社会人ドラフト候補2018・野手

社会人ドラフト候補2018!

ということで今回は社会人ドラフト2018注目の野手についてとりあげていきます!

社会人ドラフトと言えば毎年即戦力の選手が各球団に指名されていますね。今年もそんな即戦力の選手たちが数多くいます。

ドラフト1位で競合する選手も出てくるかもしれませんね。

ということで社会人の2018年ドラフト候補・投手編を紹介して行きます!

是非ご覧ください!

スポンサーリンク

柘植世那(ホンダ鈴鹿)

174センチ/78キロ/右投右打/捕手

高校通算32本の強肩強打を誇る選手。二塁到達1.8秒から1.9秒のスローイングは素晴らしく強気のリードも持ち味の1つですね。

高校時代には、1年秋の関東大会で打率7割を超える活躍を見せ、さらには2年夏に5番捕手として甲子園を経験し18打数8安打、8打点の活躍を見せました。

ホンダ鈴鹿では、2年目から正捕手として都市対抗本戦にも出場しており経験値は抜群です。

高校時代には、巨人、中日、広島などセリーグの球団から評価されていましたので今でも調査が入っている可能性は高く、指名が予想されますね。

法兼駿(パナソニック)

174センチ/80キロ/右投左打/二塁手
長打力のある二塁手。

高知高校時代には、1年夏からレギュラーとして活躍し甲子園も経験しています。亜細亜大学時代は3年秋に打率0.471を残し首位打者のタイトルを獲得しました。

パナソニックでは主に3番として活躍し、スポニチ大会で2戦連発のホームランを放っており、京都大会でも2戦連発でホームランを記録しています。

二塁手が弱い球団、特に巨人辺りは二塁手が弱いイメージがありますので指名があるかもしれません。

拝崎諒(JR東日本)

182センチ/78キロ/左投左打/外野手
守備範囲が広い中距離バッター。

横浜高校時代には、春2回、夏1回の甲子園経験があり安打も放っています。3年夏は甲子園を逃しましたが、8打数6安打と結果を残していますね。

関東学院大学では4年秋に首位打者を獲得し更には打点、ホームランも1位で三冠を獲得しています。

JR東日本でも都市対抗予選で打率4割を超える打率を残すなど、非凡な打撃センスを披露していますね。

具体的な球団は挙がっていませんが、若手外野手不足の中日なんかがいいかもしれません。

笹川晃平(東京ガス)

182センチ/86キロ/右投右打/外野手
走攻守三拍子そろった選手。

東洋大学で通算104本もの安打を放っており、2度の首位打者にも輝いています。特に1部リーグでは、通算打率3割以上の成績を残しており好打者の片りんを見せてくれていますね。ホームランも12本と長打力もあり欲しがる球団も多いのではないでしょうか。

東京ガスでは4番を打っておりDeNAのスカウトからはインパクトがさらに強くなったと注目されており、DeNAからの指名が期待される選手です。

久保田昌也(日本新薬)

178センチ/75キロ/右投左打/外野手
50メートル6秒俊足強打の外野手。

國學院大学時代には、センターオーバーの130メートル弾を叩き込むなどパンチ力を持ち合わせています。3年秋4年春にはベストナインにも選ばれ実力を見せていますね。

日本製薬では、1年目から公式戦に出場していますが思うような活躍は見せられていないようです。

しかし高校通算25本、東都通算4本のホームランを放ったパワーは注目すべきであり中日、ロッテ、DeNAがコメントを残していることから指名が予想されています。

堀米潤平(東芝)

164センチ/64キロ/右投左打/遊撃手
守備力の高い小柄な選手。

あこがれる選手は元ロッテ小坂選手であり、小技や守備を重視するスタイルのプレイヤーであり左右にはじき返すバッティングを得意としていますね。

白?大時代にはベストナイン2回、最多盗塁1回、首位打者1回、最高出塁率1回と活躍しました。

守備範囲が広くヒット性のあたりもアウトにするような選手であり、指名されるとしたら小坂選手のようなプレーを千葉で見てみたいので、ロッテがいいかもしれませんね。

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿)

175センチ/85キロ/右投左打/三塁手
大学時代には18本ものホームランを放った長距離バッター。

仙台大学時代に通算120安打を放っておりMVP2回、ベストナイン5回、首位打者3回、最多ホームラン4回などタイトルを総なめにしてきています。

ホンダ鈴鹿では、1年目からレギュラーとして出場しており日本代表としてAWBにも出場し打率0.421を記録しました。

ソフトバンクのスカウトからプロで十分通用するという評価も受けており、指名されれば松田選手の脅威となる選手になるのではないでしょうか。

濱元航輝(日立製作所)

