プロ野球2017・FA
2017年プロ野球!

セ・リーグもパ・リーグもシーズンオフになると話題になるのが、

FAです。

2016シーズンの大型FAでいうと、西武から楽天にFA移籍した岸投手に、オリックスから阪神にFA移籍した糸井選手。

そして巨人についてはFA史上初となる、同年に3人(山口俊・陽岱鋼・森福允彦)のFA補強したことが話題なりましたね

そして、2017年は大物選手もFA取得できる選手が何人もいるので、ストーブリーグが熱くなることが予想されます!

残留か、それともFA行使して移籍か、注目されますね。

そんなわけで、2017年FA取得するであろう注目選手についてまとめてみました。

2017年のFA市場をチェック!

スポンサーリンク

中田翔・日本ハム

中田翔・FA
中田翔選手といえば、侍ジャパンの常連選手となり、ここ数年ですっかり日本を代表する選手に成長しましたね!

今年のWBCでは4番の座を筒香選手に譲りましたが、今のプロ野球に貴重と言われる右の長距離砲ですので、FA宣言となれば争奪戦となることは間違いありませんね。

残留の可能性ですが、これは五分五分といったところでしょうか。

日本ハムは伝統的に戦力の活性化を図るチームです。

ここ数年でも糸井選手、陽岱鋼選手など、次々と手放してきました。

これにはチームの方針が関わっているようですね。

年俸が天井知らずに上がることをよしとはせず、チーム内の決められた予算の中で、やりくりをする方針ということ。

FAの権利をもらえる年齢の選手というのは1軍のレギュラー、また実力も水準以上である一方で、年俸も高額、また年齢的な問題でこれ以上大きく成長しない選手が多いです。

こういった選手を日本ハムは積極的に放出します。

当時オリックスにトレードされた糸井選手、ジャイアンツにFA移籍した陽岱鋼選手が代表的ですね。

それでも次から次へと若い選手が育てることができているので、日本ハムの育成システムは素晴らしいですよね。

しかし、中田翔はチームの4番なので、簡単に放出することはないと思いますが、これまでのチーム方針に従えば、移籍となる可能性は高いのではないでしょうか。

果たして中田選手かFA宣言したらその移籍先は引く手数多!なのでしょうか。

移籍候補は「右の長距離砲」が必要で豊富な資金源を持つチームになりますね。

そうなると、巨人、ソフトバンク、阪神、オリックス。どれも毎年FA市場を賑わせるチームですね。

他のチームは資金不足だと思いますので、この4チームに絞られます。個人的には阪神やオリックスなどの大阪のチームが有力候補だと考えます。

元々高校は大阪桐蔭ですし、大阪にはなじみがあるはずです。

また、中田選手は時々ライバルチームを「ぶっ潰す」のような発言で物議を醸しますが、巨人やソフトバンクのような強豪球団よりも、阪神やオリックスのような判官贔屓的なチームの方が、中田選手のメンタルにあっている気がします。

どちらにしても、日本の4番の動きに注目ですね!

CHECK!中田翔はFAで阪神移籍確実?背番号は金本監督の6?ポジションについても

増井浩俊・日本ハム

増井浩俊・FA
日本ハムの中継ぎ、抑えとして長年ブルペンを支えてきた増井浩俊投手。2017年は順調にFA資格獲得になりそうです。

先発投手は先発完投!何ていうのは昔の話。

今は「勝利の方程式」といわれるセットアッパー、リリーフエースというポジションが確立され、役割分担されていますよね。

そのどちらの役割をしっかりとこなしてくれる増井投手レベルの投手はどの球団も欲しいところ。

増井投手のFA資格を行使する可能性はあるのでしょうか。

それには今季の起用法が関わってくると思います。

2016年はチーム事情、また本人のコンディションもあり、シーズン途中で先発になり大活躍しましたが、本人はまだまだリリーフに拘りがあるようです。

その証拠に今年2017年は先発ローテではなく、ブルペンにまわっていますよね。

しかし開幕から今季はチームが絶不調。

チームの状況を打開するために増井投手に先発に回すことも考えられます。
 
今も監督とは硬い絆があることは間違いありませんが、チーム事情によって自身の起用法が本人の意図するところでなければ、リリーフとしては必要とされるチームに移籍希望する可能性も高くなるのではないでしょうか。

