プロ野球2018・セ・リーグ順位予想

プロ野球順位予想2018!

ということで、今回は2018シーズンのセ・リーグの順位予想について取り上げていきます。

セ・リーグは2年連続で広島カープが連覇しているわけですが、戦力的にみても最もバランスの取れたチームで連覇は必然だったのかなという印象がありますね。

ただ、他球団も補強や機能次第ではカープとの差はかなり縮まってるのも事実なのかと。

カープの3連覇を阻止するためにも他球団の戦力も気になりますね。

そんなわけで2018シーズンのセ・リーグ6球団の戦力分析から順位予想をしてみました!

ご覧ください!

スポンサーリンク

広島カープ2018の戦力分析

2017年に3人で貯金17を作った、薮田岡田、大瀬良の3人の若手先発投手を持っていることが他チームよりも大きなアドバンテージになっていますね。

ここへ9勝の野村が加わり、2017年思わぬ不調に陥ってしまったジョンソンが復活すればローテーションはほぼ確定します。

残り1枠を久里、福井、中村、加藤などで争う形になりますが、先発投手はセリーグでも最も安定した戦力といえそうですね。

リリーフは、中田、市岡、今村、ジャクソン、中崎とこちらも実績のある投手の駒を揃えていますが、すべて右投手であり、左の中継ぎ投手が欲しいところです。

打撃陣については、看板である田中、菊池、丸の上位3人に加え、4番は鈴木誠也、課題であった三塁手も安部や西川の成長で穴は埋まりつつあり、捕手も石原の後釜として會澤の成長、磯村や板倉など若手捕手も成長しています。

戦力的にはもっとも力を発揮できる年代の選手が多く、戦力的には黄金時代を形成できるほど充実しており穴は少ないでしょう。

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 
CHECK!広島カープ2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

阪神2018の戦力分析

2017年は糸井の加入と、リリーフ陣の頑張りによって2位に滑り込んだ阪神ですが、戦力的にはまだまだ広島との差を痛感させられたシーズンになりました。

最も差が顕著であるのはやはり攻撃陣で、完全に固定された上位打線と若き主砲を持つ広島に対し、日替わりの上位打線、40歳を超える福留に4番を託さなければならない阪神は攻撃力で大幅に見劣りすることは間違いありませんね。

ただ、2017年シーズンの後半で大きな成長を見せた大山や中谷の成長度合いによってはその差を縮めることができる可能性はあります。また2016年の超変革の旗頭であった高山や北條、原口の復活次第ではさらに大幅に攻撃力をアップさせる可能性は秘めているといえます。

先発投手は軸のメッセンジャーと秋山以外は確定していない状況ではありますが、藤浪、岩貞、能見と本来であれば計算の立つ投手は揃えており、ここに小野、青柳、岩田等で6番手を争う形になります。

中でも藤浪と岩貞が本来の力を発揮すれば頭数は揃っており、2017年に全員フル回転でチームを支えたリリーフ陣は強力でドリス、マテオに加えて桑原、高橋、岩崎、藤川、石崎とセリーグ一の層の厚さを誇ります。

ビハインドゲームでも勝ちゲーム並のレベルの高いリリーフ投手を投入できることは阪神の一番のストロングポイントですね。

戦力的には十分Aクラスの戦力は有していますが、広島と互角に戦うには若手選手の成長の外国人選手の補強が条件になってきますね。

CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 
CHECK!阪神2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも! 

横浜DeNA2018の戦力分析

2017年のセリーグクライマックスシリーズを制し、日本シリーズでもソフトバンクを苦しめた横浜DeNA。2018年シーズンはおそらく広島の対抗馬筆頭になるでしょう。

打線は侍JAPANの4番筒香を中心に首位打者の宮崎、ロペスを擁し、下位に20本塁打を放った梶谷を配置する強力打線でポテンシャル的には広島に引けはとらないでしょう。

ただ横浜については長いシーズンを戦う上での安定感は今一つでそのあたりのどのように克服していくかが課題と言えますね。

ここ数年課題とされてきた先発投手も、今永、濱口、石田など若手左投手の成長で駒不足は解消されつつあります。

ここに井納と外国人のウィーランドを加えローテーションの5人までは確定させられる戦力は整えていますが、計算が立つかといえばまだそのレべルには達していないでしょうね。

リリーフも山崎とパットンの安定感は心強いですが、他リリーフ陣は波が大きく勝ちパターンの投手リレーも完全に確立できているとはいえないでしょうね。

セリーグの中ではエラーも少なく守備力は高い方で、最もエラー数の多かったショートのポジションにFAで大和を獲得したことによってさらに守備力は上がると予想できます。広島と互角に戦うためには投手力の整備が不可欠といえそうです。

CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 
CHECK!横浜DeNA2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

巨人2018の戦力分析

菅野、マイコラス、田口の先発投手3人がそれぞれ大きな貯金を稼ぎながら、Bクラスに終わってしまった巨人。

やはり戦力的に真っ先に底上げが必要なのは攻撃陣になるでしょう。長年主砲としてチームを支えてきた阿部は満身創痍でかつてのパフォーマンスを取り戻すことは難しく、長野もケガがちでフルシーズンの活躍に疑問符が付きます。

2017年に補強したマギーが予想以上の活躍をしたものの、こちらも楽天時代と比べ長打力は低下していることもあって貧打は解消できず得点力の低さは致命的です。

1、2番の出塁率も低く、狭い東京ドームを本拠地としているものの本塁打数は伸びていません。

手を付けなければならない点は多いですが、具体的な戦力アップとなる補強も思うように進んでいない状況のようですね。捕手を多数指名した2017年ドラフトも疑問符が付くという声が多かったようです。

若手選手についても伸び悩んでいる岡本や未知数な選手が多く計算が立たないため結局は外国人の補強頼みになるでしょう。

先発投手は菅野と田口の安定感は素晴らしいのですが、マイコラスの流出の可能性が高いため、2017年後半に出てきた畠を入れても先発ローテーションの半分が不透明な状況です。

劣化が顕著な内海や大竹では計算が立たず、杉内は投げられるかどうかすら不明。

昨年の状況から山口俊も計算に入れるわけにもいかず、FAで野上の補強に成功したのはプラスでしょう。

ただ野上は西武時代の在籍9年間で二桁勝利を上げたことが2度。先発ローテーションの軸であったとはいえない投手です。

かつてはNPBのトップ選手をFAでかき集めていた巨人も野上クラスの選手に複数年で数億円の投資をしなければならない状況は現状の苦しさを浮き彫りにしています。

リリーフ陣もなんとかマジソンの契約延長にこぎつけ崩壊は免れましたが、山口鉄や西村など原監督時代にブルペンを支えた投手に衰えが顕著で、澤村の復帰目途も不明瞭、これといった若手投手も出てきていないことからこちらも戦力は不足している状況ですね。

いずれにしてもセリーグを面白くするためには、2017年シーズンで広島に大きく負け越した巨人の奮起は不可欠でどのように戦力を立て直してくるかは注目されますね。

CHECK!巨人2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 
CHECK!巨人2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも! 

中日2018の戦力分析

落合監督の退任後、世代交代を進めている最中ではありますが、世代交代が順調に進んでいるとは言い難いのが中日です。

2017年は打線の中心である、平田、ビシエド、大島が相次いで離脱し、オーダーを組むことに四苦八苦していた印象ですね。本塁打王になったゲレーロの流出は決定的ですが、平田、ビシエド、大島が健在であれば、2017年新人球団記録を塗り替えた京田が加わり、福田が成長したことで打線の得点力はそれほど悪くはないでしょう。

ただし、平田は1年間フルで出続けた経験がなく、ビシエドもケガがちで、安定したオーダーを組める確率が低いため、層の薄さから他チームとの差が開いてしまうという状況は避けられない可能性も高いですね。

それ以上に問題なのは投手力で、エースに成長するかと思われた大野も2016年、2017年と成績を落としており、二桁勝利を上げた投手がいない状況です。2018年も大野の復活に期待しつつ、小笠原の大きな成長など計算が立たない要素に期待しなければならないでしょうね。

鈴木や伊藤といった期待する若手投手が伸び悩んでいるため全盛期の力を期待できない吉見や山井にもまだ力を発揮してもらわなければならないことも確かで、苦しい台所事情が続きそうです。

リリーフも田島が成長して守護神を務めてはいますが、全体的に駒不足は否めなくこちらも層は薄いので、2017年に復活を遂げた岩瀬にもまだまだ働き場はありそうです。ボールを受ける捕手も複数の選手がポジションを争っていて安定しないことも投手にはマイナスでしょう。全体的に戦力不足は否めず、苦しい戦いは2018年も続きそうですね。

CHECK!中日2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 
CHECK!中日2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