181センチ/78キロ/左投左打/外野手
一塁到達4秒を切る俊足好打の外野手。

大学2年春以降で通算18盗塁、79安打を記録しておりヒットメーカーとしての実力を見せてくれていました。武器の足での内野安打も多くヒットゾーンが広いところも持ち味の1つですね。

日立製作所でも都市対抗でヒットを放つなど活躍しており、プロからの指名が待ち遠しい選手の1人です。

土門愛大(新日鉄住金かずさマジック)

180センチ/88キロ/右投右打/外野手兼一塁手
北海道出身のパワーバッター。

北照高校時代には、1年春からベンチ入りし2年次に春夏連続で甲子園に出場しました。2年秋には北海道大会で15打数9安打打率0.600と結果を残していますね。

かずさマジックではスポニチ大会でホームランを放つなど長打力を披露しています。3年めのオープン戦ではレフトへの場外弾を放つなどしていますのでその豪快な打撃にプロの球団が獲得へ動くかもしれませんね。

スポンサーリンク

松田進(ホンダ)

187センチ/91キロ/右投右打/遊撃手
大学3年春に1シーズン3本のホームランを放った選手。

今年の社会人野球東京大会で17打数9安打を記録し首位打者を初受賞した23歳は、プロへの欲を前面に見せつけています。中大時代には、2年3年次に2回のベストナインに選出されるなどし通算では5本のホームランも放っています。

ソフトバンクのスカウトから大学時代にドラフト候補だと言われていましたので、プロへの道はあともう少しでしょうね。

石川裕也(東京ガス)

178センチ/75キロ/右投右打/遊撃手
大学4年の春秋にMVPを受賞した選手。

日大国際時代に、1シーズンで20本ものヒットを放つヒットメーカーだった選手であり3塁打も11本はなっており走塁の上手さもうかがえますね。

社会人になってからもベーブルース杯で首位打者を獲得するなどバッティングセンスは健在です。

大学時代巨人、阪神などプロ4球団が視察に訪れたこともありましたがその時は志望届未提出でしたのでプロには行きませんでしたが注目されていることは確かでしょう。

龍幸之介(三菱パワーシステムズ)

180センチ/90キロ/右投左打/外野手
都市対抗で1試合2本のホームランを放った選手。

白?大ではリーグ通算6本のホームランとベストナイン3回首位打者1回を受賞しており実績は十分です。

社会人野球へ進んでもその打棒は衰えることなく、昨年の都市対抗では打率0.364、ホームラン2本と全国の舞台で活躍できることも証明しました。

若いレギュラークラスの外野手の少ない中日辺りがいいかもしれませんね。

稲垣翔太(ホンダ熊本)

176センチ/73キロ/右投左打/遊撃手
俊足好打堅守の好選手。

高校卒業後すぐに社会人野球へと進み、今年で7年目。選手権と都市対抗の出場経験は豊富ですね。昨年の都市対抗では0.375と高い打率を残しており全国の舞台でも躍動しています。

50メートル5.8秒の俊足に加え遠投110メートルの強肩でありショートの深い位置からでも申し分のない送球ができます。

ドラフトでは阪神の鳥谷選手が高齢化していますので、阪神からの指名があるかもしれません。

北川利生(日本通運)

178センチ/85キロ/右投右打/三塁手外野手
強肩強打の社会人3年目の選手。

昨年の都市対抗では0.350の高打率の活躍で久慈賞を受賞しました。大学時代には5回の打点王に輝くなどチャンスに強い打撃を見せてくれていました。

創価大の監督からは小谷野栄一以上の逸材だと称されプロからの注目も熱かったようですね。

CHECK!北川利生(日本通運)のドラフト進路や評価は?出身中学に大阪桐蔭時代も

牛島将太(JR九州)

180センチ/83キロ/右投右打/捕手
遠投110メートル、二塁送球1.8秒の高レベルな捕手。

六大学リーグ通算7本のホームランを放った打てる捕手ですね。大学4年の春にシーズン5本のホームランを放ちその年は飛躍の年となりました。早稲田の小島投手からもホームランを記録しているようです。

日ハムのスカウトからは、打てる捕手は魅力だと言われていますので大野選手が抜けた今ドラフトでお呼びがかかるかもしれませんね。

社会人ドラフト候補2018・投手編

>>社会人ドラフト候補2018・【投手編】<<

まとめ

ここまで社会人ドラフト2018で注目される野手についてまとめてみました!

社会人野手だと求められることも多く、指名数は投手よりも格段に少ないので各選手1試合1試合を大切にし各球団へアピールしドラフト指名されて欲しいですね。

今回紹介した選手のドラフト進路から目が離せません!