プロ野球2018FA予想

プロ野球FA予想2018!

ということで、今回は2018シーズンにFA権を取得するであろう注目選手について紹介していきます。

シーズンオフには恒例の話題となるのが有名選手のFA移籍。

2017シーズンもFAで注目される選手もいますが、今回は一足先に2018シーズンにFA権を取得する選手についてまとめていきます。

果たしてどのような有名選手がFA権を取得するのでしょうか!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

柳田悠岐・ソフトバンク

2018年オフFA市場で1番の目玉になるであろう柳田選手。

そんな柳田選手は2017シーズンまでに実働6年間一軍でプレーしていて大卒の柳田選手は2018シーズンに大きな怪我をしなければ国内FA権を取得するということになります。

本人が広島ファンで移籍の可能性があるという噂がありますが、広島はFA選手には原則手を挙げることは少ないですし、日本一の資金力を誇るソフトバンクの主力という時点で移籍の可能性はかなり低いと予想されますね。

ただ、行使して広島獲得に動き出したら話題性については物凄いことになりそうです。

CHECK!柳田悠岐は2018年にFA取得でカープに移籍?巨人の可能性は?

中田賢一・ソフトバンク

中日からFA移籍をしてきて4シーズン一軍の期間が経過して海外を含むFA権を再取得予定の中田投手。

こちらも柳田選手と同じく、ソフトバンクが2018シーズンの成績を考慮して要らないと判断しない限り流出はまず無いでしょう。

地元のホークスで野球人生を終えたいと思っているはず。

丸佳浩・広島

柳田選手に続いての目玉となりそうな丸選手。

入団2年目から一軍での出場が続き、高卒選手で9年目を迎える丸選手は1年目での一軍にいた期間も考慮して2018シーズンでの早い時期での国内FA権の取得が見込まれます。

広島の主力として活躍していてファンからの人気もある丸選手ですが、広島という球団の性質上どうしても資金力が他の球団に劣るため、過去にもチーム愛を語っていた主力が移籍してしまうという事態が多く起こっています。

FA権を行使してマネーゲームになれば広島に残留する可能性が低いので広島側が丸選手と長期契約を2017シーズンオフに結べるかが争点となりそうです。

CHECK!丸佳浩はFAで巨人かロッテ?他球団の移籍の噂と予想についても

上本博紀・阪神

阪神のセカンドレギュラーの上本選手は2018シーズンの遅い時期にFA権取得予定です。

年齢と成績を考慮してFAしたとしても阪神より好条件で手を挙げる球団が出るとは考えにくいですね。

2017年がもっとも活躍したシーズンでもありますので、2018年も同じ活躍であれば阪神は手放さないでしょうね。

2018シーズンの活躍次第での移籍の可能性も出てきます。

鳥谷敬・阪神

2014年にFA権を行使しているため2018シーズンフルで一軍登録されると再取得可能な鳥谷選手。

2014年のオフにメジャー移籍が濃厚とされながらも生涯阪神宣言していますし、複数年契約中ですのでFA宣言は無いでしょう。

2017シーズンに見事復活しましたし、体もまだまだ動くのが見ててわかるので個人的には遊撃手としてのプレーを見てみたいですね。

2014年から5年契約を結んでいますが、契約が終わってからも複数年契約される可能性も高いかなと思います。

能見篤史・阪神

鳥谷選手と同じく2014年にFA権を行使しているので2018シーズンオフに再取得が見込まれる能見投手。

2017シーズンオフが複数年契約の最終年ですので、単年契約を結んだ場合流出の可能性があります。

近年の能見投手は負け数がどうしても先行してしまい、若手投手が伸びてきてるだけにローテーション候補ではありますが、2018シーズンの成績と起用法次第ではFA行使するかもしれませんね。

