富山商野球部メンバー2018

富山商業高校野球部2018!

ということで2018年の富山商業高校野球部のメンバーを取り上げていきます。

富山商業高校と言えば、広島東洋カープで代打の切り札として活躍した浅井樹さん、主に中継ぎとして活躍している東京ヤクルトスワローズの中澤雅人投手など多数プロ野球選手を輩出しています。

野球部は1918年創部でなんと2018年で創部100年目であり歴史があります。

他県では私立高校が台頭してる中、まだまだ公立高校が強い富山県内で春の選抜は県内最多の6回、夏の甲子園16回出場と強さを発揮していますね。

そんなわけで、2018年の富山商業野球部メンバーの出身中学をチェック!

また、注目選手と監督にまで迫っていきたいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

富山商業野球部2018!メンバーの出身中学!

2018年の富山商業野球部メンバーの出身中学から見ていきましょう

※春のセンバツ2018初戦のメンバー

投手

背番号1/沢田龍太/3年/富山市呉羽中(富山)

捕手

背番号2/山本龍也/3年/富山市岩瀬中(富山)

内野手

背番号15/前田幸輝/2年/富山市新庄中(富山)
背番号4/福島幹/3年/黒部市桜井中(富山)
背番号5/石黒賢一/3年/射水市小杉中(富山)
背番号6/石田陸/3年/富山市上滝中(富山)

外野手

背番号7/横尾和樹/3年/射水市新湊南部中(富山)
背番号8/石橋航太/3年/魚津西部中(富山)
背番号9/広浜虎威/3年/黒部市鷹施中(富山)

ベンチ入りメンバー

背番号3/奥井颯汰/3年/富山市岩瀬中(富山)
背番号10/天野匠/3年/魚津市西部中(富山)
背番号11/中川善寛/3年/富山市西部中(富山)
背番号12/森陽斗/2年/富山市山室中(富山)
背番号13/宮腰武/2年/射水市小杉中(富山)
背番号14/三谷岬史朗/2年/富山市呉羽中(富山)
背番号16/中元武志/3年/富山市奥田中(富山)
背番号17/亀田眞の介/2年/魚津市西部中(富山)
背番号18/田村一稀/2年/立山町雄山中(富山)

2016年秋に行われた1年生大会で富山県を制した世代が3年生となりレギュラーの中心を担っています。

日程によりブロック大会までしか行われなかった今年の1年生大会でもブロック1位と2年生中心のベンチメンバーの戦力も充実していますね。

チームの投手力は、昨年夏の県予選でも2年生ながらエースナンバーを付けていた沢田投手が全国レベルですが、2番手以降の投手の台頭が必要だと思います。

野手陣は、山本、福島、石橋、広浜の昨年夏の予選でレギュラーメンバーであった4選手や、石田、横尾のベンチメンバーだった2選手が残っており経験、実力共に申し分ないと感じますね。

特に4番の石橋選手は新チーム発足後の秋季富山県大会で2試合連続ホームランを放ち、横尾、福島の2選手は共に打率4割超えと、強力な打線で相手投手には嫌な打線です。

富山商業野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

富山商業高校野球部2018の注目選手をピックアップします!どうぞご覧ください!

沢田龍太

投手/3年/右投右打/183センチ/79キロ

183センチ79キロの恵まれた体格から繰り出される140キロを超えるストレートとスライダー、カーブを駆使し投球を組み立てます。

コントロールにも自信があり三振の取れる投手でボールのキレ、ストレートのノビはピカイチ!

中学時代は富山ボーイズに所属し、その頃から130キロ台のストレートでエースとして活躍していました。

走り込みで鍛えた、連続で完投できるスタミナも武器の1つであり、チームから信頼の厚い頼れるエースですね。

石橋航太

外野手/3年/右投右打/178センチ/83キロ

4番に座る高校通算ホームラン20本超えの強打者。

冬のフィジカルトレーニングをしっかりと行い体作りに力を入れ体重増加に成功しさらなるパワーを手に入れました。

リラックスしたフォームで、インパクトの瞬間にだけ力の入る理想的なバッティングから放たれる本塁打は魅入ってしまいますね。

エース沢田投手とは富山ボーイズ時代からのチームメイトで沢田投手が崩れた時は、打撃陣の中心となり援護します。

福島幹

二塁手/3年/右投左打/172センチ/71キロ

富山商業をまとめる昨年夏からレギュラーを張る好打者。

新チーム発足後、秋の富山での公式戦では打率4割を超える成績を残し、キャプテンとしてプレーでチームを引っ張りました。

守備も上手くエラーも非常に少ない選手ですね。少食だった福島選手は1日5食に食事回数を増やし、昨年秋から今年の冬にかけて7キロの体重増加に成功しパワーアップしました。

横尾和樹

外野手/3年/右投左打/169センチ/73キロ

2017年の秋季富山県大会で打率4割のハイアベレージを残したリードオフマン。監督から体重係に任命されチームメイトの体重を管理する役目も果たしている横尾選手。

部室でチームメイトのお弁当に心を鬼にしてご飯を増量させています。

その横尾選手のおかげでチーム員は体重増加に成功しさらに強力な打線になっていますね。

自らもたくさん食べて体重を増やし、さらなるパワーを付けて成長して欲しいところですね。

監督

富山商業高校を率いるのは、長らく富山商業の監督をしていた沢田監督の後を引き継いで2018年で9年目の前崎秀和監督です。

富山商業から中央大に進み母校の監督をしています。

自身も現役時代エースで主将として選抜に出場した経験がありますね。

甲子園では、元DeNAベイスターズの藤井秀悟投手との投げ合いで0-1で惜しくも敗れてしまいました。

2018年で創部100年目ということもありOBや関係者などからのプレッシャーはきついと思いますがその中でも今年も強いチームを作り上げています。

過去には全国レベルの投手も育て上げ、今年も沢田投手という全国レベルの投手を育てていて投手育成に強いイメージがありますね。伝統校ということもあり、周りからあれこれ言われることも多々あると思います。

ただ、それでもきちんと実績を出しているところから監督としての能力は高く、富山県の高校野球のレベルを上げてくれる監督だと思いますね。

まとめ

以上、2018年の富山商業野球部のメンバーについてまとめてみました!

全国では私立が台頭していますが、まだまだ公立高校が強い富山県。

軟式野球部も全国の常連であり全国高等学校軟式野球選手権大会で優勝をした経験もある強豪です。

その中でも地元の良い選手が集まる富山商業は公立の星!

2009年以降公立高校の全国優勝はありませし、富山県勢は甲子園で決勝に進んだことがありません。

2018年は富山県勢の悲願達成なるか。創立100年目で期待の強まる富山商業から目が離せませんね。