背番号13:中村亮太/2年/大阪府茨木市北中学校
背番号14:井川隼吾/3年/兵庫県三田市八景中学校
背番号15:東絋汰/3年/兵庫県三田市藍中学校
背番号16:的場拓真/3年/石川県志賀町富来中学校
背番号17:馬場皐聖/3年/石川県志賀町志賀中学校

この選手たちが現在の日本航空石川野球部メンバーとなっています。

地元石川県出身が5人、兵庫県出身が6人、大阪府出身が4人、奈良県出身が1人、愛知県出身が1人、岐阜県出身が1人と、関西出身の選手が多いです。

そして、2018年メンバー初陣となった石川県高校野球秋季大会では、決勝まで進み星稜高校に惜敗してしまいました。

その後、高校野球北信越大会では順当に勝ち上がり、決勝ではまたしても星稜高校と当たり、10対0で勝利し、リベンジを果たします。

日本航空石川2018年メンバーの戦い方は、投手は杉本選手を中心にはしているものの、まだ固定はされていません。

そして、打撃の方は上田選手を4番にドッシリ据え、強力な打線が持ち味。

ホームラン数が多い訳ではないのですが、繋がりのあるチームバッティングを徹底しており、効率良く点数をあげているのがよく見られますね。

最近では長打力のあるチームが増えていますが、日本航空石川のように繋いで点をとる野球がで全国でどうなるのかが楽しみです。

日本航空石川野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

ここからは日本航空石川野球部2018年メンバーの中でもドラフト候補や注目選手を調べていきたいと思います。

上田優弥

外野手/3年/左投左打/185センチ/97キロ
1年の秋からチームの4番を務め、能登の怪物と呼ばれる超大型選手。

中学の頃からパワーは並み外れたものがあり、逆方向にもピンポン球のように軽々ホームランを放っていたようです。

そして何より魅力的なのが、ホームランだけではなく高打率を残せるのが魅力的。

身体は大きいんですが、柔らかいバッティングで4番ならではの勝負強さを持ち合わせています。

2017年夏の甲子園にも出場を果たし、1回戦では勝ち越し打を放つなど結果は出したのですが、結局ヒットはこの一本だけで、チームも2回戦敗退となり、2018年春のセンバツへの意気込みは相当なものがあるようなので、活躍が期待されます。

そして余談なんですが、上田選手といえば日大三高との試合で、ホーム上での危険なタックルで話題とされ、色々と言われていたのですが、そういう雑音を跳ね返して頑張ってほしいものですね。

重吉翼

投手/2年/右投右打/182センチ/76キロ

将来的に日本航空石川のエースになるであろう選手で、1年の秋から試合に出場。

ストレートも最速140キロを投げ、スライダー、フォーク、カーブと投げわけます。

三振率も非常に高い投手で、柔らかい腕の振りから投げられるストレートはキレが抜群で、何よりコントロールが良いのが特徴的。

高校生といえば、中々コントロールが安定しないピッチャーが多いんですが、重吉選手は抜群に良いので、その辺りが生命線となりそうですね。

まだまだ2年生と成長過程なので、3年になる頃には間違いなくドラフト候補となっていると思います。

大橋修人

投手/3年/右投右打/176センチ/72キロ

杉本選手とのダブルエースとして、チームの柱となっている投手で、2017年夏の甲子園では花咲徳栄戦にリリーフ登板し、2回5安打3失点とほろ苦い甲子園デビューとなりました。

それでも現在の最速145キロは甲子園での記録なんで、大舞台での強さも持ち合わせているようです。

変化球はスライダー、フォーク、チェンジアップと投げるのですが、投球スタイルとしてはストレートをガンガン投げ込むパワーピッチャータイプ。

現在は主にリリーフ登板が多く、前まではコントロールに課題を残していたのですが、その辺りも修正されてきました。

そして、フィールディングが素晴らしいところも魅力で、プロ野球選手を見ていてもフィールディングの良い選手は野球センスに優れ、投手としても素晴らしい選手が多いので、大橋投手も間違いなく注目選手と言えるでしょうね。

監督

2018年春のセンバツ出場が決定している日本航空石川野球部の指揮を執るのは中村隆監督。

年齢が30代前半と非常に若い監督さんなんです。

2007年から日本航空石川野球部のコーチを務め、2015年にチームの監督に就任しました。

就任後は2016年夏の石川大会決勝で星稜高校に逆転負けを喫し、監督就任後初の甲子園出場を逃していますが、その逆転負けを機に「勝ちきる野球」を徹底するようになったそうです。

そして迎えた2017年夏の石川大会では準決勝で宿敵星稜高校とぶつかり、7回を終え5点差をつけられる劣勢となっていたのですが、勝ちきる野球で8回にスリーランホームランを含む猛攻で逆転勝ちを収め、見事夏の甲子園出場の切符を掴みました。

日本航空石川野球部は冬場になるとグラウンドに雪が積もり練習ができないそうで、冬場は室内での打ち込みが主となるそうです。

ただ中村監督いわく、冬の打ち込みで春になるとパワーアップすると言っているので、相当打ち込みに励むんでしょうね。

まとめ

ここまで2018年の日本航空石川野球部について色々と書いてきましたがどうでしたか?

日本航空石川といえば、学校が能登半島に位置し、冬は豪雪となることから室内での練習を余儀なくされます。

それでも2018年メンバーは相当な打ち込みのもと、素晴らしいチームと仕上がりました。

大橋投手や上田選手など、ドラフト候補となっている選手も在籍していますし、何より2018年春のセンバツ出場が決まっているので、日本航空石川がどこまで勝ち上がるのか楽しみでなりません。

これからもそんな日本航空石川野球部に注目していきましょう。