社会人ドラフト候補2018・投手

社会人ドラフト候補2018!

ということで今回は社会人ドラフト2018注目の投手についてとりあげていきます!

社会人ドラフトと言えば毎年即戦力の選手が各球団に指名されていますね。今年もそんな即戦力の選手たちが数多くいます。

ということで社会人のドラフト候補2018・投手を紹介して行きます!

是非ご覧ください!

スポンサーリンク

生田目翼(日本通運)

右投右打/176センチ/84キロ
茨城県常陸大宮市出身の最速155キロの本格右腕。

高校時代には甲子園経験はありませんが、流通経済大学では1年春からベンチ入りし、2年春から主戦で活躍しました。

4年間でリーグ通算17勝を挙げ完封は7つも挙げています。防御率も2点台前半と安定していましたね。

常時140キロ中盤から150キロのストレートと縦スライダー、カットボール、フォーク100キロ台のカーブを持っており、レベルの高い投球をします。

大学時代から多数の球団スカウトに評価されており、最近では日ハムのスカウトがストレートに力があると評価していますね。

平良成(沖縄電力)

右投右打/173センチ/80キロ

独立リーグ高知ファイティングドックスでも活躍した最速154キロ投手。

独立リーグでは主に中継ぎとして登板しており、3年目には13セーブ、防御率1.72と好成績を残しています。

投球スタイルはセットポジションからであり、変化球はカーブとチェンジアップのみ。高校時代は捕手でしたが、大学3年次に投手へコンバートしました。投手としての経験が少ない分伸びしろはまだまだある選手なのではないでしょうか。

中継ぎ不足に喘ぐ千葉ロッテあたりの指名があるかもしれませんね。

弓削隼人(SUBARU)

左投左打/192センチ/94キロ/
栃木県佐野市出身で中学時代には佐野シニアでエースとして活躍した投手

高校時代には、3年春県予選で作新学院相手に10回まで1失点に抑える好投を見せています。

ちなみに甲子園出場経験は無く、県大会ベスト4が最高成績ですね。大学時代には主にリリーフとして登板することが多く、19試合で4勝0敗、48.2回防御率2点台中盤と安定したピッチングをしていました。

スリークウォーター気味のフォームで、肘を柔らかく使った腕の振りから投げ込む最速147キロのストレートと130キロ前後のスライダー、130キロ前後のフォーク100キロ台のカーブもあり幅の広い投球ができます。

スカウトからの評価は今のところ見つかりませんでしたが、長身の左投手は珍しいタイプですので左投手不足の西武阪神楽天辺りが指名に動くかもしれませんね。

吉田雅貴(新日鉄住金鹿島)

右投左打/176センチ/77キロ
最速151キロ、スライダーとカットボールを操る投手。

函館大学1年秋に5勝を挙げ、防御率0.00と素晴らしい成績を残しました。またリーグ戦でノーヒットノーランも達成しています。4年間の通算成績は15勝6敗173回防御率0.99と抜群の安定感を見せていますね。

小さめのテイクバックから球持ちの良いフォームで繰り出される伸びのあるストレートは一級品です。フィールディングも上手く投手としての能力は高い選手ですね。

大学時代には5球団から調査書が届いて言いましたが、指名漏れしてしまった悔しさもあると思うので社会人野球で名を挙げNPBに殴り込んで欲しいです。

斎藤友貴哉(Honda)

右投左打/184センチ/91キロ
都市対抗にて152キロを記録した速球派の右腕。

大学4年春から登板数が増え、4完投勝利中3完封と圧巻のピッチングを見せMVPを受賞しました。社会人になるとスポニチ大会鷲宮戦で初登板を果たし、ここでも4安打完封勝利を収めていますね。

肘を柔らかく使ったスリークウォーターの腕の振りから常時140キロ後半、最速153キロのストレートを投げ込みます。

スライダーと130キロ台のスプリットもありますが緩急を付けられる球が無いので、覚えられれば更に打てない投手になりますね。

広島のスカウトには、今後も見ていきたい選手であると評価されていますので指名があるかもしれません。

永谷暢章(JR東日本)

右投右打/188センチ/90キロ
U23ワールドカップ日本代表選手。

履正社高校出身であり1年夏から背番号18番でベンチ入りしていました。高校2年の選抜時はリリーフとして活躍し、準優勝に大きく貢献しましたね。当初は高卒プロを目指していましたが夏前に方針転換し、プロ志望届を提出せずに社会人野球への道へ進みました。

最速149キロのストレートにスライダー、フォーク、ツーシームを持っておりストレート主体の強気なピッチングが持ち味なのだとか。

セリーグ関西地区スカウトは高校時代にドラフト上位指名候補であったと語っていたなど昔から期待値が高かったようです。中日辺りが注目していたようなので指名があるかもしれませんね。

田中宏章(三菱日立パワーシステムズ)

右投右打/179センチ/68キロ
国立大卒の国立の星最速148キロ右腕。

3年夏には控え選手で甲子園経験もありませんでしたが大学時代に多くの登板機会に恵まれ大きく成長しました。大学通算で41試合に登板し、20勝以上を挙げ負けはわずかに4つ。230回を投げ防御率は0.94と素晴らしい数字を残していますね。

110キロ前後のカーブとスライダー、130キロ前後のスプリットとそれより10キロ遅いパームを操る変化球多彩な投手ですね。ストレートは最速148キロですが常時140キロ前後と少し物足りなさも感じます。

