国学院栃木野球部メンバー2018

国学院栃木高校野球部2018!

ということで2018年の国学院栃木高校野球部メンバーを取り上げていきます。

国学院栃木高校と言えば今回18年ぶりの春の選抜出場を決めました。

ラグビーの強豪校としても知られておりますが、野球部は、春の選抜ベスト4が最高成績であり、今回の選抜でそれ以上の成績を目標としています。

栃木県はここ数年、作新学院高校の天下が続いていて、国学院栃木自体も3年連続で夏の甲子園予選で敗れていました。

しかし、2017年秋季県大会では国学院栃木高校が制したことで栃木の争いも楽しみになってきますね。

そんな国学院栃木野球部のメンバーや注目選をチェック!

また監督にも迫っていきますのでどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

国学院栃木野球部2018!メンバーの出身中学!

2018年国学院栃木野球部メンバーの出身中学からどうぞl!

※背番号・ポジションの変更についてはわかりしだい更新します。

投手

背番号1/水沢龍太朗/3年/新潟市西川中(新潟)
背番号11/渡辺 匠/3年/新発田市豊浦中(新潟)
背番号12/宮 海土/3年/和光市和光中(東京)

捕手

背番号2/大久保謙亮/3年/常総市水海道中(栃木)
背番号13/野村一真/2年/横浜市六角橋中(神奈川)
背番号14/笹川晴輝/3年/野木町野木中(栃木)

内野手

背番号3/須藤蓮斗/3年/栃木市東陽中(栃木)
背番号4/大島智貴/2年/下妻市下妻中(茨城)
背番号5/島田侑希/3年/栃木市東陽中(栃木)
背番号6/近藤翔真/3年/練馬区光が丘第一中(東京)
背番号10/菊池進一朗/3年/鹿沼市東中(栃木)
背番号17/高橋賢佑/2年/常総市水海道中(茨城)
背番号20/田中寿希哉/3年/壬生町南犬飼中(栃木)

外野手

背番号7/大栗拓也/3年/栃木市寺尾中(栃木)
背番号8/青木寿修/3年/小山市間々田中(栃木)
背番号9/勝盛直樹/2年/川崎市大師中(神奈川)
背番号15/毛塚大陽/3年/栃木市東陽中(栃木)
背番号16/長谷川太洋/2年/宇都宮市陽北中(栃木)
背番号18/金子裕暉/2年/新潟市小新中(新潟)
背番号19/印南朝陽/3年/那須塩原市箒根中(栃木)

国学院栃木は2017秋季大会を、全試合先発した右の水沢龍太朗投手、中継ぎで左の渡辺匠投手、抑えを担った左の宮海土投手の3投手で基本3回ずつ登板させ継投する分業制で勝ち上がりました。

3人とも体格に恵まれているわけではなく、全員が170センチから171センチと小柄です。

しかし、3投手で秋季大会防御率1.50とそんなことは感じさせないハイレベルな投手陣であり、どの投手もエースナンバーを任せられる人材なのだとか。打撃陣もチーム打率は3割に届かないですが、チャンスを確実にモノにするチームであり、クリンナップ3人でチーム打点30の内およそ半分の14打点をあげ中核としての機能を果たしました。

2017年秋季関東大会では、ベスト8だったため選抜に出場できる可能性は高くなかったため、今回の選出にはナインの喜びもひとしおだったと思います。

安定感のある投手陣の投球で流れを作り、攻撃に繋げられるかが選抜ベスト4以上を目指す上でカギとなると思うので、頑張って欲しいですね。

国学院栃木野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

選考委員会に高い評価を受けた3投手や強力なクリンナップもいる2018年の国学院栃木野球部。

ここで細かく注目選手を見ていきましょう。

水澤龍太朗

投手/3年/右投右打/171センチ/73キロ

国学院栃木投手陣三本の矢の1人。

主に先発を任され試合を作ります。

2017年秋の公式戦では6試合で投球回数24、防御率1.88としっかり試合を作り、秋季関東大会の市立川越戦では4回を被安打3自責点0、慶應義塾戦では3回を被安打2自責点1と安定したピッチングを見せてくれました。

