大学ドラフト候補2018・投手

大学ドラフト候補2018!

ということで今回は2018年の大学ドラフト候補の投手編について取り上げてみます。

2017年については清宮選手がいたのでさほど大学生が取り上げられることはありませんでしたが、毎年大学ドラフトの投手は即戦力となる投手が競合します。

今回の2018年ドラフトの大学生にはどんな有望株の投手がいるんでしょうか。

早速、大学ドラフト候補2018の投手についてお送りします

それではどうぞ!

スポンサーリンク

甲斐野央(東洋大)

右投右打/185センチ/75キロ

最速154キロのストレートを武器に、フォークも交え投球を組み立てる投手ですね。

他にもカーブ、スライダー、ツーシームと多彩な変化球を操ります。

大学生3年秋には5勝を挙げベストナインにも選出されているそうです。

楽天、ソフトバンク、巨人、阪神のスカウトからも評価されているようで、特に巨人からは高評価をえているようですね。

CHECK!甲斐野央(東洋大)のドラフト進路と評価!出身中学と球速と球種も 

梅津晃大(東洋大)

右投右打/187センチ/92キロ

187センチという長身から放たれる最速153キロのストレートは圧巻です。

強気に内角を攻め、スライダーでかわす投球スタイルですね。

オリックス、楽天、ソフトバンクのスカウトが評価しており、なんとメジャーリーグのスカウトからもポテンシャルについてはメジャーでやっていけるようなコメントもあります。

プロ野球界のその先も見えている好投手といえるでしょう。

東妻勇輔(日体大)

右投右打/170センチ/83キロ

小柄ながら最速153キロのストレートを投げ込む。130キロ台のスライダーにスプリットはレベルが高いですね。

3年秋にはリーグ史上16人目となるノーヒットノーランも達成しています。

ロッテ、日ハム、巨人、ソフトバンク、DeNA、オリックスなど多数の球団スカウトが評価しており、特にロッテが中継ぎの即戦力と評価し、ドラフト最有力候補になっていますね。

松本航(日体大)

右投右打/176センチ/85キロ

大学2年春にリーグ戦で6完投勝利を挙げ、MVP、最優秀投手を受賞した投手です。

最速150キロのストレートと5種類の変化球、さらにはコーナーに投げ分けられるコントロールも持ち合わせた高レベルな投球が持ち味ですね。

DeNA、巨人、日ハム、中日、オリックス、ソフトバンク、阪神の7球団のスカウト陣に評価されています。

特にDeNA古田スカウト部長にはドラフト上位候補と言われており、指名が予想されますね。

栗林良史(名城大)

右投右打/177センチ/80キロ

スリークウォータから153キロのストレートを投げ込むパワーのある投手。

中日からは上位指名される投手だと評価されてます。

大学3年の時には、愛知大学リーグで12人目となるノーヒットノーランを達成。変化球は2種類のスライダーとツーシーム、カーブを持っています。

ベストナイン2回(2017年秋まで)、リーグ通算24勝(2017年秋まで)と素晴らしい成績を残しており、ドラフト指名の確率が高い選手ですね。

高橋 優貴(八戸学院大)

左投左打/178センチ/74キロ

東海大菅生出身。奪三振率が非常に高いサウスポーであり、最速152キロのストレートは魅力的です。

フォアボールが少しだけ多い気もしますが、そこを感じさせないほどの威力あるストレートと、スライダーにフォークチェンジアップを巧みに操ります。

現段階ではスカウト陣からの注目度がそこまで高くないようですが、左の速球派は貴重ですのでドラフトの隠し球として指名があるかも知れませんね。

CHECK!高橋優貴(八戸学院大)のドラフト進路先は?各球団の評価もチェック

小島 和哉(早稲田)

左投左打/175センチ/76キロ

柔らかな腕の振りから繰り出されるキレの良いスライダーは一級品。早稲田大学野球部の主将も務めています。

コーナーへのコントロールは安定しており、先発、リリーフ共にこなせる器用さがありますね。

プロでは先発ではなく、左のリリーフとしての戦力補強で指名されるかもしれません。

DeNAからの視察が入っており、ドラフトの期待かかる投手だと評価したそうです。

河端 優馬(青山学院大)

