中日・戦力外2017-2018

プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!

ということで、中日で戦力外通告されそうな選手と引退選手を予想していきます~!

中日は2013年以降Bクラスが定位置になっておりなかなか浮上のきっかけをつかめていません。

今年も前半戦を終えて5位と厳しい結果となっていますね。

観客動員数も年々減少の一途をたどっており負のスパイラルから抜け出せずにいるなか、血の入れ替えが必要な球団と言えるのではないでしょうか。

今回はそんな戦力外通告されそうな選手と引退の可能性のある選手を予想してみました

ぜひ、最後までお楽しみください!

スポンサーリンク

武藤裕太

武藤裕太・戦力外

2010年にドラフト3位でHondaから中日に入団した右の技巧派投手です。

主に中継ぎで活躍した選手で2013年シーズンでは58試合に登板し、ブルペンを支えてきました。

しかし、それ以降のシーズンは登板機会を減らしており、2015・2016年シーズンはいずれも登板数が二桁に届いていません。

2017年で結果を残せなければ戦力外もしくはラストチャンスの通告を受けるかもしれません。

2012年と2013年の良いイメージが残ってるだけに復活してほしいですね。

追記:戦力外決定

野村亮介

野村亮介・戦力外

落合GMの鶴の一声で社会人野球からドラフト1位入団を果たした選手でポジションはピッチャーです。

野球以外のところで有名で主に落合GMと谷繁監督の確執問題一つはこの野村投手の獲得だったと言われていますね。

現在プロ3年目をいうこともあり即解雇ではないかもしれませんがここまで目立った成績を挙げられていません。

個人的にもドラフト1位ではなくても取れたのではないか?という印象でここから一皮剥けなければこの先は厳しいかもしれないという感じですね。

追記:戦力外決定

赤田龍一郎

赤田龍一郎・戦力外

2009年のドラフト会議で育成2位の指名を受け入団した捕手。

中日のキャッチャーといえば長い間谷繁選手が君臨していたため2013年以降は1軍での出場数が1シーズンあたり3試合にみたない数字になっています。

杉山選手、木下選手、松井選手が正捕手競争をするなか武山選手が入ってきてるのを見ると立場上苦しい現状ともいえます。

現在29歳という年齢もありこのまま出場機会を確保できなければ戦力外通告を受けても不思議ではありません。

ただキャッチャーの数がすこし少ない中日ではもう少し契約が続くかもしれませんね。

追記:戦力外決定

石川駿

石川駿・戦力外

2014年のドラフト会議で4位指名を受けJX-ENEOSから中日に入団した内野手で将来のスラッガーとして期待を受けていました。

中田宗男スカウト部長から「パワーに加えて、バットのヘッドの使い方がうまい。

相当本塁打を打つよ。チームで一番打つ可能性がある」「即戦力のトップクラス」と絶賛されていましたが相次ぐケガの影響もありなかなか思うような成績を残せずにいます。

まだ若い選手とは言えチーム事情も良くない現状ですのでトレード含めて退団の可能性は十分あると思います。

もし中日が大型補強に乗り出せば放出の候補にはあがってくるのではないでしょうか。

三ツ俣大樹

三ツ俣大樹・戦力外

2010年のドラフト会議でオリックスから指名を受け入団し、2014年からトレードで中日入団しています。

もともと投手として活躍していましたがプロ入り後から内野手に転向。

主にショートを守っていますが1年目からリーグトップの27失策を記録するなど守備に課題を残しています。

打撃面でもなかなか規定打席に到達するくらいの出場機会を勝ち取れずにいる現状ですので戦力外の可能性も十分あるのではないでしょうか。

野本圭

野本圭・戦力外
2008年ドラフト会議で楽天と中日からドラフト1位指名を受けて入団した外野手ですが、ケガによる離脱が目立つ印象でなかなか1シーズンを通して活躍できていない状況です。

2015年シーズンまで出場機会をなかなか確保できていませんでしたが、2016年以降は左の代打としてのポジションを確立しつつあります。

ただチーム事情が厳しい状況ですのでシーズン終了後のFAなどの兼ね合いで戦力外通告を受ける可能性は十分あります。

中日一筋で頑張ってこられたので、チームを去ることになればこのまま引退というケースも考えられるのかなと。

スポンサーリンク

赤坂和幸

赤坂和幸・戦力外

2007年のドラフト会議で外れ1位の指名を受け投手として入団していますが、2010年シーズンより打者に転向しています。

一度育成契約になっていますが再度支配下登録を勝ち取った苦労人です。

2015年シーズンには代打で出場試合数を増やしていましたが、現在はなかなか出場機会に恵まれていません。

2017年シーズンも1軍での出場はなくおそらくシーズン終了後に戦力外となるかもしれません。

追記:戦力外決定

友永翔太

友永翔太・戦力外

2014年のドラフトで3位指名を受け入団。

福留選手以来のルーキーでの背番号1が発表され話題になりました。

右投げ右打ちの外野手で50m5秒8の瞬足が魅力の選手ですが入団2年で27打数3安打と現在は背番号1に見合う成績を挙げられていません。

2016年の契約更改も現状維持で契約を更改しています。
2017年シーズンも目立ったで成績をあげられなければ減棒もしくは戦力外通告を受ける可能性はあります。

古本武尊

古本武尊・戦力外

2012年のドラフト会議で3位指名を受け入団。

大学時代はナンバー1スラッガーと呼ばれ左の大砲として期待をされていました。

もともと強いスイングが魅力で打撃には自信を持っていたようですが現在は苦戦を強いられているようです。

ここまで出場が2014シーズンの16試合のみということで、1軍での出場機会を得られていませんのでこのまま戦力外ということも十分あり得るのではないでしょうか。

追記:戦力外決定

岩瀬仁紀

岩瀬仁紀・戦力外

説明する必要がないまさに球界のレジェンドで史上初の400セーブを達成するなど様々な記録を持っている投手。

42歳という年齢もあり、ここ数年は全盛期のスライダーのキレが戻らずいつ引退発表してもおかしくはない状況です。

ただやはり山本昌選手のようにギリギリまで活躍する姿が見たい気持ちもありますので、まだまだ活躍して欲しい!

引退となった場合はセレモニーは華やかになるでしょうね。

CHECK!岩瀬仁紀の年俸は?戦力外と引退の噂から復活?全盛期や新魔球についても

他球団の戦力外・引退予想

CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!ホークスの候補選手一覧
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!楽天の候補選手一覧
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!西武の候補選手一覧
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!阪神の候補選手一覧 
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!オリックスの候補選手一覧
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!ロッテの候補選手一覧 
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!巨人の候補選手一覧 
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!横浜DeNAの候補選手一覧
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!ヤクルトの候補選手一覧
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!広島カープの候補選手一覧
CHECK!プロ野球戦力外・引退予想2017-2018!日本ハムの候補選手一覧

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2017から2018にかけての中日で戦力外通告されそうな選手をまとめてみました。

ここまで中日はチーム成績はもちろん観客動員数などさまざまな問題を抱えていますのでこれからどのようにチームを活性化していくのか注目が集まりますよね。

育成が下手と言われている中日だけに大型補強による選手の入れ替えがあるかもしれませんが、正直投資にもあまり積極的ではないですよね。

とはいえ実績のあるチームですので今後中日がどのように変わっていくか要注目です。