ヤクルト2018の戦力分析

2015年に全員野球でセリーグを制したヤクルトもケガによる選手の離脱で2016年、2017年ともに苦しいシーズンになりました。

2015年の優勝メンバーが健康で健在であれば打線は強力で、懸念されたバレンティンの残留は大きな補強に等しいですね。

一番の課題は選手がケガで離脱することが他球団と比較しても多い現状をどうやって打破するかということになるでしょう。

2015年に首位打者を獲得してMVP級の活躍をした川端が復帰できればさらにプラスですが、現状2018年にどのような形で戻れるのかは不透明です。

ヤクルトで一番懸念されることは投手力になりますね。通算150勝以上を挙げている石川の衰えは顕著でローテーションの軸は小川に託す形になりますが、その小川も2017年は一時リリーフにまわるなど苦しみました。

原や星といった若手投手も伸び代は感じるもののまだ1年間ローテーションを守れる手ごたえはなく、2018年も苦しい投手起用が続くでしょう。

リリーフ陣も秋吉を抑えに固定できたとしてもブルペン陣全体の層は薄く、2017年活躍したルーキも契約更新せず退団濃厚になっています。バーネット、オンドルセクに続き、力のあるリリーフ投手を失うことの影響は相当大きいのかなと。

外国人投手補強に長けているヤクルトですので、後釜を見つけてくる可能性はありますが、現在のところ不安しかない状況といえそうです。

CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 
CHECK!ヤクルト2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

スポンサーリンク

プロ野球2018のセ・リーグの順位予想

そんなわけで、2018年セ・リーグはこのような順位予想となりました。

1位:広島
2位:横浜
3位:阪神
4位:巨人
5位:ヤクルト
6位:中日

年齢的に脂ののった時期の中心選手で構成されており、若手先発投手の駒が豊富な広島の優位は動かないでしょう。

打線、先発投手、リリーフ投手と戦力のバランスが最も良く穴が少ない印象ですね。

ベテランと若手がうまくかみ合い、ここ一番の勝負強さもあるチームで連覇をしたことでさらに自信を付け黄金時代に突入する可能性も感じますね。2018年はどこが広島に追いつき追い越すかが焦点になるでしょう。

ターゲットにされることは予想以上のプレッシャーであり、広島がそのプレッシャーに打ち勝って3連覇を果たせるのかどうかも注目ですね。

その広島に迫る一番手は横浜DeNAではないでしょうか。

2017年のクライマックスシリーズを制して日本シリーズでもソフトバンクを苦しめたことは選手には自信になったはずですし、打線ははまれば広島以上に強力です。

調子の波を少なくし投手力を整備できれば可能性は十分ありますね。

阪神はAクラスになる戦力は持っており、課題である「得点力」が上がれば広島には脅威となります。

2016年大きく負け越した広島に対し、勝ち越しはできなかったものの2017年は対戦成績を大幅に改善させ、春先にはは9点差を逆転するというゲームもありました。監督が植え付ける「対広島」への執念に戦力整備がついてくれば広島にとっては恐いチームでしょう。

巨人は世代交代の過渡期となり、またかつての巨人ブランドは時代の流れや不祥事によって崩壊の危機にあるといえそうです。

攻撃、投手力ともに一部突出した選手はいるもののチーム全体としてかつての巨人のような層の厚さは無く、補強も後手に回っている印象であり苦しいシーズンになるでしょうね。

中日、ヤクルトについては戦力不足が顕著で、外国人選手の補強でカバーできる可能性はあるものの、ともに投手力で上位チームとの差がありすぎるため長いシーズンを戦うには不安がつきまといますね。

いずれにしても広島は抜けている印象ですがその他の5球団は補強や新戦力の活躍次第で入れ替わっていく状況になるでしょうね。広島にケガ人が多く出るようなことになると2015年のようなダンゴレースになる可能性も十分ありますね。

パ・リーグ2018の順位予想

CHECK!プロ野球順位予想2018!パ・リーグの優勝チームはどこ?

まとめ

ここまでプロ野球2018シーズンとなるセ・リーグの順位予想についてまとめてみました。

2018シーズンも広島の優勝予想となりましたが、低迷期から鍛え上げられた選手が攻守ともに全盛期を迎えて機能してるのは広島くらいです。

ベテランもバランスよく機能してるのでそりゃ強いわけですね。

なので、他のセ・リーグ5球団が長いシーズンで優勝争いに残るには生え抜きだけではなかなか難しいのが現状だと思います。

そのなかでもは阪神が期待金本監督になってからは生え抜きの若手中心としたチームになってるので近い将来が非常楽しみですね。
今の広島のようなチームになれる可能性は大いにあるのかなと。

どこの球団も怪我人や不調の選手は当然出てくると思うので、最終的な順位はどうなるかわかりませんが、現状戦力的にはやっぱり広島カープかなと思います。

2018年の秋にどうなってるのかが楽しみです!