彦根東高校野球部メンバー2018

彦根東高校野球部2018!

ということで2018年の彦根東高校野球部のメンバーを取り上げていきます。

彦根東高校と言えば、滋賀県内有数の進学校であり東大や京大など一流大学への進学者が多数います。

2017年夏の甲子園では、台風の影響で彦根東の試合が順延となったのですが、暇さえあれば勉強をしてしまう部員達に監督は、次の日に集中させるため勉強禁止令を出したそうですよ(笑)

彦根東高校の有名人には、ジャーナリストの田原総一郎さんや、元環境大臣希望の党所属の衆議院議員細野豪志さんなどそうそうたるメンバーがいます。プロ野球選手では、毎日オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)で活躍し、最優秀防御率も獲得したことがある中川隆さんがいますね。

甲子園の出場回数に触れてみると、2018年春までで夏に2回、春に4回の計6回と春の出場回数が多いです。

野球部の創部は1894年ととても古く120年以上の歴史がある伝統校なのだとか。

そんな彦根東高校のメンバー、注目選手、監督にまで迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

彦根東高校野球部2018!メンバーの出身中学!

彦根東高校野球部メンバーの2018年のメンバーと出身中学はこちらです。

※春のセンバツ2018初戦のメンバー

投手

背番号1/増居翔太/3年/彦根市稲枝中(滋賀)

捕手

背番号2/高内希/3年/近江八幡市安土中(滋賀)

内野手

背番号3/山岡右京/2年/長浜市高月中(滋賀)
背番号4/朝日晴人/3年/大津市青山中(滋賀)
背番号5/川嶋清太/2年/近江八幡市八幡東中(滋賀)
背番号6/今井怜央/3年/守山市明富中(滋賀)

外野手

背番号16/永井結登/3年/彦根市中央中(滋賀)
背番号8/野嵜重太/3年/日野町日野中(滋賀)
背番号9/宇野圭一郎/3年/近江八幡市八幡東中(滋賀)

ベンチ入りメンバー

背番号7/岡上士門/3年/草津市老上中(滋賀)
背番号10/原功征/3年/近江八幡市八幡中(滋賀)
背番号11/北村駿/3年/近江八幡市安土中(滋賀)
背番号12/井上人太/2年/彦根市中央中(滋賀)
背番号13/中谷凌/2年/草津市新堂中(滋賀)
背番号14/中川響/3年/彦根市稲枝中(滋賀)
背番号15/水谷洸太郎/3年/長浜市立湖北中(滋賀)
背番号17/嶋崎詠/3年/湖北中学(滋賀)
背番号18/西田乗斗/3年/朝桜中(滋賀)

打撃力は、チーム打率秋の公式戦3割5分8の強力打線。投手力は、2017夏の甲子園でも登板した増居選手を中心とし、2番手には原投手も控えています。

彦根東高校は国宝の彦根城の堀の中に敷地があるそうで、野球部のグラウンドは狭くバッティング練習は学校近くの彦根バッティングセンターで行なっているとか。

そんな彦根バッティングセンター、なんと2017年12月で閉店となってしまったそうです。秋の公式戦打率4割を超える打者を5人も揃える彦根東打線の源となっていた練習場が無くなるとは、なかなかの逆境ですよね。

文武両道の彦根東野球部員達は、野球だけに時間をさける訳ではなく時間を工夫するのが大変なよう。朝練ならぬ朝一時間の朝勉や、練習後も時間を見つけて勉強して居るようです。勉強も野球も凄いなんて尊敬できますよね。

彦根東野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

彦根東高校野球部2018の注目選手をピックアップします!どうぞご覧ください!

増井翔太

投手/3年/左投左打/171センチ/64キロ

130キロ中盤のストレートとチェンジアップ、カーブ、スライダーで投球を組み立てる投手です。

バランスのとれた投球フォームで牽制も上手いのだとか。

県内屈指の彦根東高校において、学年での成績は320人中20〜30位くらいに入る頭の良さであり、志望大学は京都大学らしいです。

最近流行りの野手と投手の二刀流では無く増井選手は勉強と投手の二刀流ですね。

高内希

捕手/3年/右投右打/176センチ/76キロ

彦根東野球部の4番で主将。高内選手は元々投手でしたが、同学年に捕手がいないことから2017年シーズンの6月に捕手にコンバートしました。

公式戦では捕逸が目立つ試合もありまだまだなれない部分がありますが、主将として責任感のある高内選手ですから大丈夫でしょう。

宇野圭一郎

外野手/3年/右投右打/176センチ/66キロ

新チーム発足後の秋の公式戦では打率6割以上と高い打撃センスを見せてくれる好打者。

現在は外野手登録ですが、元々は内野手。

チーム事情による大幅なポジション変更によりコンバートした選手の1人ですね。攻撃的な2番打者の宇野選手は、体を大きくして全国で勝ちたいと語るなど、更なる成長を目指しています。

原功征

投手/3年/左投左打/167センチ/67キロ

左投げでサイドスローの変則フォームの投手。

バッターから見て右側のプレートに足を位置し、更には足を内側に踏み込むことにより左バッターの背中から球が来るような印象を受けますね。

高校に入りサイドスローに変更し2017年春の近畿大会では、大阪桐蔭相手に5回1失点と好投しました。

2017年夏の甲子園では青森山田相手に4回ノックアウトを喰らった悔しさをバネに2018年シーズンはさらなる飛躍を期待しています。

監督

彦根東高校を率いるのは、滋賀県の虎姫高校でキャプテンとして活躍した村中隆之監督です。

自身は甲子園出場経験はありません。

出身大学は金沢大学であり、在学中は野球部でなく書道部に所属していたそう。

大学卒業後は、北大津高校で国語教師として採用され、野球には携わらないつもりでしたが、他の教師に勧められ野球部顧問に就任しました。

その後その手腕を買われ、彦根商業(彦根翔陽)の初代監督に就任。

その後彦根東高校に転任してくることになるのです。村中監督は確率野球を得意とし、ゴロのサインもあるのだとか。年間130試合の練習試合を行い、ゴロを打つ練習を実践でしたりし攻撃パターンを増やしてきたのだとか。

進学校らしい頭を使った野球を見せてくれる監督だと思います。

まとめ

ここまで2018年の彦根東高校メンバーについて取り上げてみました。

練習場所も限られ、勉強もあり思うような練習時間もとれない彦根東高校野球部ですが、その分工夫をこらした練習で強くなっているようです。

公立進学校であるため、色々と恵まれている私学とは違いますが逆境にも負けずに頑張って欲しいですね。