明秀学園日立野球部メンバー2018

明秀学園日立野球部2018!

ということで2018年の明秀学園日立野球部のメンバーを取り上げていきます。

茨城県代表として、2018年春のセンバツ初出場を果たしたチームです。

明秀学園日立といえば、バスケットボール部やサッカー部が有名だったんですが、近年野球部がメキメキと力をつけてきました。

今回はそんな明秀学園日立野球部の2018年メンバーや出身中学をチェック!

またドラフト候補となる注目選手にチームをまとめる監督についてもとりあげていきます。

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

明秀学園日立野球部2018!メンバーの出身中学!

2018年春のセンバツで初出場を決めた明秀学園日立野球部。

そんな明秀学園日立野球部の2018年メンバーと出身中学をチェックしてみました。

※最新情報は分かり次第追記していきます

投手

背番号1:細川拓哉/3年/茨城県北茨城市中郷中学校
背番号10:長尾巧/3年/大阪府堺市浜寺中学校
背番号11:上野雄大/3年/東京都大田区羽田中学校
背番号13:清水悠人/3年/奈良県奈良市富雄中学校
背番号19:有住昴大/3年/山形県山形市第七中学校

捕手

背番号2:高田 光基/3年/大阪府東大阪市新喜多中学校
背番号12:鈴木 彗人/2年/宮城県大崎市古川中学校

内野手

背番号3:池田陵人/3年/兵庫県加古川市平岡中学校
背番号4:芳賀大成/3年/福島県棚倉町棚倉中学校
背番号5:鈴木翔太/3年/福島県塙町塙中学校
背番号6:増田陸/3年/大阪府大阪市春日出中学校
背番号14:砂子流星/3年/大阪府吹田市第三中学校
背番号15:石原亘輝/3年/大阪府大阪市大桐中学校
背番号16:安田翔梧/3年/大阪府大阪市阿倍野中学校

外野手

背番号7:岩田 侑大/3年/大阪府大阪市井高野中学校
背番号8:佐伯 尚吾/3年/茨城県桜川市岩瀬東中学校
背番号9:北野 凱士/2年/和歌山県和歌山市河北中学校
背番号17:山口 快斗/3年/鳥取県鳥取市南中学校
背番号18:吉田 凱/3年/宮城県仙台市折立中学校
背番号20:阿部 友裕/3年/茨城県神栖市神栖第二中学校

このメンバーが現在のところの明秀学園日立野球部2018年メンバーとなっています。

地元の茨城県出身が3人、大阪府出身が7人、福島県出身が2人、東京都出身が1人、宮城県出身が2人、兵庫県出身が1人、鳥取県出身が1人、和歌山県出身が1人、山形県出身が1人、奈良県出身が1人と、各地から力のある選手を集めたチームです。

