東筑高校野球部メンバー2018

東筑高校野球部2018!

ということで2018年の東筑高校野球部のメンバーを取り上げていきます。

東筑高校と言えば福岡県の公立の星で、春夏通算8回の甲子園出場を誇る創立120年の伝統校であり、県内随一の進学校でもあります。

甲子園出場8回の中でエースの苗字が石田だったことが4回もあると言う不思議な記録もありますね。

文武両道を絵に描いたような高校であり野球部に入ってくる選手達は、甲子園出場と難関大学合格を目指して入学してくるのです。

東筑高校出身のプロ野球選手には、あのメジャーリーガーイチロー選手の恩師である仰木彬さんもいるという話題に事欠かない高校であると思います。

そんな東筑高校野球部の2018メンバー紹介と出身中学、注目選手や監督にも迫っていきます。

スポンサーリンク

東筑高校野球部2018!メンバーの出身中学!

そんな2018年の東筑高校野球部のメンバーと出身中学はこちらになります。

※2018年版ということで学年は繰り上げています。

投手

背番号1/石田旭昇/3年/鞍手町鞍手中(福岡)

捕手

背番号2/北村謙介/3年/福津市福間東中(福岡) 

内野手

背番号3/野口皓生/3年/ 北九州市枝光台中(福岡)
背番号4/田中将悟/3年/北九州市永犬丸中(福岡)
背番号5/林大毅/3年/福津市福間東中(福岡)
背番号6/手嶋琳太郎/2年/???

外野手

背番号7/和久田秀馬/2年/宗像市自由ヶ丘中(福岡)
背番号8/阿部泰晟/3年/北九州市上津役中(福岡)
背番号9/菊池 聡太/3年/北九州市浅川中(福岡)

ポジション不明

背番号10/松山智乃助/3年/岡垣町岡垣中(福岡)
背番号11/斉藤彪河/3年/???
背番号12/江藤那央/2年/北九州市洞北中(福岡)
背番号13/渕上隆弘/3年/九州国際大付属中(福岡)
背番号14/清水昭之真/3年/北九州市石峯中(福岡)
背番号15/藤原圭一郎/2年/中間市中間南中(福岡)
背番号16/白野寛太/3年/飯塚市鎮西中(福岡)
背番号17/和田羅文/3年/宗像市城山中(福岡)
背番号18/岩田崇太郎/3年/???
背番号19/升野颯人/3年/宗像市城山中(福岡)
背番号20/鞭馬大護/3年/宮若市宮若東中(福岡)

2017年夏の甲子園大会でもエースナンバーを背負った石田選手を中心とし、秋季福岡大会と九州大会の10試合で16失点と平均失点1試合1.6点と非常に堅い守りのチームです。

打撃の方も秋季福岡大会で1試合10点以上取った試合が3試合もあって守りと攻撃のバランスのとれたチームですね。

平日は3時間程しか練習時間も取れず、専用グランドも無く全面を使える練習を行えるのは月曜と金曜のみ。

しかしその分、時間も場所も限られているので選手ひとりひとりが考え練習し自ら動くことで独立心が育っていると思います。

東筑高校は自ら考え練習の質を上げることで、練習時間を多くとれる強豪私学に勝てるチームになっていますね。

野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

東筑高校野球部2018の注目選手をピックアップします!どうぞご覧ください!

石田旭昇

投手/3年/右投右打/173センチ/67キロ

石田伝説を受け継ぐエースの石田選手は注目ですね。

2017年夏の甲子園福岡予選で全ての試合を完投したスタミナは全国屈指。

1年次にサイドスローに転向し最速139キロのストレート、シュート、スライダー、ツーシーム、チェンジアップと多彩な変化球を低めに集める丁寧なピッチングで打たせてとる投手です。

2017年春には招待試合で、日大三高相手に完封するなど一冬越えてどのように成長するか楽しみな選手の1人だと思います。

北村謙介

捕手/3年/右投左打/177センチ/78キロ

2017年2年生ながら夏の甲子園でマスクを被った選手。

その夏は3打数2安打1打点と捕手ながら打撃の方でもチームに貢献しました。

非常にシュアなバッティングをする選手ですね。

長打力もあり夏の甲子園済美戦で三塁打を放ったバッティングも素晴らしかったです。

東筑高校の偏差値は69。

その東筑高校野球部の頭脳である捕手の北村選手のリードにも注目ですね。

阿部泰晟

中堅手/3年/左投左打/170センチ/63キロ

2017年夏の甲子園で石田選手北村選手と共に2年生ながらスタメン出場を果たしました。

済美戦のフェンスにぶつかりながらのスーパーキャッチは記憶に新しく、守備力の高さが伺えるプレーでしたね。

それまで先輩方には背走が下手とか守備範囲が狭いと言われていたそうですが、あのプレーを見せられた後では何も言えなくなってしまったことでしょう。

甲子園で守備では魅せることができましたが打撃面では、ノーヒットだった阿部選手。

選抜でのリベンジを期待しています。

田中将悟

二塁手/3年/右投右打/173センチ/74キロ

守備のセンスがあり内外野を守れて、投手の経験もある2017年夏の甲子園スタメン出場の2年生の1人。

2017年秋季福岡大会小倉高校戦でサヨナラのランニングホームランを放つなど打撃センスも高いです。

バッティンググローブをつける高校生が多い中、田中選手はバッティンググローブを付けていません。

そんな田中選手を見ていると落合元中日監督の現役時代を思い出しますね。

田中選手は渋いなと感じる選手の1人です。

監督

東筑高校を率いるのは、東筑高校が1978年夏の甲子園に出場しベスト16という快挙を成し遂げた時の主将だった青野浩彦監督。

筑波大学に進学し卒業後に、北九州高校野球部の監督に就任。

その後1994年から母校である東筑高校の監督を16年間勤めました。

1996年には夏の甲子園大会1998年には春の選抜と2回甲子園の地を監督として踏みましたね。

その後、他高校の監督に就任し2016年に再び東筑高校の監督に就任し、2017年夏には再び甲子園の地を踏みその監督としての手腕を見せてくれました。

選抜では校歌を聞きたい所です期待しましょう。

まとめ

ここまで2018年の東筑高校野球部のメンバーについて取り上げてみました。

エースの石田選手の粘り強いピッチングと打線の爆発力が噛み合えば甲子園でも勝ち上がれるチームです。

2018年のダークホース的高校になるのではないでしょうか。

私高公低の高校野球界で公立の星として旋風を巻き起こせるか大注目の東筑高校から目が離せないですね。