日大山形野球部メンバー2018

日大山形野球部2018!

ということで2018年の日大山形野球部のメンバーを取り上げていきます。

日大山形といえば山形県を代表する古豪で、県内では甲子園最多出場を誇るチーム。

ただ、山形県代表は春夏合わせて甲子園での優勝がなく、その辺りも2018年の目標となっています。

今回はそんな日大山形野球部2018年メンバーの出身中学やプロ野球界からの注目が高い選手。

そして日大山形の監督についても取り上げていくので是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

日大山形野球部2018!メンバーの出身中学!

現在部員数100名近くを誇る日大山形野球部ですが、2018年メンバーの出身中学などを調べてみました。

※春のセンバツ2018初戦のメンバー

投手

背番号1/佐藤亘/3年/河北町河北中学校(山形)

捕手

背番号2/渡部雅也/2年/相馬市中村第一中学校(福島)

内野手

背番号3/鹿野航生/2年/蔵王第一中学校(山形)
背番号4/斎藤史弥/3年/鶴岡市鶴岡第四中(山形)
背番号5/高橋殿馬/3年/真室川町真室川中(山形)
背番号6/西島好亮/2年/仙台市七北田中学校(宮城)

外野手

背番号7/竹田空良/3年/高畠町第四中(山形)
背番号8/橋本魁/2年/山形市第十中学校(山形)
背番号9/佐藤亘/3年/河北町河北中学校(山形)

ベンチ入りメンバー

背番号10/近藤皓介/3年/にかほ市象潟中(秋田)
背番号11/大江陸音/2年/???(寒河江レッドボーイズ)
背番号12/水戸隼/3年/東根市第一中(山形)
背番号13/榎本陸人/3年/山形市第一中(山形)
背番号14/吉岡俊英/3年/角田市角田中(宮城)
背番号15/後藤幹弥/3年/寒河江市陵南中(山形)
背番号16/中坪豪汰/3年/横浜市霧が丘中(神奈川)
背番号17/大石哲平/3年/天童市第一中(山形)
背番号18/延沢龍光/3年/???(寒河江ボーイズ)

メンバー登録の20人中15人が地元山形出身で、東北地方を中心としたメンバーでチームを構成しています。

2017年夏の甲子園に出場し、1回戦で延長12回まで戦うものの敗れてしまいました。

当時は可愛すぎるマネージャーで日大山形のマネージャーが話題になってましたよね。

そして、世代が代わり2018年メンバーとなったのですが、新チームではキャプテンが就任一ヶ月弱で交代するなど波乱の幕開けとなっています。

それでも、山形県高校野球秋季大会では準決勝まで進み、酒田南高校に敗れはするものの健闘しました。

そして、高校野球東北大会秋季2017では、酒田南高校に準々決勝でリベンジを果たし、準決勝まで進み東北の強豪校花巻東に惜敗します。

日大山形2018年チームの試合内容を見ていると、ピッチャーは複数の投手が先発を任され、先発以外の日にはリリーフとして登板していて、現在のところ絶対的なエースというのは決めていない気がしますね。

打撃のほうは、三振数は多いものの積極的なバッティングが目立ち、その辺りの意識は徹底しているのではないでしょうか?

ホームランを量産するチームではなく、ヒットで繋いでいく野球をするチームだと思います。

2018年春のセンバツは今のところ決定的なところまではいっていませんが、出場できる可能性も十分あると思うので、楽しみに待ちましょう。

日大山形野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

ここからは日大山形2018年メンバーの中で、ドラフトの期待がかかる注目選手をピックアップしていきたいと思います。

佐藤洸太

投手/3年/右投右打/182センチ/70キロ

東北大会で急成長してチームの中心的な存在に成長。

県大会では1イニングのみの登板で結果が出ませんでしたが、東北大会では3試合に登板すると、合計22回1/3を無失点に抑えて急成長を見せています。

2017年9月の聖光学院との練習試合では3回で2桁失点の乱調で秋のベンチ入りが危ぶまれましたが、打者一人ずつ丁寧なピッチングを継続したことで、内角で勝負できる制球力とボールの切れが高評価。

チェンジアップの握りを変えたことで、投球の幅が増えて右打者への自信が増したそうなので、今後もまだまだ成長が期待できる投手なのではないでしょうか。

斎藤史弥

内野手/3年/右投左打/175センチ/68キロ

1年の頃から夏の甲子園に出場するなど数々の大舞台を経験してきた選手。

現在は、その経験を生かしチームをまとめるキャプテンを務め、燃えたぎる情熱、キャプテンシーで選手を牽引します。

プレーの方では、勝負強いバッティングが持ち味で、現チームでは主に3番バッターに座り、持ち前の勝負強さで打点を量産。

タイプとしては中距離バッターで、打率を残し、味方の選手をホームへ返す素晴らしいバッター。

守備の方ではまだまだ課題を残しますが、地肩が強く将来伸び代十分だと思います。

走攻守バランスの取れたタイプのバッターで、プロ野球界からの注目の高い選手なんで、将来が楽しみですね。

渡部雅也

捕手/2年/右投右打/182センチ/82キロ

セカンドまでの送球が2秒台を切る強肩の持ち主。

県大会の3位決定戦からスタメンマスクを被ってますが打順もクリーンアップを任される主軸です。

魅力は何といってもパワーでボールを遠くに飛ばすことを中学時代の恩師からから教え込まれたそうで、本人が3年に上がったときは間違いなく4番候補ですね。

高橋殿馬

三塁手/3年/右投左打/身長???/体重??

堅守でチームを支える2番打者

「殿馬」という名前の由良は人気漫画「ドカベン」の殿馬一人からつけられたそうですね。

守備に定評がある選手ですが、タイプ的には2番打者特有のバントを得意としており、相手にとって嫌な選手となりそうな存在

「ドカベン」の殿馬一人として今後も紹介されるでしょうけど、キャラクターの名前に負けない選手となってほしいですね。

監督

2018年の日大山形を率いるのは荒木準也監督

年齢が40代と高校野球の監督としてはまだまだ若い方の監督です

高校野球の監督といえば60代以上の方が監督をやっているイメージが強いと思いますが、近年では監督の世代交代なのか、若い監督も増えてきましたね。

荒木監督もその一人なんですが、日大山形の監督に就任したのが2002年なんで、ベテラン監督と言っても良いキャリアですね。

自身も高校2年の夏に甲子園出場を果たしていますし、大学2年のときにも全日本大学選手権で日本一を経験しています。

そして荒木監督は「心技体」「知識」「運」が高校野球で勝っていくには必要だと語っていて、選手の生活にはうるさく言うようにしているそうですね。

甲子園では4強が最高成績となっていて、荒木監督はその時が一番悔しかったと言っているので、優勝への道はもうすぐと言ったところでしょうか?

まとめ

ここまで2018年の日大山形野球部について色々と書いてきましたがどうでしたか?

日大山形といえば山形県の古豪で、甲子園の出場数も20回以上と、かなりの強豪校となっています。

2018年メンバーも個性豊かな選手が揃っていて誰がドラフト指名されるのか注目ですね。

監督は40代と若いのですが、監督キャリアは長く、将来の名監督と言っても違いないと思いますし、2018年春のセンバツに出場する可能性も高いチームとなっているので、これからも日大山形野球部を注目していきましょう。