青木宣親・日本球界

2017年は日米ともにシーズンが終了。

これから気になるのはFAやトライアウトなどでの選手の動向です。

そんな中、日本を代表する安打製造機の青木宣親選手がメジャーから戦力外通告にあたる自由契約選手となりましたね。

青木選手といえば2017シーズンに日米通産2000本安打を達成するなど、メジャーでもコンスタントに成績を残してきた選手。

そんな青木宣親選手がなぜ自由契約になったのか、その理由を探ります。

また、日本球界復帰も濃厚と言われている青木選手。

もし、復帰となったら移籍先はどの球団になるのか?

古巣ヤクルトのユニフォームに袖を通すのか?

などなど触れてみたいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

青木宣親が自由契約になった理由は?

2017年、メッツから自由契約となった青木宣親選手。

あれだけの成績を残した選手がなぜ?

と思われる方も多いのではないでしょうか?

その理由の1つは青木選手が高額年俸を貰っているということです。
2017シーズンの青木選手の年俸は550万ドル(約6億2000万円)と、決して低いわけではありません。

MLBの2017シーズン最高年俸はロサンゼルス・ドジャースのクレイトン・カーショウ投手の3300万ドル(約36.7億円)に対して日本の田中将大投手が2200万ドル(約24.5億円)です。

それに対して青木選手は550万ドルですからそんなに多くないのではとも思いますが、メジャーリーガーの平均年俸は447万ドル(約4億9800万円)ですから平均以上もらっていることになりますね。

青木選手といえばメジャー6シーズンで7球団に在籍していました。

2017年はアストロズ、ブリュワーズ、メッツと3球団を渡り歩いた苦労人です。

ただ、移籍が多すぎると思う方もいらっしゃるのでは?

これは裏は取れていないのですが、青木選手がヘビースモーカーなのか?という噂もあります。

これが事実であれば、チームは手放したいという考えもあり渡り鳥のようになっているのではないでしょうか。

またチームとして考えると35歳という年齢がネックとなるでしょうね。

どのチームも若くてパワフルな選手が増えていますから、青木選手のようなタイプよりは遠くへ飛ばす強打者の方を選ぶのではないでしょうか?

ただ、やはりヒットメーカーとして欲しがる球団もあるとは考えられます。
青木選手の動向も気になるところですね。

日本球界復帰が濃厚?

メッツを自由契約になった青木宣親選手。

メジャーでも活躍できる力も十分ありますが、6年間で7球団も渡り歩いていれば落ち着きませんし、35歳という年齢も考えるともう少し落ち着いた環境でプレーしたいのではないでしょうかね?

そこで話題になってくるのが、日本球界復帰の可能性です。

青木選手はまだ胸中を明らかにはしておりませんが、メッツから再契約とならなかった場合には日本球界復帰も十分考えられます。

それでは青木選手が日本球界に復帰する際、どんな球団が獲得に動くのか?移籍先についても触れてみましょう。

移籍先候補その1:ヤクルト

メジャーで自由契約となった青木宣親選手の日本球界移籍先としてまず名前があがるのはヤクルト。

これは間違いないでしょう。

ヤクルトといえば青木選手が大卒で入団し2004年からメジャー挑戦までの8年間を過ごしたチームです。

本人も球団からのラブコールに対し

「選手からしたら、やっぱりうれしいですよ。ありがたいことです。」

とコメントしていて、相思相愛とも考えられます。

やはり、古巣のユニフォームに袖を通す姿を見たいですが青木選手が最後につけていた背番号1は山田哲人選手が受け継いでいることから、そこらへんも気になるところですね。

2018年から指揮官に再就任する小川淳司監督は青木選手が在籍していた2010、2011に指揮を執っていました。

最下位からの巻き返しを誓うヤクルトにとって青木選手のような経験豊富なリーダーは必要な存在になってくるでしょう。

移籍先候補その2:巨人

古巣ヤクルトと相思相愛に思える青木宣親選手ですが、やはり実力のある選手に対しては巨人も黙っていないでしょう。

2016オフには球界初となるFA3選手(山口俊、森福允彦、陽岱鋼)を獲得し20億円超の大型補強をしましたが大失敗。

CHECK!巨人2017が弱い理由は?高橋監督の采配が原因?優勝の可能性についても 

しかし、2017年シーズンは4位で初めてクライマックスシリーズ進出を逃しチーム再建が急務となっています。

すでに村田修一選手など松坂世代のベテラン選手を戦力外にするなど、高橋由伸監督の若返り策が報じられていますが、チームをまとめるベテランの力は必ず必要になってくるはず。

1番陽 2番青木 3番坂本…なんて夢見たいなオーダーも考えられるかもしれないですよね!

資金ぶりには余裕があると思うので、中田翔選手や宮西投手、増井選手などの動向とも合わせてチェックしたいですね。

移籍先候補その3:日本ハム

この他に青木宣親の移籍先として考えられるのは日本ハムですかね。

2017オフには中田翔選手、増井浩俊投手、宮西尚生投手、大野奨太などのFA選手やポスティングでメジャー挑戦の大谷翔平など主力の大量流出が予想されます。

CHECK!日本ハムのFA取得選手(中田・増井・宮西・大野)は権利行使で移籍?
CHECK!大谷翔平のメジャー移籍球団はどこ?有力な候補先を予想してみた 

ただ、ドラフト会議では清宮幸太郎を1位指名するなど今後楽しみな選手も多く巻き返しに向けチームを再構築しなければなりません。

また、武田久は退団、飯山裕志も引退でチーム最年長は青木選手と同学年の田中賢介選手、石井裕也選手となります。

田中選手とともにメジャーに興味も持つ清宮選手の指導役としても、非常に頼もしい存在となるのではないでしょうか。

中田選手や大谷選手が抜けた打線の穴を埋めるにも欠かせない存在になってくると思います。

まとめ

今回は青木宣親選手の自由契約の理由や日本球界復帰の可能性、移籍先球団について触れてみました。

青木選手は宮崎県出身ですし、地元のホークスなんてのも個人的にはありかと思いましたが、戦力は充実してますからね。

ただ、同学年の川﨑宗則もいますし、お互い日本でもう一花咲かせてほしい存在ですよね。

ただ、やはり最有力は古巣のヤクルトでしょう。

自身が在籍していた時には達成できなかったリーグ優勝、そして日本一に向けて再びその打棒を発揮してもらいたいです。