高校野球ドラフト候補2018・野手

高校野球ドラフト候補2018!

ということで、今回は2018年高校ドラフト野手編の注目の目玉をピックアップしていきます!

野手の高校ドラフト2017年で注目されたのは日本ハムに加入した清宮幸太郎選手、ロッテに加入した安田尚憲選手、広島に加入した中村奨成選手といった選手ですが、2018年の野手も楽しみな逸材が揃っています。

誰がドラフト上位指名されるかが楽しみですね。

そんなわけで高校野球ドラフト候補2018となる野手編に迫ります!

それではどうぞ!

スポンサーリンク

万波中正(横浜高校)

外野手/右投右打/190センチ/89キロ

父親がコンゴ人母親が日本人のハーフです。

遠投105メートル、50メートル6秒3俊足強肩であり名門横浜高校でクリンナップを打つだけあり打撃のセンスも◎。

投げても最速147キロのストレートと90キロ台のカーブで相手打者を翻弄する二刀流。

個人的には打者としての評価が高く、横浜スタジアムで電光掲示板下部へのバックスクリーン直撃の特大本塁打は圧巻でした。

通算本塁打も30本に迫る勢いであり通算40本塁打&球速155キロが春までの目標だそうで夏の大会、そしてドラフトが非常に楽しみな選手ですね。

CHECK!万波中正(横浜高校)の母や父の仕事は?ドラフトや中学時代に彼女についても 

根尾昂(大阪桐蔭)

遊撃中堅投手/右投左打/177センチ/76キロ

根尾選手が大阪桐蔭に入学してから常に注目されていた存在。

新チーム発足後公式戦13試合で5本塁打、遠投110メートル、50メートル6.1秒、投げては148キロと内野外野投手3つのポジションが出来る三刀流。大阪桐蔭の現4番打者であり、豪快なスイングから長打を広角に打てる打者です。

中学時代には全国中学スキー大会で日本一のキャリアもあることも評判ですね。

すでに数多くの球団から視察が入っていますが、夏までの活躍次第でドラ1位で競合することも考えられるでしょう。

CHECK!根尾昂(大阪桐蔭)のドラフトは競合する?各球団ごとの評価を検証 

山田健太(大阪桐蔭高校)

三塁・二塁手/右投右打/183センチ/83キロ

1年秋に大阪桐蔭の4番に抜擢されるなど素晴らしい打撃力の持ち主です。

昨年春の選抜では1大会個人通算安打記録に後1本まで迫る12安打を放ち、打率も5割7分1厘1本塁打8打点と大活躍しましたね。

夏には8打数2安打と少し調子を落としてしまいましたが、秋季大会では本塁打を放つなど春の選抜が楽しみな選手です。

藤原恭大(大阪桐蔭高校)

外野手/左投左打/181センチ/78キロ

1年夏に中堅手として強豪大阪桐蔭高校のレギュラーをつかんだ選手。1年次の秋季近畿大会では1番打者として活躍し打率4割1分7厘という好成績を残しました。

2年の選抜では、決勝の履正社戦で2本塁打、夏の大阪予選では3本塁打と長打力もある選手ですね。

遠投100メートル、50メートル5.8秒とプロでもなかなかいない超俊足強肩強打の選手です。

2年生ながらU-18で3割3分3厘の好成績を残しメジャーのスカウトも唸らせたほど。

CHECK!藤原恭大(大阪桐蔭)のドラフト進路情報 

門叶直己(瀬戸内高校)

外野手/右投右打/183センチ/90キロ

2017年秋季中国大会米子松蔭戦では1試合4本塁打を放ち、一気にその名を全国区にした強打者です。

この試合では、両翼90メートルセンターまで120メートルある福山市民球場のレフト側に場外本塁打とセンターバックスクリーンに本塁打を放ち超高校級のパワーを見せてくれました。

50メートルも6.5秒とパワーだけの選手ではありません。

所属の瀬戸内高校も選抜出場を決めましたので甲子園でさらに名を挙げて欲しいですね。

CHECK!門叶直己(瀬戸内)のドラフト進路と評価!出身中学と高校通算HRも

野村大樹(早稲田実業高校)

捕手/右投右打/172センチ/82キロ

北海道日本ハムファイターズに入団の決まった清宮幸太郎選手を抑えて早稲田実業高校の4番打者に抜擢されていた選手で1年生の頃から注目されてきた選手。

高校通算50本塁打を記録しており清宮選手同様に長打力の優れた選手ですね。

打てる捕手はプロの各球団欲しいと思うので今年のドラフトでは確実に指名される選手の1人だと思います。

主将も任され注目されることも多く、プレッシャーも今までより重いものとなりますが、そんな事はものともしない打撃を見せて欲しいですね。

CHECK!野村大樹(早実)のドラフトは競合する?各球団の評価をチェック 

小園海斗(報徳学園高校)

遊撃手/右投左打/178センチ/76キロ

昨年の選抜で18打数9安打1本塁打を記録した攻撃的な1番打者。

U-18の大会でもチーム最多の10安打で打率5割をマークしました。

遠投110メートル、50メートル5.8秒、守備も安定感があり走攻守三拍子揃ったプロ注目の選手ですね。

1番打者ながら本塁打は30本に迫っており、春の選抜には漏れてしまいましたが夏の甲子園ではその打棒を見せつけて欲しいです。

CHECK!小園海斗(報徳学園)のドラフト進路は?各球団の評価をチェック 

スポンサーリンク

野村佑希(花咲徳栄)

