智弁和歌山野球部メンバー2018

智弁和歌山野球部2018!

ということで、2018年の智弁和歌山野球部メンバーを取り上げていきます。

2017年秋の近畿地区大会では惜しくも決勝で大阪桐蔭に敗れてしまった智弁和歌山高校。

しかしながら1回戦で履正社との乱打戦を制し、自慢の強力打線の実力をまざまざと見せつけました。毎年強打のイメージが強い智弁和歌山高校ですが今回も期待通りの打線のようです。

今回はそんな2018年の智弁和歌山高校メンバー、出身中学、注目選手、監督まで色々な角度から紹介していきますのでご覧ください!

スポンサーリンク

智弁和歌山野球部2018!メンバーの出身中学!

では早速智弁和歌山野球部2018メンバーの出身中学から見ていきましょう

※2018年版ということで、学年は1つ繰り上げています

投手

 
背番号1/平田龍輝/3年/串本町串本中(和歌山)
背番号10/小堀颯/3年/河合町河合第一中(奈良)
背番号11/池田陽佑/2年/河合町河合第一中(奈良)
背番号15/目代康悟/3年/河合町河合第一中(奈良)

                      

捕手

背番号2/東妻純平/2年/和歌山市紀伊中(和歌山)   
     

内野手

背番号3/本多吏樹/3年/紀の川市那賀中(和歌山)
背番号4/高瀬宗一郎/3年/由良町由良中(和歌山)
背番号5/黒川史陽/2年/河合町河合第一中(奈良)
背番号6/西川晋太郎/2年/有田市保田中(和歌山)
背番号14/根来塁/2年/河合町河合第一中(奈良)
背番号16/上原佑斗/2年/河合町河合第一中(奈良)

外野手

背番号7/富田泰生/3年/堺市日置荘中(大阪)
背番号8/神先恵都/3年/大津市比叡山中(滋賀)
背番号9/文元洸成/3年/川西市緑台中(兵庫)

ポジション不明

背番号12/湯浅公貴/2年/河合町河合第一中(奈良)
背番号13/田中勇也/3年/河合町河合第一中(奈良)
背番号17/佐藤樹/2年/河合町河合第一中(奈良)
背番号18/山本雄太/2年/河合町河合第一中(奈良)

秋の和歌山県大会では準々決勝準決勝で5回コールドゲーム相手を下し素晴らしい打撃力を発揮し決勝でも8得点と和歌山県では危なげなく勝ち上がりました。

長打力、得点力が注目されがちの智弁和歌山ですが投手力も素晴らしく秋の大会では失点も少なく、特に近畿大会決勝では、あの甲子園常連西の横綱大阪桐蔭を1点に抑えたのです。

メンバーは、2017年夏の甲子園でホームランを放った富田泰生や選抜優勝投手の大阪桐蔭の徳山からヒットを放つなど打撃センスの光る1年生コンビ黒川史陽と西川晋太郎に加えて最速144キロの速球と切れのいい変化球を武器にエースとしてチームを引っ張る平田龍輝とタレント揃い。

県内の有望選手が他県に流れるなかでいろんな声があったりしますが、こう見てみるととても魅力的なチームですね。

智弁和歌山野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

そんなわけで智弁和歌山野球部2018の注目選手をピックアップします!

ドラフト候補もいますのでチェックですね!

冨田泰生

外野手/3年/右投右打/174センチ/78キロ

174センチと小柄ながら高校通算本塁打は20本を超える強打者の冨田泰生選手。

そんな冨田選手は2017年夏の甲子園では2試合で8打数5安打本塁打1打点4と活躍すると秋の和歌山県大会でも1回戦、2回戦と連続で本塁打を放つと、秋の近畿大会では1回戦の履正社戦には満塁の本塁打を放つなど打者であることを十分にアピールできましたね。

そしてもう遠投100メートルの強肩外野手でもあります。

打撃の構えも非常に威圧感があり腰の前でバットを構え投手の投球開始の構えとともに肩までバットを持ってくる姿は強打者感MAXであり、打球の速さも凄くパンチ力のある打者だといえるでしょう。

大阪出身のため阪神オリックス辺りが獲得に動くのではないでしょうか。

ドラフト上位は難しいかもしれませんが、3位以降くらいに入ってくるかもしれませんね!

平田龍輝

投手/学年3年/右投右打/183センチ/81キロ

平田龍輝投手は長身で恵まれた体格から放たれる最速144キロのストレートに加え武器の鋭いスライダー、カーブ、チェンジアップと球種も多彩です。

2017年夏の甲子園では2試合で9回を投げ防御率は1.00ととても安定している投手ですが、和歌山県大会では6失点する試合もあり履正社戦でも打ち込まれてしまうシーンがあり少し不調のようです。

ですが何といっても平田君は女子受けのよさそうなイケメンであり、今年の甲子園のアイドル候補と言っても過言ではなく容姿も実力も注目の投手ですね。

林晃汰

三塁手/学年3年/右投左打/180センチ/84キロ

林君は今回の秋季大会で右肘の怪我によりベンチメンバーには選ばれていませんでしたが、2018年1月4日時点で高校通算本塁打29本を放っている長打力は魅力的で、2017年夏の甲子園予選では17打数8安打、甲子園でも2試合で4打数2安打本塁打1本と大活躍しました。

中学時代にも紀州ボーイズで通算32発の本塁打を放つなど生粋の長距離砲であり遠投100メートルの強肩でもあります。

逆方向に長打を打てるバッターでありしなやかなスイングでボールを遠くに運ぶ印象がありますね。

文元洸成

一塁手/学年3年/右投右打/172センチ/78キロ

強打を誇る智弁和歌山高校で4番を張る好打者であり172センチと小柄ながら1年春からクリンナップに座る力強いスイングが特徴の頼れるキャプテンです。

近畿大会の法隆寺国際戦では2点本塁打を放つなど打率6割を超える活躍を見せ打線を引っ張りました。逆方向に強い打球が打てる選手で体の力が強い選手だと思います。

監督

2018年も智弁和歌山野球部を率いるのは1998年以降甲子園勝利数トップクラスの名将・高嶋仁監督。

高校時代長崎海星高校で投手兼外野手として甲子園に出場し、その時に指導者として再び甲子園の地を踏むことを決意して1浪を経て日本体育大学体育学部体育学科へ入学と共に日本体育大学野球部へ入学。

4年次には主将を務めました。大学卒業後智弁学園野球部のコーチに就任し2年後に監督に就任します。

その後智弁和歌山高校に転任、野球部監督に就任し1994年に選抜優勝、1997年、2000年には夏の甲子園大会制覇を果たした名監督の1人であります。

甲子園での通算成績は64勝33敗勝率6割7分と高い勝率を誇っています。

モットーは常に全力を出し切るであり、いいプレーやエラーで表情を等をカメラに映されるのが嫌だという理由で甲子園ではベンチの前で表情をあまり変化させずに仁王立ちしているのが印象的ですね。

仁王立ちし始めてから勝ちだしたためゲン担ぎでやっているという理由もあるそうです。

今年も甲子園で高嶋監督の仁王立ちが見られることに期待しましょう。

まとめ

ここまで、2018年智弁和歌山野球部について取り上げてみました。

2018年も強打を誇り投手力もある総合力の高いチームの智弁和歌山高校ですが、近畿大会では大阪桐蔭に惜しくも敗れてしまいました。

その悔しさをバネに選抜では打倒大阪桐蔭を目指して頑張ってほしいところですね。

選抜、そして夏の大会ではひと冬越えたタレント揃いの智弁和歌山高校の更なるパワーアップを期待しましょう。