中日2019の補強!

今回は2019年に向けて補強された新戦力をピックアップします。

今年の中日は外国人選手が活躍しましたね。

順位は散々でしたが中日スカウト陣の目の付け所には頭が下がります。

ドラフトも上手くいったようで、来期がとても楽しみな与田剛新監督率いる中日です。上昇するには投手力が鍵になってくるでしょう。

そんなわけで、新外国人、FA、ドラフト新人選手をまとめてみました。

※新外国人、FAについては決まり次第追記していきます。

スポンサーリンク

中日補強2019【新外国人】

発表され次第追記します。

中日補強2019【FA】

FA補強された場合追記します。

中日補強2019【ドラフト新人選手】

中日の2018年ドラフトで確認した新人選手はこちらの6名です。

与田剛新監督が2018ドラフトの目玉である根尾選手を4球団競合の末見事に引き当て、最初の大仕事をやってのけた今回のドラフト。

投手3人内野手外野手捕手が1人ずつという内容でしたね。

特徴としては地元愛知周辺の近県出身者中心の指名ですね。というところで指名6選手を見ていきましょう。

ドラフト1位:根尾昂

中日補強2019・根尾昂

生まれ:2000年4月19日
出身:岐阜
身長:177センチ
体重:78キロ
投打:右投左打
ポジション:内野手
最終経歴:大阪桐蔭高校

今回のドラフトの中心選手であった根尾選手。予想通り多数球団が競合し下馬評通りの1位指名を獲得しました。

根尾選手は小学時代に中日ドラゴンズのジュニアチームに選抜されており広い意味で言えば古巣のユニフォームを着る形になりますね。

根尾選手自身は中日ファンであり相思相愛ということになるので中日にとっても根尾選手にとっても良いドラフトになりました。

様々なポジションができる根尾選手ですが、ドラフトでは内野手として指名されました。

将来的には強打の三塁手か、二塁手として遊撃手の京田選手と『キョウネオ』を組み強力なセンターラインを築いて欲しいですね。

中日は内野手の打撃力が弱いですから根尾選手でテコ入れしたいところです。

ドラフト2位:梅津晃大

中日補強2019・梅津晃大

生まれ:1996年10月24日
出身:福島
身長:187センチ
体重:92キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:東洋大

課題の先発投手陣強化の為とみられる梅津選手の指名。

最速153キロのストレートは強力でありスライダー、カーブ、カットボール、フォークといった多彩な変化球もあります。

高い柔軟性も高い評価を受けており東洋大150オーバートリオ(上茶谷、甲斐野、梅津)の中でも潜在能力はトップとされていました。

即戦力という評価はドラフト前からあまり聞かれませんでしたが2〜3年後はプロの空気にも慣れて面白い選手になるでしょう。

ドラフト3位:勝野昌慶

中日補強2019・勝野昌慶

生まれ:1997年6月12日
出身:岐阜
身長:183センチ
体重:89キロ
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:三菱重工名古屋

最速152キロで重い球質が武器の即戦力投手。

若干21歳と若く、高校卒業後社会人の門を叩き高卒3年目にしてプロへの切符を手にしました。高低内角を投げ分けられるレベルの高さもあり1年目から活躍できる能力を持っていますね。

中日は10勝以上の投手が左のガルシア選手のみ。あとは6勝で左の笠原選手、ベテランの右投げ松坂選手、5勝の左、小笠原選手と左投手もパッとしませんが右投手は特に不足気味。

10勝できる右腕に成長してもらうべく勝野選手には大きな期待がかかるでしょう。

ドラフト4位:石橋康太

中日補強2019・石橋康太

生まれ:2000年12月7日
出身:千葉
身長:180センチ
体重:84キロ
投打:右投右打
ポジション:捕手
最終経歴:関東第一高校

高卒捕手の石橋選手。

2年夏の東東京予選では4戦連発の本塁打を放っている強打者で高校通算は57本塁打です。

肩も強く遠投は115メートル。強肩強打の10年選手ですね。中日の捕手陣は松井選手と大野選手が併用されている現状。しかもどちらも打撃は良くなく正捕手には物足りない印象。

石橋選手本人は古田氏のような打てる捕手を目指しているそうで、実現できれば一気に正捕手として固定されるでしょう。

元々は横浜ベイスターズでしたが、中日の捕手といえば谷繁氏ですから谷繁氏のように高卒1年目からバリバリ活躍して欲しいですね。

ドラフト5位:垣越建伸

中日補強2019・垣越建伸

生まれ:2000年4月3日
出身:岐阜
身長:183センチ
体重:93キロ
投打:左投左打
ポジション:投手
最終経歴:山梨学院高校

しなやかなフォームからキレのあるボールを投げ込む立派な体格の左腕。

根尾選手とは飛騨高山ボーイズ時代のチームメイトだそうです。最速は146キロでスライダーは一級品。目標は山本昌氏であり中日の左のエース候補としての成長に期待がかかります。

中日は左投手が充実していますが、今シーズンの成績を見ると枚数が多いだけで結果が出てない様子です。3年はじっくりと育ててパッとしない左の先発投手陣を引っ張る若手になって欲しいですね。

根尾選手と共に試合出場をする場面を中日ファンは待ち望んでいることでしょう。

ドラフト6位:滝野要

中日補強2019・滝野要

生まれ:1996年7月8日
出身:三重
身長:185センチ
体重:77キロ
投打:右投左打
ポジション:外野手
最終経歴:大阪商業大学

50メートル6秒の俊足選手。

185センチの身長に対して77キロと軽い為体重増加は春のキャンプでは必須課題となるでしょう。広角に長打を打てるパワーもある為体重増加による本塁打増加も見込まれます。

中日外野陣は平田選手、大島選手、モヤ選手、アルモンテ選手など強力な打者たちが集う戦国時代。

その為すぐのすぐに活躍しろというわけではないと思うので沢山練習してプロに慣れモヤ選手、アルモンテ選手が抜けたり平田選手大島選手のFAや怪我での離脱を補う選手として欲しいです。

そのような位置付けでの指名でもあるでしょうしね。

世代交代しないといけない時期でもあると思うので、強力外野陣に入っていけるように頑張って欲しいです。

プロ野球補強2019【他球団】

【セ・リーグ】
広島カープ補強2019 
ヤクルト補強2019 
巨人補強2019 
横浜DeNA補強2019 
阪神補強2019 

【パ・リーグ】
西武補強2019  
ホークス補強2019 
日本ハム補強2019 
オリックス補強2019 
ロッテ補強2019 
楽天補強2019 

まとめ

いかがでしたか?地元中心でドラフト選手指名をした中日。

しかも、きちんとチームの事情にも合わせたドラフトができており今回の強化は100点といっても良かったでしょう。

5年後、地元選手たちがチームを盛り上げることになっていたら嬉しいですね。