三重高校野球部メンバー2018

三重高校野球部2018!

ということで2018年の三重高校野球部のメンバーを取り上げていきます。

三重高校は春夏通算甲子園出場20回を超える歴史ある強豪校であり、優勝経験もあります。

プロ野球選手も多く輩出していてかなり注目度の高いチームといえるでしょう。

そんな三重高校は2017の秋季大会で好成績を残し、センバツの出場もほぼ確定となっています。

強豪三重高校の選手の出身中学、注目選手、監督についてまとめてみました。

三重高校について知れば、高校野球観戦も面白くなること間違い無し!!

それではご覧ください!!

スポンサーリンク

三重高校野球部2018!メンバーの出身中学!

2018年の三重高校のメンバーと出身中学から見ていきましょう。

※春のセンバツ2018初戦のメンバー

投手

背番号1/定本拓真/3年/八尾市大正中(大阪)

捕手

背番号2/東亮汰/3年/伊勢市港中(三重)

内野手

背番号17/小川尚人/2年/犬山市犬山中(愛知)
背番号4/曲孝史朗/3年/松阪市久保中(三重)
背番号5/前出健汰/2年/松阪市嬉野中(三重)

外野手

背番号3/大川翔也/3年/いなべ市北勢中(三重)
背番号8/梶田蓮/3年/八尾市久宝寺中(大阪)
背番号9/浦口輝/3年/松阪市鎌田中(三重)

ベンチ入りメンバー

背番号1/福田桃也/3年/大阪市淀中(大阪)
背番号7/平井聖雅/3年/岡北中(岡山)
背番号11/山本大雅/3年/南伊勢町南勢中(三重)
背番号12/山中遼人/2年/津市白山中(三重)
背番号13/吉井洸輔/3年/松阪市西中(三重)
背番号14/古屋陽登/3年/四日市市笹川中(三重)
背番号15/山本祐生/3年/加古川別府中(兵庫)
背番号16/桐田享弥/3年/神戸市本山南中(兵庫)
背番号18/押田果威斗/3年生/伊勢市厚生中(三重)

2017年の三重県大会から粘り強さがが特徴でエースの定本拓真投手を中心に投手層は比較的厚いとされています。

甲子園出場年によって持ち味の違う学校の三重高校ですが、今年度は打線と守備もされてに強化されているとのこと。

地方大会では5得点以上を取る試合が多く、準決勝で強豪東邦高校に敗れるものの試合のスコアは10-9の大健闘。

他の試合でも大量得点し、甲子園に出場した場合でも一級品の打線を誇ります。

投手陣には140km/h近い速球を投げる投手が2人いて長期戦や連戦でも戦える戦力はあるでしょう。

目立ったスラッガーはいませんが、総合力が非常に高いチーム。

東海地区の代表枠の競争は熾烈ですが、是非とも甲子園での勇姿を見てみたいものですね。

三重高校野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

2018年の三重高校にはどんな注目選手がいるのでしょうか。

強力打線の三重高校ですが、スター選手中心ではなく総合力で勝負するチームですので残念ながら注目のスラッガーはあまりいません。しかしながら投手陣は突出した選手が2人います。

三重高校の安定した戦績を支える投手の二枚看板の紹介です!!

山本大雅

投手/3年生/右投右打/176センチ75キロ

注目の選手の1人目は最速139km/hながら変化球と緩急を駆使した投球をする山本投手です。

2017秋は同じ投手の定本投手にエースの座を譲ったものの、変化球の完成度と制球力という面での完成度が高く球速が伸びてくれば一気にドラフト候補まで辿り着く投手でしょう。

変化球はカーブとスライダーを多投するようで他の系統の変化球を習得すればさらに投球の幅が広がること間違い無しですね。

これからの成長が注目される投手ですね。

定本拓真

投手/3年生/右投左打/182センチ/85キロ

2017秋ではエースを務めた定本投手。

詳しい最高球速についての情報はありませんでしたが140km/h中盤は出ているんだとか。

秋季大会では三重高校全体で乱打戦になる試合が多かったので、さらなる成長を期待したいですね。

打力はもともとあるチームなので、2人の投手がドラフト候補となるまで成長すれば、全国制覇も見えてくるでしょう。

監督

三重高校の監督といえば、2014年春に監督に就任し2014年夏に異例の早さで甲子園準優勝まで導いた中村好治監督が有名ですが中村監督は2017年夏には勇退していて総監督のポストに就任、現在は小島紳さんが監督をされているということです。

小島監督は超名門校の中京大中京の出身でその後国立三重大に進学し野球部で主将として活躍し、大学時代の現東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大投手との対戦があったそうです。まだ就任して半年経ってないので指導に関する具体的なエピソード等はありませんでした。

高校野球の監督としてはかなり若い方の小島新監督のもとで悲願の甲子園優勝を目指します。

まとめ

今回は甲子園の常連校の2018年版の三重高校野球部メンバーについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

現在の高校野球は昔と違い継投策が重要視されている為、良い投手が2人いる三重高校は初戦で波に乗れればかなり勝ち進むチームなのではないでしょうか。

長年と伝統と新監督の下での革新を武器に、全国制覇を狙って欲しいものですね。

三重高校の活躍を期待しましょう!!