プロ野球新人王予想2018

プロ野球新人王予想2018!

2018年シーズンも各チームある程度戦力が見えてきており、好スタートを切るチームもあれば怪我人が多いチームなど戦力差が出てきましたよね。

そんな中、2017年ドラフトで入団した新人選手達もプロ野球といった環境に慣れ始め、開幕スタメンやローテーションで活躍する選手もいれば新人記録を樹立する選手もいて、一方でデビューに向けて二軍で体を作っている選手もいます。

そして、新人選手といえば、プロ入り最初の目標となる「新人王」獲得といった大きな賞がありますね。

今回は2018年新人王を獲得するのであろう選手を調べ、新人王候補選手をセ・リーグ4選手、パ・リーグ4選手、合計8選手を取り上げてみました。

是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

プロ野球2018の新人王候補【セ・リーグ】

2017年のセ・リーグ新人王は中日ドラゴンズの京田陽太選手。

1番遊撃として球団新人記録の149安打を放つなど活躍し、二桁勝利を挙げたDeNA濱口を突き放しました。

2018シーズンも各球団新人選手が活躍していますが、そんなセ・リーグの新人王候補をピックアップします!

東克樹

東克樹

2017年ドラフト1位でDeNAに入団した東克樹投手。

最速152キロの速球が武器で、大学時代に二度ノーヒットノーランを達成した左腕です。

春季キャンプから誰よりも早くブルペン入りするなどアピールしましたよね。

4月の二度目の先発で巨人からプロ初勝利を挙げると、5月には阪神相手に完封するなどローテーションの一角として大活躍しています。

2017年の濱口遥大以上の活躍で新人王争いを抜け出したいですね。

吉川尚輝

吉川尚輝・新人王

2016年ドラフト1位で巨人入団の大卒内野手、吉川尚輝選手。
2017年はわずか5試合出場で12打席ですから2018年新人王資格を有しています。

ここ数年、セカンドが固定できていなかった巨人ですが
スピードを駆使した広い守備範囲を武器にレギュラーの座を勝ち取りました。

ここまで全試合でセカンドでスタメン出場していますが、打撃ではまだまだアピール不足。
打率が伸びてくれば新人王にも近づくでしょう。

鈴木博志

鈴木博志・新人王

2017年ドラフト1位の中日、鈴木博志投手。
150キロ超の力強いストレートが自慢で、181センチ95キロという大きな体の持ち主です。

新人ながら中日のセットアッパーを任され、主に7回のマウンドで相手打者を圧倒しています。

リリーフ投手では勝敗もあまりつかずに新人王受賞は難しいかもしれませんが、2009年にパ・リーグの新人王を獲得した攝津正投手は70試合に登板しましたから、それだけシーズン通して活躍できればタイトルも見えてくるでしょう。

高橋遥人

高橋遥人・新人王

2017年ドラフト1位で阪神に入団した高橋遥人投手。

しなやかな腕の振りから最速151キロのストレートと縦のスライダーが持ち味の左腕です。

4月の広島戦でデビューすると、初先発初勝利を挙げました。
阪神の新人左腕が甲子園で初先発初勝利というのは史上初めての快挙だそうですね。

まだまだ荒削りな部分もありますが、これから楽しみな存在ですね。

2018年セ・リーグの新人王を予想!

2018年セ・リーグ新人王候補の選手4人を紹介してきました。

それでは、どの選手が実際に新人王を獲得するでしょうか?

やはり、今のところDeNAの東克樹投手が最有力と予想されますね。

現時点ではまだ何とも言えませんが、防御率も1点台と非常に安定していますし、奪三振率も高く前評判通りの活躍が出来ているかと思います。

しかし、ここまで全試合スタメンの巨人・吉川尚輝選手や、勝利の方程式の中日・鈴木博志投手にもまだまだ可能性はありますし、2018年セ・リーグ新人王争いから目が離せませんね!

