高知高校野球部メンバー2018

高知高校野球部2018!

ということで2018年の高知高校野球部のメンバーを取り上げていきます。

高知高校と言えば、高知県高知市にある私立の中高一貫校であり、幼稚園から短期大学まである高知学園の高等部です。地元では『学園』の愛称で親しまれているようですね。

高知高校は、1964年に高知県勢初の夏の甲子園優勝を果たして、1975年春の選抜でも高知県勢初優勝を果たしています。付属の高知中学も全国大会での優勝経験があるのだとか。

多数のプロ野球選手も輩出しております。少し紹介すると、現役から監督までロッテ一筋のミスターロッテ有藤通世さんや、東京ヤクルトスワローズの山田哲人を育てた、ヤクルト一軍打撃コーチの杉村繁さんがいますね。

そんな高知高校のメンバー、注目選手、監督にまで迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

高知高校野球部2018!メンバーの出身中学!

そんな2018年の瀬戸内高校野球部メンバーと出身中学はこちら。

※春のセンバツ2018初戦のメンバー

投手

背番号1/中屋友那/3年/高知中(高知)

捕手

背番号6/中畑隆之介/3年/野州市中主中(滋賀)

内野手

背番号3/辻海星/3年/野州市中主中(滋賀)
背番号4/山崎蓮/3年/高知中(高知)
背番号5/西村唯人/2年/高知中(高知)
背番号14/小松洋士/3年/芸西村芸西中(高知)

外野手

背番号7/谷岡享玲/3年/宿毛市宿毛中(高知)
背番号8/中越啓斗/3年/高知中(高知)
背番号9/入野皓大/3年/高知市西武中(高知)

ベンチ入りメンバー

背番号2/奥内尚野/3年/高知中 (高知)
背番号10/豊田拓真/3年/橿原市橿原中(奈良)
背番号11/森聡希/2年/琴平町琴平中(香川)
背番号12/平尾暁大/2年/高槻市立芝谷中(大阪)
背番号13/阿部翔/3年/高知市西部中(高知)
背番号15/佐々木廉/3年/高知中(高知)
背番号16/森凛太朗/3年/高知中(高知)
背番号17/公文幸汰/2年/高知中(高知)
背番号18/澤田凌旺/2年/高知中(高知)

粘り強さが特徴のチーム。僅差のゲームをモノにできる力があります。守りの中心はエースの中屋投手。

二番手以降にも端中投手、豊田投手、森投手が控えており層が厚くなっていますね。守備陣も失策が少なく非常に安定した守りで投手陣を盛り立てています。

攻撃は、勝負強い4番打者の辻選手と俊足巧打の1番打者中越選手や、高い打率を残せる2年生の3番打者西村選手など好打者揃い。

新チーム発足直後の段階では、例年以上の打撃力と島田監督も手応えをつかんでおり、どこまで攻撃力を伸ばせるのかがとても楽しみですね。

高知高校野球部2018の注目選手!ドラフト候補をチェック

高知高校野球部2018の注目選手をピックアップします!どうぞご覧ください!

中屋友那

投手/3年/右投左打/179センチ/91キロ

高知中学時代にはU-15日本代表に選ばれた投手。

130キロ中盤のストレートと、スライダー、チェンジアップ、カットボールを巧みに操り相手を翻弄します。

制球力もあり打たせて取ることができ、島田監督からも信頼の厚い選手なのだとか。

高知高校入学後は右肩の故障で思うような投球ができていませんでしたが、辛抱強くトレーニングを重ね成長してきたエースがどこまでチームを勝ち上がらせられるか期待ですね。

辻海星

内野手/3年/右投左打/181センチ/91キロ

チームで4番を任される勝負強い打者。チャンスの場面での打撃では誰にも負けたく無いそうです。

好きな野球選手は、自身も長距離打者であるところから、世界のホームラン王、王貞治さんと侍ジャパンの4番筒香嘉智選手。

将来の夢はヤンキースの監督と大きな夢を持ち、グラブには夢叶うまで挑戦と刻まれており、大きな夢に向かってさらなる進化を遂げてもらいたいですね。

中越啓斗

外野手/3年/右投右打/170センチ/71キロ

チームのムードメーカーで俊足巧打の1番打者。

足が速いだけあって特技は鬼ごっこであると答えるひょうきんな性格な選手ですね。

高い打率と出塁能力でチャンスを作り出す高い野球センスはまさにチームのリードオフマンと言えるでしょう。

足の速さを生かして中堅での守備でも躍動して欲しいですね。

島内優成

捕手/3年/右投右打/172センチ/67キロ

高知高校野球部扇の要、捕手でチームメイトが絶大な信頼を寄せる主将の島内選手。

インサイドワークが抜群で選手層の厚い投手陣を巧みにリードします。

武器はその肩であり、盗塁を刺してチームを勢い付けさせることができたらと、流れを変えられるような選手になることが目標なのだとか。

チームの頭脳である島内選手に期待です。

監督

高知高校を率いるのは、U-18のコーチを2度務めるなど、その指導力の評価が高い島田達二監督です。

付属の高知中学野球部監督を務めた後高知高校野球部の監督に就任しました。

高校時代は、高知高校で内野手として春の選抜にも出場したことがあるそう。

監督としては2018年春までで8回の甲子園出場回数を誇り、その指導力を発揮していますね。

練習中のノックでは納得がいかないことがあると中断して全員に説明し、全員が理解できないと意味がないと語るほどの熱血指導。

高知高校で野球ができて良かったと選手たちに言ってもらえるように日々監督として努力しているみたいですね。

まとめ

ここまで2018年版の高知高校野球部のメンバーについて取り上げてみました。

高知県には強豪の明徳義塾高校がいますが、明徳義塾に負けないくらい、いい選手といい監督が揃っている高知高校。

粘り強い試合運びと、冬に強化した走塁などを活かして全国に挑んで行って欲しいですね。