岡田幸文・ロッテ

岡田幸文・FA
ご存知千葉マリンの広い外野を制圧するスピードスターです。

そんな岡田幸文選手も育成から這い上がり、見事今年は4月早々にFA資格を獲得しました。

岡田選手の年俸はチームでは17番目のいわゆるCランク。

獲得時に人的保障が不要な選手になります。

有名な例が2013年の馬原投手(ソフトバンク→オリックスへ)、2014年の一岡投手(巨人→広島)でしょうか。

どちらもベテランの幹部候補生、そして若手のホープをプロテクトリスト漏れから人的保障の対象となてしまった、獲得したチームとしては痛い例ですね。

しかし、岡田選手にはそのネックもありません。

かつては40盗塁を記録したこともある俊足と、ゴールデンクラブ受賞歴もある広い守備範囲を誇る外野手をお買い得な年俸(現=4,180万円)で獲得できるなら、メリットも大きいですよね。

またロッテのチーム自身も「宣言して残留」を認めていません。

新たな契約金を払い、また高額な年俸を支払い資金力に乏しいからですね。

岡田選手の奥さんは公務員として働くほどの堅実派。
まだプロ野球選手になる前から、岡田選手を生活面から支えていました。

もし奥さんが意見することがあるなら、ほとんど一生に一回の機会ですので、岡田選手も慣れ親しんだロッテよりも、少しでも多くの年俸をもらうために、FA宣言を選択するのではないでしょうか。

CHECK!岡田幸文はFA権行使する?嫁の画像に子供や浮気の噂は?年俸についても

秋山翔吾・西武

秋山翔吾・FA

現日本プロ野球でのトップクラスの外野手である秋山翔吾選手。

侍ジャパンにも選出され、西武ドームのセンターの守備エリアは背番号にちなんで「エリア55」なんて呼ばれています。

また日本プロ野球でのシーズン歴代最多安打記録を持つ選手でもあります。

あのイチロー選手よりも1シーズンでは多くのヒットを打っているんですね。

現在では西武ライオンズの不動のトップバッターとして活躍していますが、日本最高クラスの切り込み隊長がFA宣言となれば、必ず複数の球団が名乗りをあげるでしょうね。

特に西武のフロント陣も功労者に対して手厚い対応をとっているとはいえません。

エースだった涌井投手をはじめ、松井稼頭夫選手、中島裕之選手、細川 亨選手など、中には海外メジャー挑戦を希望した選手もおりますが、どちらにしても主力に冷たい?球団なのでしょうか。

古くは清原選手もFA宣言を行使して西武を離れてしまった選手ですね。

FA宣言となれば地元神奈川のDeNAベイスターズなどが名乗りを上げるかもしれませんが、2016オフに年俸3億円+出来高払いによる3年大型契約を結んでいるようです!