やはり茨城の強豪常総学院高校を倒そうとすれば、各地から選手を集めないと勝つのは厳しいんでしょうね。

2018年メンバーの初陣となった茨城県高校野球秋季大会では、準決勝で常総学院を破り、その勢いのまま優勝を果たしました。

その後、高校野球関東大会秋季に出場し、レベルの高い関東大会でも勝ち抜いていき、決勝へと駒を進めましたが、中央学院に惜敗する形となっています。

チームとしては、エース細川投手を中心にまとまったチームで、接戦をモノにする強さを持っていて、全国でも上位に食い込む強さを持ったチームといえるでしょう。

2018年メンバーは、間違いなく強いチームになっているので、どういった活躍をするのか楽しみですね。

明秀学園日立野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

ここからは明秀学園日立野球部2018年メンバーの中でも、ドラフト候補や注目選手を調べていきたいと思います。

芳賀大成

内野手/3年/右投左打/170センチ/71キロ

明秀学園日立野球部2018年チームの4番を務めるバッターで、1年の頃からクリーンアップを任されるなど、期待の高い選手でした。

身長170センチと決して大柄とは言えない選手ですが、パワーに関してはチームでも群を抜いています。

試合を見ていても、ホームランは打てますし、なんと言ってもランナーを置いたときの勝負強さが際立ち、さすが4番バッターといった選手なんですよね〜。

野球センスも高く、本職のセカンドのほか、最近ではキャッチャーの練習をするなど、器用なところもあり、明秀学園野球部の中でも注目度が高いバッターと言えるでしょうね。

池田陵人

内野手/3年/右投右打/178センチ/75キロ

この選手も明秀学園日立野球部2018年チームのクリーンアップを務めるバッターで、身体が大きく見るからにホームランを打つだろうなぁといった体格の持ち主。

中学の頃から全国大会に出場するなど、経験豊富ですし、間違いなく現在の明秀学園日立の強力打線を牽引しているうちの1人だと思うので、注目選手であることに間違いはありません。

増田陸

内野手/3年/右投右打/178センチ/79キロ

明秀学園日立野球部2018年チームのキャプテンを務める選手で、不動の1番バッター。

1年の頃から1番バッターとして、チームの切り込み隊長を務め、左右広角に打ち分ける長打は圧巻の一言。

1番バッターなんですが、小技や出塁を狙うと言うよりは、パンチのあるバッティングでホームランも量産。

2018年春のセンバツ注目選手にも選ばれるなど、バッティングの注目度はかなりのものがあります。

そしてショートの守備に関してなんですが、これまた守備も素晴らしいようなんですね。

守備範囲も広く、地肩もとても強く、野球センスの塊のような選手。

プロ野球からの注目も高く、ドラフト候補となっていて、2018年の高校野球界を引っ張っていく存在と言えるでしょう。

細川拓哉

投手/3年/右投右打/175センチ/75キロ

明秀学園日立野球部2018年チームのエースで5番を務める二刀流。

2016年ドラフトで横浜からドラフト5位指名を受けた、細川成也選手を兄に持つ選手で、常に比較されてここまできました。

タイプとしてはまったく違うんですが、兄がパワーなら拓哉選手は柔らかさを感じるプレーヤー。

現在の最速は144キロなんですが、監督曰く150キロは投げれるポテンシャルがあるようです。

そして、連投を苦にしないタフネスさも魅力で、チームのエースとしてプレーで引っ張っています。

打つ方でもチームの5番を務め、本人曰く「ミート重視の中距離打者です」と言っているんですが、ホームランも打てるバッター。

兄とは全く違うタイプの選手ですが、プロ野球からの注目も高いですし、このまま成長すれば二刀流としてドラフト候補となってもおかしくない選手だと思います。

監督

2018年チームは明秀学園日立野球部の中でも過去最強となっているんですが、そのチームをまとめるのが金沢成奉監督。

2018年で就任7年目になる監督ですが、明秀学園日立野球部の監督になる前は、青森の光星学院で、現巨人の坂本勇人選手や阪神の北條選手にロッテの田村選手など数多くのプロ野球選手を育てています。

そして金沢監督なんですが、ものすご〜く厳しい監督で、口調も怖く、近寄りがたい雰囲気の監督。

以前の練習で「エラーすんなとか言うてんちゃう。

しがみついて野球をやれ。野生の獣が獲物を一発で仕留める覚悟でやれ」と言っていて、一球に対する執念や集中力といったところを徹底していました。

そんな金沢監督は打撃指導に定評がある方で、就任7年目にしてチームは打撃力の強いチームへと成長を遂げているので、間違いなく監督の指導が浸透していってるのでしょうね。

まとめ

ここまで明秀学園日立野球部について色々と書いてきましたがどうでしたか?

明秀学園日立野球部といえば、茨城県の強豪ではあったものの、甲子園への切符を手にするまでは至らなかったチームなんですが、2018年メンバーは春のセンバツ初出場を果たしました。

金沢監督の厳しい指導の元、過去には細川成也選手がプロ入りするなど、レベルの高い選手が増え、2018年メンバーの中にもドラフト候補や注目選手がたくさん在籍しています。

そんな明秀学園日立野球部をこれからも注目していきましょう!