下関国際野球部メンバー2018

下関国際高校野球部2018!

ということで2018年の下関国際高校野球部のメンバーを取り上げていきます。

下関国際高校と言えば、1964年に下関電子工業高等学校として創立し、下関高校に名前を変え、現在の名前になった高校ですね。

野球部の創部は1965年で2017年に初めて夏の甲子園に出場しました。さらには2018年の春の選抜にも出場し2季連続出場。

他に主要な部活としては、ウエイトリフティング部が山口県の強化育成拠点となっていますね。全国でも上位に食い込んでいるそうですよ。

ちなみに下関国際高校の出身のプロ野球選手には千葉ロッテマリーンズの宮﨑敦次投手がいます。中学時代は控えの一塁手でしたが下関国際高校時代に投手としての才能を見出されました。

そんな下関国際高校のメンバー、注目選手、監督にまで迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

下関国際高校野球部2018!メンバーの出身中学!

そんな下関国際高校野球部の2018年版のメンバーと出身中学はこちら!

※春のセンバツ2018初戦のメンバー

投手

背番号1/鶴田克樹/3年/北九州市早鞆中(福岡)

捕手

背番号2/品川優人/3年/長門市菱海中(山口)

内野手

背番号13/佐本快/2年/北九州市田原中(福岡)
背番号4/浜松晴天/3年/三原市第三中(広島)
背番号5/川上顕寛/3年/飯塚市穂波東中(福岡)
背番号6/甲山達也/3年/広島市中広中(広島)

外野手

背番号9/吉村英也/3年/周南市周陽中(山口)
背番号8/木村大輝/2年/宇部市桃山中(山口)
背番号7/西山勇輝/3年/下関市彦島中(山口)

ベンチ入りメンバー

背番号3/木下尚穏/3年/下関市豊北中(山口)
背番号10/中島隆徳/3年/下関市東部中(山口)
背番号11/宮下仁/3年/下関市川中中(山口)
背番号12/谷本智/2年/山口市小郡中(山口)
背番号14/杉田大和/3年/山陽小野田市竜王中(山口)
背番号15/渡邉陸/3年/下関市文洋中(山口)
背番号16/中尾晴樹/2年/下関市彦島中(山口)
背番号17/児玉裕大/2年/広島市口田中(広島)
背番号18/鎌倉弘人/3年/加古川別府中(兵庫)

昨年夏の甲子園出場時のメンバーがほぼ残っている下関国際高校。内野手は、甲子園出場時の経験豊富なレギュラー陣が一塁手以外残っており、とても頼もしいです。

ベンチ入りメンバーを含めると、13人の甲子園経験者が残っていて非常に手強いチームですよね。投手力は2017年夏の甲子園で一塁手として出場していた鶴田選手が中心。新チームでも3番を打つ吉村選手も、投手として控えており、頼もしい布陣となっています。

打撃力は、2017年夏の甲子園でもクリンナップを任されていた吉村、鶴田、川上の3選手を中心とした強力打線。昨年夏も得点力の高いチームでしたが、新チーム発足後も相変わらず得点力は高く、負担の大きい鶴田選手を援護していますね。

しかし、下関国際高校坂原監督いわく、打撃よりも守備のチームだとか。この打撃力で守備にも力を入れているのですからかなり手強いチームになっているようです。足を絡めた攻撃も得意で、相手バッテリーを揺さぶる盗塁は大きな武器となります。

下関国際といえば、根性論が定評でありますが、走塁面でもトリッキーな一面もあるということで高度な野球に期待ができるチームに成長しているとのことなので非常に楽しみですね。

下関国際野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

下関国際高校野球部2018の注目選手をピックアップします!どうぞご覧ください!

鶴田克樹

投手/3年/右投右打/185センチ/93キロ

最速140キロを超えるエースで4番。入学時は捕手をしていましたが投手にポジション変更した選手です。

少し打者に背中を向けるトルネード気味のフォームで、スライダーが得意球種ですね。

連投でも9回完投できるスタミナはピカイチでコントロールも良く、四球の少ない自滅の可能性が低い投手で信頼も厚いのだとか。打撃の方も恵まれた体格でパワフルなバッティングをします。

吉村英也

外野手/3年/左投左投/178センチ/75キロ

2017年夏の甲子園で2年生ながら本塁打を放った選手。

ここ1番での打撃には定評がありチーム1の恐れ知らずと監督からは評価されていますね。

エースナンバーをつけてたこともあり140キロ台のストレートを投げられるのはとても魅力的ですがあまり登板はありません。

チームの理想としては、吉村選手と鶴田選手の二枚看板として、またお互いクリンナップですからバッティング面でもお互いの負担を減らせると良いですね。

品川優人

捕手/3年/右投右打/168センチ/70キロ

2017年夏の甲子園を経験した捕手で大胆なリードと昨年から多くの公式戦でマスクを被ってきた経験力が売り。

2年半程度しかない高校野球で、2年次にスタメンマスクを被れるというのは、経験がものをいう捕手というポジションにおいては有利だと思います。

先輩をリードしていたことは、自分の中で大きな自信にもなったのではないでしょうか。ちなみに、小学校6年生まで習字を習っていたということなので集中力も高いのかもしれませんね。

浜松晴天

二塁手/3年/右投左打/170センチ/67キロ

主将を務める2017年夏の甲子園経験組の1人。

2017年夏の山口県大会では2年生ながら4割を超える高打率を残しました。

浜松選手は1年次から上位打線でスターティングメンバーに名を連ねており経験豊富な選手です。

きっとどんなピンチの時でも冷静な判断をしてくれるでしょう。

監督

下関国際高校を率いるのは、自論が色々と物議を醸している坂原秀尚監督。

『一流とは1つの流れであり学業と野球の文武両道は二流である』や、2017年夏に負けた三本松高校の部員がかき氷を食べ出るのを見て『うちは許さない』とかき氷禁止だったり、携帯は入部前に強制解約させたり、朝5時から練習して午後は23時まで練習し『自主的にやるまで待ってたら3年間終わってしまうため半ば強制的に』とネットで炎上したこともありました。

2017年に主将を務めていた選手もあまりの厳しさに練習中に逃走したんだとか。

しかし、坂原監督は就任当時荒れに荒れていた野球部を立て直し甲子園まで連れて行ったのです。

部員の不祥事で春の大会抽選会前に出場停止になったりした過去も。

野球のマナーを部員に教えるとめんどくさがって辞めていったり、最終的には部員が1人になったこともあったそう。

こういった厳しさは荒れていた部員たちを統率する上で仕方ないことだったのかもしれませんね。

坂原監督自体は凄く選手想いな監督でもあります。

下関国際は寮がないので県外選手はアパートを借り一人暮らしをしているのですが、そんな選手の不安を取り除くために近くに家族総出で引っ越しするとか。

厳しさが目立つ坂原監督ですが、それは選手を想ってのことなんでしょうね。

まとめ

ここまで2018年版の下関国際野球部メンバーについて取り上げてみました。

今の時代には珍しい昭和のような野球部ですが、厳しくも愛のある監督がいて、それについてくる選手がいます。

数時間の練習で甲子園に出てくる進学校が悪いとは言いませんが、こういった厳しく大変な練習を行ってきた選手達を応援したくなるのは何故でしょうかね。

2018年も下関国際は期待大ですね。