スポンサーリンク

プロ野球2018の新人王候補【パ・リーグ】

一方、2017年パ・リーグ新人王は西武の源田壮亮選手。

チームにとって36年ぶりの遊撃手新人開幕スタメンに名乗りを挙げると、遊撃手の新人としては史上初のフルイニング出場を果たしました。

続いては2018年パ・リーグの新人王候補を紹介します!

田嶋大樹

田嶋大樹・新人王

2017年オリックスのドラフト1位、田嶋大樹投手。

社会人ナンバーワン左腕はプロ初登板で2017日本一のソフトバンク相手に5回1失点の好投でプロ初勝利を挙げると、ここまで新人投手トップでチームトップの5勝をマークしています。

ルーキーながら冷静な投球で相手打者をかわし、チームの中心投手としての活躍を見せています。

パ・リーグの新人王大本命といっても過言ではないでしょう。

藤岡裕大

藤岡裕大・新人王

2017年ドラフト2位でロッテに入団した藤岡裕大選手。
広角に打ち分ける打撃と強肩が武器で、2番遊撃手で開幕スタメンを勝ち取りました。

トヨタ自動車出身の藤岡選手は2017年パ・リーグ新人王の源田壮亮の後輩にあたります。

ここまでの活躍ぶりは源田選手に匹敵していますし、先輩に負けじとシーズンを通して結果を残し新人王争いに名乗りを挙げたいですね。

池田隆英

池田隆英・新人王

2016年ドラフト2位で楽天に入団した池田隆英投手。

2016年ドラフト1位でソフトバンクに入団した田中正義とともに創価大学出身の右腕でストレートと変化球のコンビネーションで打ち取ります。

2017シーズンは怪我もあって一軍登板はありませんでしたが、2年目の今季は4月にプロ初勝利を挙げると先発ローテーションに加わりました。

ただ、負けが先行していることから、これから巻き返していきたいですね。

清宮幸太郎

清宮幸太郎・新人王

2017年ドラフトで7球団競合の末、日本ハムに入団した清宮幸太郎選手。

高校通算111本塁打を記録した大型新人はキャンプから注目され続けましたが、
オープン戦では絶不調。おまけに怪我等もあり開幕一軍とはなりませんでした。

しかし、5月2日にプロ初スタメン初打席でフェンス直撃の二塁打を放つと、そこから7試合連続安打で、新人記録を更新しました。

その後不調が続き再び二軍落ちしましたが、再び一軍の舞台で活躍し新人王争いに加わっていきたいですね。

2018年パ・リーグの新人王を予想!

というわけでパ・リーグの新人王候補4人を紹介してきましたが、果たして2018年新人王に輝くのは誰なのでしょうか?

ここまでの成績などから最有力候補はオリックスの田嶋大樹投手と予想されますね。

5月末時点で5勝をマークしていますから、
このまま勝ち星を積み重ねていけば当然二桁には到達するでしょう。

田嶋投手自身は二桁勝利で新人王と入団時に目標を語っていましたが、二桁勝利はおろか、さらに積み上げていけるのではないでしょうか?

ただ、ロッテの藤岡裕大選手も源田先輩に負けじと新人王のタイトルへ向け猛追したいところです。

そして後半戦での清宮幸太郎の奮闘にも注目していきましょう!

まとめ

ここまで、セ・リーグとパ・リーグ両リーグの2018年新人王候補をピックアップし予想してきましたがいかがでしたか?

セ・リーグではDeNAの東克樹、パ・リーグはオリックスの田嶋大樹と両リーグとも遊撃手が受賞した2017年とは違い、両左腕が最有力候補と予想されています。

まだまだ何が起こるかわからないですし、ここでピックアップしていなかった選手が急浮上する可能性もありますから。

セ・リーグとパ・リーグ、それぞれどの選手が2018シーズンの新人王に輝くのか?

最後まで目が離せませんね!