聖光学院野球部メンバー2018

聖光学院野球部2018!

ということで今回は2018年の聖光学院野球部のメンバーを取り上げていきます

聖光学院といえば、甲子園の常連校で多くのプロ野球選手を輩出している強豪であり高校野球ファンでなくても名前の聞いたことのある高校の名前なのではないでしょうか。

2018年センバツへの出場を決め、ドラフト候補を擁する聖光学院のメンバーや出身中学、注目選手や監督について紹介していきます。

それではご覧ください!!

スポンサーリンク

聖光学院野球部2018!メンバーの出身中学!

強豪聖光学院はどのような選手が活躍しているのでしょうか。
そんなメンバーのポジションと出身中学はこちら。

※センバツ2018初戦のメンバー

投手

背番号11/上石智也/3年生/郡山市高瀬中

捕手

背番号2/大松将吾/3年生/柏市土中

内野手

背番号3/須田優真/3年生/福島市西信中
背番号4/矢吹栄希/3年生/郡山市緑ヶ丘中
背番号5/小室智希/2年生/江戸川区篠崎中
背番号6/田野孔誠/3年生/燕市燕北中

外野手

背番号7/星歩志/3年生/塙町塙中
背番号8/横堀航平/3年生/太田市宝泉中
背番号9/五味卓馬/3年生/府中市浅間中

ベンチ入りメンバー

背番号1/衛藤慎也/3年生/尼崎市常陽中
背番号10/高坂右京/3年生/いわき市赤井中
背番号12/山本迅/3年生/笠岡市笠岡西中
背番号13/須藤翔/2年生/桑折町醸芳中
背番号14/西牧譲志/3年生/福島市北信中
背番号15/荒牧樹2年生/???(小平リトルシニア)
背番号16/川口堅/3年生/瀬戸内市牛窓中
背番号17/水光燦太郎/3年生/大阪市鯰江中
背番号18/馬場大虎/3年生/会津若松市第二中

聖光学院は3年生の非常に多い編成となっていて、出身校は地元福島と東京の選手が目立ちます。

聖光学院についての野球のイメージは様々であると思いますが、今の聖光学院は打のチーム。

秋の県大会、東北大会では二桁得点の試合がなんと4試合あり強豪相手でも6点〜9点を取る力を持っています。

投手陣も素晴らしく、失点数が非常に少ないので聖光学院は東北では一方的な試合になる事が多かった秋季大会でした。

斎藤監督も近年で1番破壊力のあるクリーンアップであると発言していたように打線の破壊力が非常に高い事がわかります。

甲子園での焦点はドラフト候補レベルの投手を打線が打ち崩せるかどうかになるのではないでしょうか。

悲願の甲子園初制覇に向けて注目していきたいですね。

聖光学院野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

強力打線が武器の聖光学院ですが、プロ注目のドラフト候補はいるのでしょうか。
今回は多くの有望選手の中からスラッガー2人の選手をピックアップしました。
それではご覧ください!!

衛藤慎也

投手/3年生/右投右打/176センチ/76キロ

捕手として入部からチームのエースに成長した衛藤慎也投手

2017年7月にに右肘の手術からの見事な回復力

質の良い130キロ後半のストレートにスライダーを内角に投げ分けるスタイルで秋季東北大会優勝に大きく貢献しました。

全国と比べて投手陣は決して強くないといわれれるなかで衛藤慎也投手がどれだけ試合を作れるかがポイントですね。

矢吹栄希

二塁手/3年生/右投左打/180センチ/70キロ

超強力打線の3番を務める矢吹選手。

強豪聖光学院で1年生ながらレギュラーを務め、リードオフマンとして甲子園で出場した矢吹選手は順調に長打力と確実性を身につけ中軸を任されるようになりました。

180センチ70キロとまだ細身な身体ながら長打力と瞬発性に優れこれからの成長が非常に楽しみな選手でもあります。

強打の二塁手というキャラクターも高校野球では珍しく、プロからも注目されること間違いなしです!!

五味卓馬

外野手/3年生/右投右打/178センチ77キロ

チームの重量打線の核である4番を務める五味選手。

中学時代から有名選手で武蔵府中リトルシニアでは全国制覇を経験していて、新チームでは4番を任されるようになりました。
走攻守すべてにおいてハイレベルなプレイヤーで長打力には眼を見張るものがあります。

まだ明治神宮大会や県大会で目立った成績は残せていませんが、聖光学院の4番バッターとして甲子園での活躍に期待です!!

田野孔誠

遊撃手/3年生/右投右打/170センチ/66キロ

抜群の打撃センスに「忍者」と言われるほどの守備が定評の田野孔誠選手

肩も強く三遊間の深いところからの一塁への送球が圧巻。

打撃が評判のチームですが、1番打者の田野の出塁からかけ回す姿と守備にも注目ですね

監督

近年甲子園での活躍の目立つ聖光学院を率いるのは斎藤智也監督

現役時代は聖光学院と同じ福島の福島高校で投手兼外野手を務め、仙台大学で野球を続けました。

その後1987年に聖光学院の教諭、野球部部長に就任し指導者と学校の先生としてのキャリアをスタート。

1999年には監督に就任し2001年には僅か2年の歳月で聖光学院初の甲子園出場へと導きます。

指導者としての評価が非常に高く、チームの雰囲気作りと個々の人間性を重視する監督だそうです。

近年ではスポーツ界でのメンタルの重要性が評価されてきましたが、その流れにいち早く乗った指導者と言えるでしょう。

まとめ

以上、2018年板の聖光学院野球部メンバーについて取り上げてみました。

聖光学院は強豪として有名ですが、まだ甲子園制覇はありません。

また、意外かもしれませんが東北勢の甲子園優勝が歴代で見てもまだ無く聖光学院へかかる期待も大きいはずです。

センバツ出場は決まっているので、自慢の強力打線で東北に初の優勝をもたらして欲しいですね!

聖光学院の躍進に目が離せません!!