星稜高校野球部メンバー2018

星稜高校野球部2018!

ということで、今回は2018年星稜高校野球部のメンバーについて取り上げていきます!

星稜高校は高校野球ファンからすると言わずとも知れた石川県の強豪で、甲子園では歴史に残る死闘を幾度となく演じ有名プロ野球選手も多数輩出しています。

近年では地方大会での大逆転劇が記憶に新しいですね。2017秋季大会は北陸で準優勝し、センバツへの切符をほぼ手中に収めた星稜高校。

そんな強豪星稜高校野球部の2018メンバーや出身中学、注目選手と監督についてまとめました。

それではご覧下さい!

スポンサーリンク

星稜高校野球部2018!メンバーの出身中学!

2018年の星稜高校野球部メンバーの出身中学と背番号はこちら

※春のセンバツ2018初戦のメンバー

投手

背番号1/竹谷理央/3年/小松市立松陽中(石川)

捕手

背番号2/山瀬慎之助/2年/かほく市宇ノ気中(石川)

内野手

背番号3/福本陽生/2年/世田谷区緑丘中(東京)
背番号14/佐々井光希/3年/三田市ゆりのき台中(兵庫)
背番号5/南保良太郎/3年/星稜中(石川)
背番号6/河井陽紀/3年/星稜中(石川)

外野手

背番号7/平野慎太郎/3年/金沢市野田中(石川)
背番号8/鯰田啓介/3年/宝達志水町宝達中(石川)
背番号12/西岡秀太/3年/氷見市立北部中(富山)

ベンチ入りメンバー

背番号4/東海林航介/2年/星稜中(石川)
背番号9/今村亮太/2年/北星中(石川)
背番号10/国本憲辰/3年/京都市立洛南中(京都)
背番号11/奥川恭伸/2年/かほく市立宇ノ気中(石川)
背番号13/山口来聖/3年/金沢市立兼六中(石川)
背番号15/竹中健太/3年/星稜中(石川)
背番号16/岡田大響/2年/星稜中(石川)
背番号17/田中秀明/3年/高山市中山中(岐阜)
背番号18/寺沢孝多/2年/星稜中(石川)

中学軟式が全国レベルの星稜中からの進学の多い星稜高校。

中学時代からの強い結束力が数々の大逆転劇を生み出してきたかのかもしれません。

そんな星稜高校の最近の戦績は2017年北陸秋季大会では決勝で惜しくも日本航空石川に敗北したものの、センバツへの出場がほぼ確定。

星稜高校も武器は強力な投手陣にあります。秋季県大会と地方大会は日本航空石川戦を除き、ほとんどの試合が2失点以内。

投手陣には今の時期で140km/h近いボールを投げる投手が2人いて層が厚く、攻撃力もエースで4番の高校通算本塁打が二桁の竹谷選手を筆頭に得点力のある打線が魅力的です。

就任8年目の林監督のもとで2018年メンバーがどこまで全国で戦えるかが楽しみですね。

星稜高校野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

そんな2018年の星稜高校野球部にはどのような選手が注目されているのでしょうか。

ここでは注目選手を2人紹介していきます。

それではどうぞ!

竹谷理央

投手兼外野手/3年生/右投左打/173センチ/78キロ

先発と外野と4番バッターを務めるチームの大黒柱の竹谷選手。

打っては長打力のある打撃を見せ、投げては2年秋で最速139km/hを計測しました。

夏は野手中心で出場するか、投手で出場するかは不明ですが順調に成長すればドラフト候補になる事は間違いないでしょう。

北陸の二刀流選手としての期待がかかりますが、決して大きいと言えない体格から2年生でかなり早い球速を計測しているので投手としての成長が非常に楽しみな選手といえますね。

奥川恭伸

投手/2年生/右投右打/181センチ/78キロ

おそらく故障さえ無ければ、2年後にドラフトの上位から中位で指名される事が濃厚な選手の奥川投手。

軟式野球で中学時代にエースで全国優勝した奥川投手は、硬式球への対応が半年間しか無かったのにかかわらず秋には最速146km/hを計測。

あまりこの球速にピンとこない人も多いかもしれませんが、現阪神タイガースで160km/hを計測し、高校時代はエースとして春夏連覇を達成した藤浪晋太郎投手は高1の秋の最速が143km/hだった事を考慮すると相当速いボールを投げているといえます。

また藤浪投手はリトルシニア出身で中学時代から一般的には軟式球よりも球速が出やすい硬式球で練習を重ねていましたが、奥川投手は軟式出身でこの先の伸びしろが大きいといえます。

身長もさらに伸びる可能性があり、成長に合わせてフォームが固まってくればここから球速が10km/h以上伸びる可能性が高いです。

OBの村松選手や松井選手のイメージから野手が大成するイメージの強い星稜高校ですが、この先甲子園のヒーローになるのは奥川投手になる事間違いありません!!

監督

星稜高校の現在の監督は林和成監督。

林監督は星稜野球部OBでその後日大に進学し、星稜のコーチ打診を受けて部長を経て2011年に監督に就任。

林監督は現役当時遊撃手で、1つ上の元メジャーリーガーの松井秀喜さんと三遊間を組んでいました。その際に明治神宮大会で優勝し甲子園にも出場。

現在でも松井さんと親交があり星稜のバッティングマシンのほとんどは松井さんの寄贈によるものだそうです。

偉大なOBの力を借り、悲願の甲子園優勝を目指して頑張ってもらいたいですね。

まとめ

ここまで2018年の星稜高校野球部について取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。

1年生エースを擁しセンバツ出場をほぼ手中に収めた星稜高校は今後黄金期を迎える可能性が高いでしょう。

昔から好打者が揃い、打ち勝つ野球のイメージが非常に強い星稜ですが超高校級の奥川投手がこの先の注目選手となりセンバツでの活躍で知名度が全国区となる可能性が高いです。

ここからの星稜高校野球部は目が離せません!!