外野手/右投右打/185センチ/87キロ

昨年夏の甲子園で2年生ながら4番に座り全国制覇に貢献した選手です。

甲子園での成績は25打数13安打本塁打2本打率5割2分と大暴れ。

通算本塁打も30本を超えており清宮の次の強打者として注目されております。

昨年1年間で29本もの本塁打を量産し、急成長を見せ今年も本塁打数が注目される選手の1人だと思います。

CHECK!野村佑希(花咲徳栄)のドラフト進路は?各球団の評価とチェック 

山下航汰(健大高崎高校)

一塁手/右投左打/173センチ/85キロ

昨年選抜で満塁本塁打2本を放ち一気にその名を全国区にした選手です。

昨年夏の群馬県予選では5試合連続5本の本塁打を放ちました。

1大会5本塁打は群馬県記録であり17年ぶりの記録更新で実力を見せつけました。

通算本塁打は50本を超える超高校生級のパワーがありますが、力任せにバットを振る感じではなく、上手くボールの下にバットを潜り込ませ、ボールに回転をかけて飛ばす打者で技術がありますね。

CHECK!山下航汰(健大高崎)のドラフト進路は?各球団の評価も検証! 

森下翔太(東海大相模高校)

外野手/右投右打/180センチ/75キロ

高校通算本塁打44本を誇る強打者。

昨年の秋季大会では関東大会までの11試合で41打数21安打で5本塁打23打点と格の違いを見せつけました。

東海大相模高校の本塁打記録65本を放った日本ハムファイターズ大田泰示超えを目標に、選抜でも特大の本塁打を期待したいですね。

CHECK!森下翔太(東海大相模)のドラフト進路は?出身中学と兄弟についても

谷合悠人(明徳義塾)

外野手/右投右打/179センチ/81キロ

明治神宮大会で高校通算本塁打23本目を放った強打者です。

新チーム発足後不調が続き4番から6番に降格。

悔しさをバネに明治神宮大会では4番に返り咲き本塁打を記録しました。

パンチ力のある打者で力強いスイングが持ち味ですね。

昨年選抜でも早稲田実業戦で本塁打を放つなど広い甲子園球場でもスタンドイン出来る力を持っています。

林晃汰(智弁和歌山)

三塁手/右投左打/180センチ/84キロ

高校通算本塁打29本を放っている長打力が魅力の選手ですね。

昨年の夏の甲子園予選では17打数8安打、甲子園でも本塁打を放つなど活躍しました。

逆方向への長打も打てしなやかなスイングから打球を遠くに飛ばせる選手です。

中学時代にも通算32本の本塁打を放っておりその頃から長距離砲として鳴らしておりました。

右肘を疲労骨折していましたが現在は復帰していますので、今後も怪我に気をつけて選抜でも活躍して欲しい選手ですね。

日置航(日大三高)

遊撃手/右投右打/176センチ/76キロ

中学時代はシニアで通算打率5割超えの生粋のアベレージヒッター。

新チームでは主将も務め、高校通算11本塁打、足も速く走攻守揃った選手ですね。

昨年の秋季東京都大会では準々決勝で3安打2打点、準決勝で2安打、決勝で4安打2打点と毎試合のように複数安打を放ちミート力の高さを感じさせてくれました。

将来は松井稼頭央選手のような活躍を見せて欲しいですね。

増田陸(明秀日立高校)

遊撃手/右投右打/178センチ/79キロ

昨年の秋季関東大会では2本塁打と長打力を見せました。高校通算17本塁打と、広角に打てる打者です。

守備範囲が広くセンターに抜けそうな打球も捌けるし三遊間深いところからダイレクト送球出来る肩もありますね。

中学時代にはその華麗な守備から超中学生級の守備と言われていました。まだまだ打率が低いという課題もありますが、守備の上手さは魅力的で選抜でも華麗な守備を期待しましょう。

蛭間拓哉(浦和学院高校)

外野手/左投左打/175センチ/78キロ

昨年夏の甲子園予選では3戦連発となる本塁打を放つなど強打の選手。高校1年から浦和学院の4番に座り、力強いバッティングで逆方向にも打て将来が楽しみな選手です。

スイングのフォロースルーが大きくスイング幅の大きいバッティングが見ていて気持ちいいです。

昨年夏、秋季大会とどちらも甲子園を逃し、悔しい思いをしてると思うので悔しさをバネに打線を引っ張り、夏にその打撃を見せて欲しいですね。

高校野球ドラフト候補2018・投手編

>>高校野球ドラフト候補2018【投手編】目玉の注目選手を紹介!<<

まとめ

ここまで、2018年の高校野球ドラフトの野手について取り上げてみました。

有望な選手が多い2000年生まれのミレニアム世代の選手達。

どの選手もプロになる実力はありますから、後はどれだけ選抜や夏の甲子園でプロのスカウト達にアピールできるか、大舞台で実力を発揮できるかが勝負になるでしょうね。

◯◯世代と言われるような世代のスーパースターの台頭も楽しみです!