柿木蓮・大阪桐蔭

今回は言わずと知れた強豪校大阪桐蔭高校のエース

柿木蓮投手

について取り上げていきます。

柿木選手は181センチ85キロ、2000年6月25日生まれで佐賀県出身。

2年生の選抜からベンチ入りを果たし甲子園のマウンドを経験していますね。

恵まれた体格や、躍動感あふれるフォームから放たれるストレートは眼を見張るものがあり2018年のドラフトでも注目されている選手の1人だと思います。

そんなわけで今回は柿木蓮選手の注目されるドラフト進路をチェック!

元ヤンキーとの噂に彼女の存在についても調べてみました。

そして、出身中学にも迫っていきたいと思いますのでどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

柿木蓮のドラフト進路は?各球団の評価をチェック

もちろん大阪桐蔭のエースでこれだけの投手ですから、2018年のドラフト指名は確実でしょう。

すでに複数球団に視察されているとの事なので、ドラフト進路となる各球団の評価などを見ていきます。

まずは、北海道日本ハムファイターズ。

ファイターズは今シーズン大谷選手がメジャーへ移籍し、チームの守護神増井選手も抜けてしまうなど投手の補強が課題です。

二桁勝利はチームで唯一有原選手だけなど残った選手では心許なくも感じますね。ということは、ファイターズが投手を補強するために、柿木選手を指名してくる可能性があります。

しかし、高卒ルーキーですから今すぐに結果を出せということではないでしょう。

ファイターズは育成に長けておりますからじっくりと柿木選手を育ててくれると思います。そんなファイターズの加藤スカウトは、2017年の夏に視察した時

『来年のドラフト候補でしょう』

と語るなど指名を匂わすコメントを残しています。

次に、東京ヤクルトスワローズ。

スワローズも石川選手、小川選手、由規選手、成瀬選手など名前が売れている投手が多くいますが、どの選手も今ひとつ成績を残せておりません。そんな投手陣に喝を入れるべく、いきのいい投手が欲しいところですから、柿木選手が指名される可能性もあるでしょう。

そんなスワローズ阿部健太スカウトは

『ベース板の球が強い』

と柿木選手を評価していますね。

読売ジャイアンツも視察に来ているようですね。

菅野選手、田口選手、マイコラス選手など二桁勝てる投手がおり、他にも大竹選手や内海選手、山口俊選手もいるので柿木選手が先発ローテーションにはいるのは難しいと思います。

ジャイアンツも恐らく即戦力としてではなく、将来の可能性を考えて育成するために柿木選手を獲得することを考えているのでしょう。

そんなジャイアンツの武田康スカウト部主任は

「馬力があるし、楽しみな存在ですね」

と評価していますね。

他にも西武ライオンズが興味を示しているようです。

大阪桐蔭高校ということもあり、浅村栄斗選手、中村剛也選手や森友哉選手などの先輩が多数いるので指名があるかもしれませんね。

特に投手陣は、野上投手が今年移籍し、菊池雄星投手も近い将来メジャーに挑戦するでしょうから、将来有望な投手である柿木選手は欲しいと思います。

CHECK!大阪桐蔭野球部2018のメンバー紹介! 
CHECK!高校野球ドラフト候補2018【投手編】 
CHECK!高校野球ドラフト候補2018【野手編】 

元ヤンキー?彼女いる?兄弟は?

そんな柿木蓮投手は「ヤンキー」のワードでよく検索されていますが、実際はどうなんでしょうか?

全くもってそのような情報はありませんでした。いたってまともな野球小僧です!

昔は野球=不良っていうイメージが強かった時代もありますが、そういった流れでよく検索されていたかもしれませんね。

有名な野球選手に対してよく検索されるキーワードなので、柿木投手もそれだけ注目されているという証拠でもありますね。

そして同時に彼女についてもよく調べられているようですが、SNS系にも彼女に繋がる情報はありませんでした。

名門野球部なので、実際に彼女がいても公にはしないでしょう。

大阪桐蔭は男女交際禁止で、携帯も所持禁止。寮も外出禁止で楽しみは月1回のコンビニ旅行だというのだから、彼女なんて作ってる暇は無いかなと思います。

もし彼女ができたとしても、遊んでいる暇はなく相当できた彼女でないと長続きしなさそうです。

大阪桐蔭のエースなんて絶対モテるのに勿体無いですね(笑)

まあ、そういったところはプロに行ってからでも遅くはないので今はしっかりと野球に集中して欲しいです。

野球人は兄弟も同じく野球をしてるケースが多いですけど柿木投手にはお姉さんがいるようですね。

ただ、お姉さんの名前や家族についても具体的な情報はありませんでした。

これからプロにいってから徐々に情報が明らかになってくることでしょう。

まずは柿木蓮投手の進路に注目ですね

出身中学と球種と球速をチェック

柿木投手の出身中学佐賀・多久市立中央中学だそうです。

野球は、佐賀東松ボーイズでやっていたようですね。

中学時代から140キロを超えるストレートを投げ、現在の球速は最速148キロ。右の本格派で、体をダイナミックに使った高めのストレートはノビも力もあり高校生では簡単に打てません。

そして、柿木投手の球速と球種も見ていきましょう。

柿木投手は三振の取れる投手で、球速は120キロ台前半から中盤のスライダー、100キロ程度のカーブ、110キロ台中盤のフォークで投球を組み立てます。

スライダーのキレは良く右打者に向かっていったと思ったら急にブレーキがかかりキャッチャーミットに収まっていくようなボールですね。

カーブも1度抜け球のような感じで飛び出し、そこから急激にクッと曲がってくるような印象があり打者の目線が上下に動き、簡単には捉えられない良いボールになっています。フォークも落差があり空振りが取れるボールで、全てのボールが一級品です。

CHECK!大阪桐蔭野球部2018のメンバー紹介! 

まとめ

ここまで大阪桐蔭のエース柿木蓮投手についてとりあげてみました。

全体的にレベルの高い投手である柿木選手。

まだ少し荒削りな投球をしているので、しいて言うならもう少し緻密なコントロールが付くとプロで通用する投手になると思います。後は圧倒的な活躍と、実績が付いて来ればドラフト上位指名も夢ではありませんね。