躍動感あふれるフォームの本格右腕でありチームを勢い付けられるピッチングのできる投手ですね。エースナンバーを守るのは大変だと思いますが、チーム内での競争を勝ち抜き成長して欲しいです。

青木寿修

外野手/3年/右投右打/176センチ/63キロ

一昨年全国を制覇した作新学院との、2017秋季県大会での決勝で3打数3安打と勝利に貢献した好打者。

俊足も自慢で、ミート力も高く2017年秋の公式戦では24打数11安打、打率4割5分8厘、盗塁5個を記録しました。

慶應義塾戦でも3打数2安打と県外の強豪校相手でも臆せず実力を出せるところを見せてくれましたね。

青木選手は昨年も2年生ながらレギュラーとして試合に出ており、夏の県予選決勝での作新学院に大差で負けた悔しさを経験しています。

その悔しさをバネに秋は成長した姿を見せてくれましたので、春には更に成長した姿を見せてくれることでしょう。

近藤翔真

遊撃手/3年/右投右打/171センチ/71キロ

昨年夏の栃木県予選では2年生ながらレギュラーで4番として活躍。

新チームでは5番として、秋季関東大会で市立川越戦1安打、慶應義塾戦2安打ときちんと結果を残しました。

2017年秋の公式戦は28打数10安打、打率3割5分7厘とチームを牽引しましたね。

また、秋公式戦三振0というところからミート力の高さも伺える打者です。青木選手と共に国学院栃木打線を引っ張り、さらなる強力打線を目指して欲しいですね。

渡辺匠

投手/3年/左投左打/171センチ/60キロ

国学院栃木投手陣三本の矢の内の1人。主に中継ぎを任される投手で器用な投手。

昨年秋の公式戦では7試合で投球回数24、防御率1.13と非常に安定しています。

三振も17個奪っており、三振が取れる投手でもあります。その反面四死球が10個と少し多いのが課題ですね。

先発が崩れれば早めに登板しなければなりませんし、準備が難しい中継ぎ投手ですが、その中でもしっかりと結果を残している渡辺投手が、春には水澤投手からエースナンバーを奪えるのかチーム内での競争も見ものです。

監督

国学院栃木を率いるのは18年前の2000年に春の選抜でベスト4と歴史を作った時の1番打者であった柄目直人監督。

オープニングゲームであったため、記念すべき2000年の甲子園大会で始球式の打席に立ったのは当時現役の柄目監督でした。

その時の選抜で智弁和歌山高校に敗れた時の悔しさが指導者を目指そうと思ったきっかけだそうです。

1度体を壊し野球から離れた過去があるそうですが、周囲の支えで復帰されたそうですね。

休んでから考え方が変わったというところから、エースが先発完投することの多い高校野球において、3投手で分業するというスタイルを考え付いたり柔軟な野球をするようになったのかもしれません。

ちなみに作新学院の小針監督は大学の1つ下の後輩であり永遠のライバル。

小針監督は夏に全国制覇を果たしていますからいい目標とのこと。

自分達が甲子園で活躍していた時に生まれた子達を率いてまた甲子園で戦うのは感慨深いものがあるでしょう。

柄目監督自身も縁があると語っているところから、18年ぶりの甲子園で国学院栃木が何か凄いことをやってくれるかもしれませんね。

まとめ

国学院栃木出身のプロ野球選手と言えば元西武ライオンズの小関外野手や国際大会でも活躍した、サブマリン投法で有名な元千葉ロッテマリーンズ渡辺俊介など有名な選手を輩出しています。

18年前の2000年に選抜ベスト4になった国学院栃木。

その年に生まれたミレニアム世代が新たな歴史を作ってくれるかとても楽しみですね。

出身のプロ野球選手と言えば元西武ライオンズの小関外野手や国際大会でも活躍した、サブマリン投法で有名な元千葉ロッテマリーンズ渡辺俊介など有名な選手を輩出しています。

甲子園の夢が現実のモノとなった国学院栃木ナインのさらなる成長と、選抜での活躍に期待しましょう。