関西地方の選手なのでオリックス、阪神辺りがいいかと思います、個人的にはオリックス金子投手から学んで欲しいのでオリックスがいいですね。

勝野昌慶(三菱重工名古屋)

高卒3年目の速球派投手。

三菱重工名古屋では高卒1年目から公式戦に出場しており、侍ジャパンにも選出されています。先発・リリーフどちらもこなせる万能な投手であり先発を任されたオーストラリア戦では4回シャットアウト。自己最速更新となる147キロを記録しました。

アジアウィンターリーグベースボールリーグでは、夏の都市対抗での怪我を乗り越え150キロをマークするなど更なる成長をうかがわせています。

力のあるストレートと、スライダー、カーブ、フォークを操る右の本格派投手であり巨人、中日のスカウトから注目されており、特に中日中原スカウトからは上位候補だと期待されていますね。

スポンサーリンク

波多野陽介(ヤマハ)

右投右打/180センチ/84キロ
最速152キロ、ダイナミックなフォームが特徴の投手。

高校時代には日本文理高校で活躍し、甲子園のマウンドを踏んでいます。東北福祉大学では27試合に登板し9勝3敗防御率0.77と失点の少ないピッチングをしていました。

ストレートで押す投球スタイルで、それにスライダーを織り交ぜて投球を組み立てています。さらにはフォークと加えて新たにカーブを習得し投球に幅が出てきていますね。

指名されるとしたら主力が抜け、中継ぎ先発と不安の残る日ハムなんかがいいしょう。

平尾圭太(Honda鈴鹿)

左投左打/188センチ/87キロ
都市対抗で好ピッチングを見せるなどレベルの高い投手。

大阪桐蔭時代には藤浪晋太郎と同級生で甲子園優勝も経験していますが、腎疾患もあり目立った成績は残せていません。大学では4年の秋に4勝、防御率1.38と好成績を残しベストナインに選出されました。

社会人ではルーキーイヤーから主戦として活躍し都市対抗で2試合14回無失点の素晴らしいピッチングでチームを牽引。国際大会でも日本代表に選ばれるなど活躍しています。

阪神がドラフト候補としてリストアップしているようで、左腕で体格もよく学生時代よりも球速が上がっていて成長しているし実績を残せば上位候補になるという話もあるので再び藤浪選手とチームメイトになる日が来るかもしれませんね。

富山凌雅(トヨタ自動車)

左投左打/178センチ/82キロ
内角を強気に攻める三振の取れる投手。

九州国際大付属高校時代には甲子園で作新学院を完封するなど活躍しました。高校卒業後にトヨタ自動車に進み2年目の秋に選手権2回戦に登板し6回途中降板でしたが2失点と好投しました。

NTT東日本戦でも8回無失点で11奪三振と社会人でも結果を残しています。

ソフトバンクのスカウトからは来年のドラフト候補と言われていますので、指名があるかもしれません。

堀誠(NTT東日本)

右投右打/186センチ/75キロ
長身細身の球持ちがいい腕の振りが特徴の投手。

立正大学時代には、現オリックス黒木選手に次ぐ先発として活躍しました。

145キロのストレートと多彩な変化球で相手を翻弄します。スライダー、カーブ、シンカー、チェンジアップと全方向に投げられる器用さに加え、コントロールも良いレベルの高い投手ですね。

ソフトバンクのスカウトがあいさつに訪れるなど、ドラフト指名が非常に高い選手です。

鈴木健矢(JX-ENEOS)

右投左打/177センチ/75キロ
最速145キロのサイドハンド投手。

社会人では主にリリーフとして登板し、1年目から13試合(2先発)に登板しました。27回で32奪三振防御率2.60と安定したピッチングでチームに貢献していました。

国際大会でも日本代表としてBFAアジア選手権に出場し防御率1.80で2勝を挙げる活躍を見せましたね。

スライダーとシンカーのコンビネーションは素晴らしく、内角を強気に攻めるピッチングが持ち味です。

日ハムのスカウトや、その他プロのスカウト陣も注目しないといけないと語るなど指名が予想される選手ですね。

坂本光士郎(新日鉄住金広畑)

左投左打/180センチ/72キロ
スリークウォーターから放たれる最速148キロのストレートが武器の投手。

高校時代には120キロしか球速がありませんでしたが、日本文理大学入学後に大幅に成長し球速を伸ばしました。社会人では1年目から主戦として登板し都市対抗予選でも4戦全部に登板するなど大車輪の活躍を見せていますね。

左の変則投手ということで各球団中継ぎとして欲しがるのではないでしょうか。

岡野祐一郎(東芝)

右投右打/180センチ/84キロ

総合力の高いプロ注目の投手。

社会人では、1年目から公式戦で活躍。JX-ENEOS戦では完封勝利を挙げており9年連続の都市対抗出場に貢献しています。変化球はスライダー、カットボール、ツーシーム、フォークと多彩でありコントロールも抜群。AWBでは28回で38個もの三振を奪うなど空振りも取れる投手ですね。

ヤクルトのスカウトは変化球が多彩で即戦力、楽天のスカウトも安心感のある投手だと絶賛しています。

社会人ドラフト候補2018・野手編

>>社会人ドラフト候補2018・【野手編】<<

まとめ

以上、社会人ドラフト2018の注目の投手をとりあげてみました。

社会人ともなると即戦力としての期待値が高くなりますので指名も狭き門かと思いますが、良い選手も沢山いますので各選手要チェックですね。

即戦力の投手はどこの球団もほしいはずなので、今回紹介した社会人注目の投手のドラフト進路を楽しみにしています!