なので、FAについては2019シーズンオフということになります。

球団のFA流出を絶対阻止したい思惑が感じられますね。

主力選手が次々と移籍をしてしまう西武という球団ですが、ひとまず秋山選手に関しては一安心といったところですね。

牧田和久・西武

牧田和久・FA
侍ジャパンでも常連でもあり、日本ではほとんど数少なくなってしまったアンダースロー。

貴重な下手投げの投手がFA市場にでることになれば、手を挙げる球団が少なくないことは容易に想像がつきますね。

牧田投手の近年といえば、本来は先発投手として長いイニングを投げたいところですが、ここ近年はリリーフとして起用されることが増えていますね。

9回は2016年28セーブをマークした増田達至投手が確立することができたので、牧田投手は7回や8回にリードした僅差の試合で登場することが多くなっています。

先発や中継、抑えとどの役割を任されても一定水準以上の結果を残すので、チームからは少し便利屋として使われてしまっているような気がします。

本人は球団に不満はないのでしょうか。

西武ライオンズとしていは、勝利の方程式の一人なので、絶対に手放したくない選手ですが、本人はメジャー挑戦を希望しているようです。

その証拠に昨年オフの契約更改で、年俸一億円の単年契約を結んでいますが、複数年契約を断ったということ。

しかし、2017年に獲得することができるのは国内のみ移籍可能な権利なので、海外挑戦となれば、ポスティングによる移籍が濃厚です。

実はチームとしても、メジャーにFAで移籍をされてしまっても、金銭や人的な補償が一切ないので、ポスティングの方がありがたいと言われています。

松坂投手もポスティングを利用し、何10億ともいわれる移籍金が西武ライオンズに支払われました。

西武としても流出するなら、海外のFA権を獲得・行使する前にポスティングによる売却を検討することが濃厚だと思われます。

WBCでの活躍により海外の選手に対しても牧田投手のピッチングが通用することは証明済みなので、17年オフは牧田投手メジャー挑戦!が濃厚なのではないでしょうか。

T-岡田・オリックス

T-岡田・FA

オリックスの和製大砲、T-岡田選手。2010年に33本塁打でホームラン王を獲得しましたが、それ以降は思い描いたような成長曲線は描けず、30本塁打以上を記録したのも、その年が最後です。

そんなT-岡田選手ですが今年は順調にいけば国内FA権を獲得できる予定!

長打力のある日本人選手はどの球団ものどから手が出るほどほしいでしょうから、今年は争奪戦になるのでしょうか!? 

しかし2016オフ、岡田選手は年俸1億円の3年契約を結んでしまっています。

次回のFAについては2019シーズンオフになりますね。

FA権を獲得すればさらに条件の良い金額で契約することも可能なのに、なぜオリックスとの複数年契約を選んだのでしょうか。

それには球団からの厚い慰留があったことも理由の一つのようです。

12年目を迎える2017年のシーズンは選手会長に任命されました。

よりオリックスというチームへの責任感が強まったということも考えられますが、もう一つの理由としては、T-岡田選手自身の成績の不安定さにあります。

10年の33本塁打以降、6年間で20本塁打以上も2回しかありません。

これには日本プロ野球が定めた飛ばないボールと呼ばれている、統一級の影響も少なからずあると思いますが、長距離砲としての実績は少し乏しいですね。

2017年は開幕から好調な成績を残していますが、万が一今年が低調な成績で終わってしまえば、FA宣言しても獲得に名乗りをあげる球団がでない可能性もあります。

そのことを考えれば、T-岡田選手はリスクをとらず、3年間の安定した契約を選んだのではないでしょうか。オリックスは資金も比較的潤沢な球団なので、宣言して残留という方法もとれますからね!

まとめ

という感じでプロ野球2017シーズンのFA取得の目玉選手の現状と動向について迫ってみました。

秋山翔吾選手とT-岡田選手は複数年契約をされているので、それ以外の選手の動向が注目されるわけです。

何といっても一番の目玉は中田選手になりますよね。

メジャー挑戦の噂もあったりしますが、仮に2017年オフに残留したとして海外FA権を2018シーズンに取得したとしても、メジャーからの評価は高くないので、視野は国内FAかなと思いますから。

2017年オフは例年になく国内FA市場が大物選手の権利獲得により、活発になる可能性があります。

2016年のストーブリーグの主役であった巨人がまたさらなる補強に乗り出すのでしょうか。

もしくはこれまでのFA市場の主役であったソフトバンクは16年は補強を抑えた傾向にあるので、選手層をより一層厚く、黄金時代を築くために乗り出してくるかもしれません。

どの選手がどの球団に移籍するのか。2017オフは国内移籍市場に注目ですね。