プロ野球ベストナイン予想2018・セリーグ

プロ野球ベストナイン予想2018!

ということで今回は2018年のセ・リーグのベストナインを予想してみました!

広島のリーグ3連覇で幕を閉じたセ・リーグのペナントレース。

広島は一度も首位を明け渡すことなく、総合力の強さを見せつけ優勝しましたね。

そんな広島のメンバーがベストナインも独占するのか?

はたまたベストナイン常連の有力選手たちが阻止するのか?

注目です!

スポンサーリンク

投手・菅野智之(巨人)

投手はやはりこの人でしょう!

2017年に自身初の沢村賞を獲得した巨人のエース、菅野智之。

2018年は上位争いをする広島やヤクルトにはやや手こずる場面もありましたが、それでも防御率は3年連続でリーグトップという抜群の安定感。

15勝で独走状態の広島・大瀬良大地に追いつき最多勝を分け合うなど後半戦の巻き返しがすごかったですよね!

なんといっても8完封は圧巻でした。

そのうち6完封、10勝を東京ドームで挙げていますから多くのファンが彼の投球に引き込まれたでしょう。

奪三振200も圧巻です!

大瀬良投手も候補ではありますが、すべての成績が上回っている菅野投手が2年連続3度目のベストナインに選ばれるでしょう。

捕手・會澤翼(広島)

思い切りの良い打撃が魅力の捕手、広島の會澤翼。

新選手会長としてリーグ3連覇へ熱い想いを燃やす2018年は前年と同じ106試合の出場に終わりましたが、打率.305、13本塁打、42打点と捕手としてはかなりの好成績を残しましたね。

失策数が増えたことや得点圏打率が下がったとうマイナス要素もありますが、リーグ3連覇に大きく貢献したこともあり2年連続のベストナイン選出は確実でしょう!

一塁手・ビシエド(中日)

鋭いスイングでアーチを量産する中日の助っ人、ビシエド。

2017年は死球による骨折の影響で長期離脱するなど、物足りないシーズンでしたが3年目の2018年は大暴れ。

6月終了時点では打率3割に満たないレベルでしたが、7月に月間打率.378と当たりが出ると、8月にはセ・リーグ記録を塗り替える月間47安打を放ち打率も.475と連日ヒットを積み重ねました。

巨人の坂本勇人との争いに競り勝ち打率.348で自身初の首位打者と最多安打を獲得した助っ人が同じく自身初のベストナインの吉報を待ちます。

二塁手・山田哲人(ヤクルト)

前人未到の2年連続のトリプルスリー、3割30本塁打30盗塁を成し遂げた走攻守三拍子揃ったヤクルトの山田哲人。

3年連続を目指した2017年は打率.247と大不振で記録達成とはなりませんでした。

再びトリプルスリーを目指した2018年は開幕直後こそ触れてなかったものの、徐々にペースを上げて8月に30本塁打に乗せると、9月入ってすぐに30盗塁目を決めます。

打率も悠に3割を超え、打率.315、34本塁打、33盗塁で史上初3度目のトリプルスリーを達成しました。

メジャー挑戦も噂されますが、日本球界でも多くの記録を打ち立てそうなだけに残って欲しい存在ですよね。

三塁手・宮崎敏郎(DeNA)

卓越したバットコントロールで2017年にブレイクしたDeNAのヒットメーカー宮崎敏郎。

2年連続の首位打者を目指す2018年も序盤から打率3割以上をキープするなど巧打ぶりが健在。

さらに前年15本だった本塁打も28まで伸ばすなど長打力も光りましたね。

筒香嘉智、ロペスとのクリーンアップは2018年も破壊力抜群でしたね。

打率も.318をマークしてますし当然、2年連続のベストナインに選ばれるはずです。

遊撃手・坂本勇人(巨人)

日本球界の顔で巨人のチームリーダーとして引っ張る坂本勇人。

2017年は好不調の波が大きかったものの、右打者史上最年少で通算1500安打を達成するなど2000本安打へ着々と歩みを進めます。

2018年は切り込み隊長としてチームに勢いをもたらすと、巨人はBクラスを抜け出し3位死守に成功しました。

坂本自身もキャリアハイの打率.345をマークするなど1番打者としての役割を全うしましたね。

4度目のベストナインをぐっと引き寄せています。

外野手・バレンティン(ヤクルト)

シーズン60本塁打のNPB記録を持つ飛ばし屋、ヤクルトの助っ人・バレンティン。

2018年は5年ぶりの本塁打王奪還に燃える主砲は序盤から本塁打を量産。

しかし、9月にペースが落ち、DeNAのソト、広島の丸佳浩らに抜かれ3位タイの38本塁打でした。

それでも得点圏打率3割超えと勝負強さを発揮し、打点はリーグダントツで2位に30以上差をつける131打点。

自身初の打点王のタイトルも獲得しました。

流れ的にはベストナインは濃厚レベルでしょう

外野手・丸佳浩(広島)

走攻守すべて揃った2017年リーグMVPの広島・丸佳浩。

2018年も不動の3番センターとして出場し続けましたが、4月下旬の試合中に負傷し連続フルイニング出場が700で途絶えました。

それでもすぐさま復帰し、変わらぬ活躍を見せると打率は2年連続で3割台に乗せ、39本塁打、97打点は自身最高の数字となりました。

ベストナインはおろか、2年連続でのセ・リーグMVP獲得が囁かれる存在です!

外野手・鈴木誠也(広島)

強肩をいかした外野守備と豪快なミラクル一打でブレイクした広島の神ってる男、鈴木誠也。

2年連続でゴールデングラブ、ベストナインを受賞している若武者はフル出場を目指した2018年も怪我と隣り合わせでした。

一度も抹消されることはありませんでしたが、自打球など軽微な負傷が多くスタメンから外れる場面も多々ありましたね。

それでも124試合に出場し、自己最多の30本塁打を放つなど右の和製大砲として存在感を発揮しました。

2018年のセ・リーグはDeNA・筒香嘉智やヤクルトの青木宣親、中日の平田良介など好成績を残した外野手が多いですが、彼らを差し置いて3年連続となるでしょうか?

まとめ

というわけで、2018年プロ野球ベストナインを予想!

セ・リーグ編をお送りしました。

2018年のセ・リーグは規定打席到達者のうち15人が打率3割以上。

パ・リーグはたったの5人ですから、セ・リーグ野手の争いの激しさが伺えますよね。

特に外野手部門では中日の平田良介、アルモンテ、ヤクルトの青木宣親、雄平、広島の丸佳浩、鈴木誠也、松山竜平、阪神の糸井嘉男など多くの選手が3割以上の打率を残していますから外野手部門3人がどの選手になるのかは見所ですね!

プロ野球ベストナイン予想2018【パ・リーグ編】

プロ野球ベストナイン予想2018【パ・リーグ編】