澤村拓一・巨人

2017シーズンは不調と故障に悩まされた澤村投手ですが2018シーズンに復活すればFA権を取得となります。

資金力のある巨人ですから、球団が不要と判断しない限り流出の可能性は低いでしょう。

施術ミスなどで、コンディションが上がらないとった不運もありましたので、球団側もストッパーとしての期待はまだまだ高いはず。

色々きついことイワれますが、どんな強力なストッパー補強をしたとしても、巨人にとっては澤村投手は必要かなと。

CHECK!澤村拓一の現在2017や復帰時期は?イップスなの?離婚は2回って噂も 

西勇輝・オリックス

入団1年目から活躍する西投手も2018シーズンにフルで一軍で活躍をすればFA権取得となります。

安定して計算の出来る投手なので、FA権を行使するとなると複数球団での争奪戦になるのは間違いありません。

2018年もオリックスが低迷となれば宣言はあるかもしれませんね。

浅村栄斗・西武

ブレイクが最近のように感じますが、一軍登録日数的には2018年にFA権を取得する見込みの浅村選手。

強打の二塁手は球界全体で不足していて、FA宣言したとしたら激しい争奪戦になることが予想されます。

ネットの噂では阪神が挙がっていますが、金本監督の方針のまま若手育成となれば獲得は希望しないでしょうね。

CHECK!浅村栄斗はFAで阪神?移籍先は?神代有子との関係や彼女と結婚の噂も

清田育宏・ロッテ

ルーキーから活躍見せてきた清田選手

2017シーズンこそ不調に悩まされましたが、2018シーズン中にFA権を取得する予定です。

本来の調子を取り戻せば、必要とする球団が現れるでしょう。

スポンサーリンク

角中勝也・ロッテ

独立リーグ出身選手で初の首位打者を獲得し、球界でも屈指の巧打力を誇る角中選手。

順調に2018シーズンを過ごすことが出来るとFA権取得となります。

引退したサブロー選手の背番号3を引き継ぐなど、生涯ロッテでいる可能性が高いとされる角中選手ですが移籍するかどうかの真相を知るのは本人だけとなっています。

CHECK!角中勝也はFA行使する?移籍先の球団は?嫁と子供についても!

荻野貴司・ロッテ

入団1年目から脚を武器に活躍してきた荻野選手は、一軍登録日数によってはFA権取得となります。

しかし、怪我の多い選手ですので取得タイミングの予想が難しいです。

宣言したとしても、打撃の劇的な改善が無い限りは移籍は難しいのかなと。

浅尾拓也・中日

故障者特例措置や怪我の状態の予想が難しいですが、2018シーズンにFA権取得可能性のある浅尾投手。

故障しながらも功労者として丁寧に浅尾投手を起用している中日ですので、流出の可能性はほぼ無いといえます。

いろんな意見がありますが、中日に彼の存在はまだまだ大きいといえるでしょう。

CHECK!浅尾拓也の現在は?戦力外で引退決定?嫁と子供に年俸についても 

田中賢介・日本ハム

2015年にメジャー挑戦から日本球界に復帰し、メジャー挑戦時に海外FA権を行使したため復帰4年目となる2018年に再度FA権を取得する田中選手。

実績も十分ですし戦力となる選手ですが、本人が古巣を選んで日本ハムに復帰したことから、宣言することは考えにくい状況です。

ユニホームを脱ぐまで古巣愛を貫くのは濃厚かなと思われます。

まとめ

以上、2018シーズンにFA取得するであろう注目選手についてまとめてみました!

2018年も多くの有名選手がFA権を取得するようですが、補償を考慮するとこの中からFA移籍をするのは数人となってしまうのがここ数年の傾向となっています。

一番の注目はソフトバンクの柳田悠岐選手ですが、FA補強をしない広島カープが獲得に動き出したらプロ野球の歴史に残るくらいの話題になりますね。

契約更改次第で2018年のFA移籍を予想する際の重要な要素となるでしょう!

今回紹介した選手が2018シーズン中にFA権を取得して行使するのか?

動向に注目していきたいですね!