右投左打/186センチ/85キロ

高岡商業時代には、1年秋からエースナンバーを背負っていた投手です。

長身から繰り出される最速149キロのストレートは角度があり素晴らしいですね。

変化球はスライダーとカーブであり、これも角度のある変化で打ちづらいとおもいます。

ヤクルト斎藤スカウト、巨人木佐貫スカウトから評価されており、関東の球団から指名される可能性がありますね。

スポンサーリンク

山本 隆広(関西大)

右投左打/172センチ/77キロ

小柄ながら最速150キロのストレートを投げ込む投手であり、力強いフォームが特徴。

大学2年の秋にMVP、3年の時には近大戦でリーグ史上2人目の完全試合を記録しておりフォアボールも少ない投手です。変化球はスライダーとチェンジアップがあり空振りも取れ、緩急も使えますね。

阪神のスカウト陣からはストレートを高く評価されており、体以上の力があると評価しているんだとか。

佐藤 卓実(九国大)

右投右打/184センチ/82キロ

スタミナは抜群な投手。

過去にはコントロールが悪く監督から思い切って真ん中に投げ込めと言われるほどだったそうですが、成長し克服。佐藤選手は、150キロのストレートとフォークを武器にしています。

スカウト陣からの評価は聞こえてきませんが、これからの活躍次第で上位は難しいですが、育成もしくは下位指名があるかもしれませんね。

鈴木 翔天(富士大)

左投左打/185センチ/80キロ

阪神のスカウト陣からは角度の良い右打者への直球と変化球の質を評価され阪神からの指名が予想される鈴木選手。

フォームも改造したということで、今後の伸びしろに期待されてのことでしょう。阪神の左の先発は不足してるポイントなので、ドラフトまでの結果によっては競合する可能性も十分にあるのではないでしょうか。

ストレートは最速149キロ。スライダー、カーブ、チェンジアップと変化球も多彩で3年秋には完全試合も達成しています。

佐々木 健(富士大)

左投左打/180センチ/84キロ

昨年の体重増加成功により、球速が147キロまであがりドラフト候補に上がってきた投手。

変化球はスライダー、チェンジアップ、、100キロ台の縦に割れるカーブ。縦に割れるカーブはあまり使う選手がいませんのでプロでも有効かとおもいます。

実績は少ないですが、左のリリーフとして戦力になることは間違いありません。

先発もいけますので、左不足の球団から指名があるかもしれませんね。

石井 聖太(中央学院大)

右投右打/179センチ/76キロ

威力のあるストレートを持ち、オリックスのスカウト陣は石井投手のストレートを高く評価。

ストレート待ちの打者にあえてストレートで挑める投手と見られているそうですが、 縦スラ、フォーク、カーブを持ち球とし、テンポよく投げ込んでいくタイプでもあります。

三振を取れる投手ですので、将来的な可能性を買われ指名されるかもしれません。

森田 駿哉(法大)

左投左打/183センチ/79キロ

高校時代、プロから上位指名される可能性もありましたがプロ志望届を出さず法政大に進んだ森田選手。

高校時代でも十分に上位指名されていたという評価もあったそうです。

なのでプロから指名される確率は高いです。

癖の少ないフォームから148キロのストレートとチェンジアップ、カーブ、スライダーを投げわけています。怪我もあり本調子ではありませんが、競争が予想されるドラフト候補の1人ですね。

鈴木 友也(立正大)

右投右打/178センチ/81キロ

スライダー、フォーク、チェンジアップ、スプリット、カーブと落ちるボールを3種類も操る投手です。

最速は147キロで、昨年春には4勝を挙げ最優秀投手を受賞しました。

埼玉県出身ですので、西武ライオンズからの指名があるかもしれませんね。

大学ドラフト候補2018・野手編

>>大学ドラフト候補2018【野手編】<<

まとめ

ここまで、大学ドラフト2018で注目される投手陣について取り上げてみました。

やはり大学生のドラフト候補となると、即戦力の投手が多い印象です。

投手不足の球団にとっては、将来性に賭けて高卒ルーキーを取るよりも、即戦力の大卒を取る方が失敗は少ないですね。

どうしても私たち一般人は、その年の甲子園で活躍した選手に目が行きがちですが、大学生にも注目していって欲しいです。