中日2018・補強

プロ野球2018!

ということで今回は中日の新戦力補強について取り上げていきます。

近年は常にBクラスが定位置となっている中日。

2017年も5位という結果に攻守ともに機能するまではまだまだ世代交代の選手が安定するまで時間がかかりそうな印象が強いですね。

落合監督時代のような投手王国復活が中日には必要なのかなという感じですね。

守りの野球を方針としてる球団だけに、まずは先発投手の補強でしょう。

そんなわけで、今回はプロ野球2018シーズンの中日の補強(新外国人、FA、ドラフト新人選手)について見ていきます。

ご覧ください!

※補強が決まり次第追記しています

スポンサーリンク

中日の2017を振り返って必要な補強ポイントは?

シーズン開始前より決して前評判が高いとは言えなかった中日。

世代交代の途中ということもありますが、谷繁監督の就任時より世代交代は叫ばれており思うように若手が伸びてこないというところが本当のところといえそうです。

補強ポイントはたくさんありますが、シーズンを戦う上で大切な先発投手の駒不足は深刻。

2017年はバルデスやジョーダンといった外国人投手を含めてやりくりしましたが、二桁勝利を上げた投手はおらず、チームの勝ち頭は途中からリリーフに専念していた又吉という状況ですので一番は先発投手の補強ということになりますね。

リリーフ陣も抑えの田島とセットアッパーの又吉は安定しているものの頭数不足は否めません。

こちらもやはり補強したいところ。野手はここ数年の補強ポイントのひとつである三塁手でしょう。

ゲレーロの動向次第ではありますが、外国人の三塁手は獲得が難しいため入れ替わるとしても外野手の可能性が高く、チームとしては高橋を始め若手が伸びて欲しいところですが思うようにいかないのが現状のようです。

巨人を自由契約になった村田などねらい目ではないでしょうか。

CHECK!中日2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

新外国人補強

2018シーズンにゲレーロ選手はいません。

中日が補強した新外国人はこちらの選手。

スティーブン・モーヤ

ゲレーロ選手の退団が決まって期待される大砲候補となるプエルトリコのモーヤ選手

メジャー通算成績では打率・250、5本塁打、11打点ということで、期待値は不明ですね。

守備には不安を抱えるとの情報がありますのでゲレーロ選手のように長打での結果がないとなかなか難しいでしょうね

とはいえ中日の大砲助っ人はゲレーロ選手、ビシエド選手や過去のブランコといった大砲は1年目から結果を残すケースが多いのでスカウト陣の目は良いかなという印象があります。

日本人投手の変化球に全く対応できないというオチにならないことを祈りたいですね。

中日ではゲレーロ選手が守っていたレフトが濃厚になるのかなと。

ソイロ・アルモンテ

続けてドミニカ共和国アルモンテ選手も獲得

メジャーでは47試合出場して打率・211、2本塁打、12打点で守備は上手くもなく下手でもなくという感じでしょうか

求められるのはモーヤ選手と同様に打撃なので、フタを開てみないとわからないって感じですね。

ポジションが外野手なのですでに大島選手と平田選手がいます。

なのでモーヤ選手との競争になるのかなという感じでしょうか。

中日の外国人はビシエド選手と両者の大砲候補のどちらがスタメンに名を連ねているのかが楽しみですね。

ゲレーロ選手の穴は1人の外国人で埋めることは現実的じゃないので、今回の2人の助っ人を獲得したということに置いてはよかったのかなと。

オネルキ・ガルシア

新外国人の投手補強にはキューバのガルシア投手を獲得

2017年にメジャー昇格すると、通算5試合。0勝1敗、防御率13・50に3Aでは20試合に登板で7勝3敗、防御率5.04のいった成績で判断材料は難しいところですね。

190センチ102キロの大型左腕

最速が155キロに平均速度が150キロということで、奪三振率は高い方かなと思われます。
先発として期待されてますが、球種の少なさとコントロールに難があるようなので完投は期待はできないもしれませんね

三廻り目まで抑えれば上出来といったところでしょうか

投手陣に苦しむ中日にとっては試合を作れる投手が1人でも補強できればで大きなプラスになるだけにガルシア投手の勝数は計算に入れておきたいところでしょう

FA補強

中日2018のFA補強についてはこちら!

大野奨太

中日はFA補強として日本ハムの大野奨太選手の獲得

正捕手候補の松井選手にとっては大きな壁となりますね。

とはいえ、中日は打線よりも守りのチームなので再建のためには投手陣の奮起が必要となるわけなので、そのためにはいい捕手が必要不可欠となります

黄金時代の捕手を支えた谷繁さんも途中加入なので、大野選手の加入が中日再建のきっかけとなれば良いですね。

背番号も引退した森野選手がつけていた「7」を用意してるとのこと。

谷繁さんは27番の印象が強いですが、中日に移籍した直後はこの7番をつけていましたので、大野選手が中日加入したら背番号7→活躍後→背番号27、という流れになるかもしれませんね。

実際に中日の背番号27も空き番号となってますのでその辺にも注目したくなります。

松坂大輔・テスト入団

ソフトバンクを戦力外となった松坂投手がテスト入団で中日に加入

年俸が1500万というのは仕方ありませんが、本当に野球が好きなんでしょうね。

審査も22球のみということで、状態によっては1軍でまだまだ通用するボールなのかなと。

現状中日の先発陣を考えたら松坂投手が状態がよければ先発ローテに入る可能性もあるといえます。

初のセ・リーグともあって注目度は凄いことになるでしょう。

代名詞の背番号18から99。

9+9で18になるとも言われてますが、松坂投手が再ブレイクなるか注目していきたいですね。

松坂投手の存在が中日投手陣の再建のきっかけになればまた中日の黄金期もくるのもそう遠くないかもしれません。

スポンサーリンク

中日のドラフト新人選手

中日が2017年ドラフトで獲得した新人選手はこちらの8名です!

注目の超高校級スラッガーの中村選手を2球団競合の末外してしまった中日ですが、そこからの指名は注目の高校生を多く指名できました。

それでは交渉権獲得選手の紹介です!

ドラフト1位・鈴木博志

鈴木博志・中日

生まれ:1997年3月22日
出身:静岡県
身長:181cm
体重:95kg
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:ヤマハ

中日の1位指名は社会人ナンバーワン右腕の鈴木投手です。

鈴木投手の武器はなんといっても最速157km/hを計測するストレート。

変化球もカットボールとフォークが140km/h台中盤を計測するなど日本人離れした球速を計測します。

制球力が良いタイプではないですが、ここまで球速が出る投手はあまりいなく高卒社会人選手なので、大卒選手ルーキーより若く伸び代も期待できるはず。

そんな鈴木投手は先発と抑えを両方こなすタイプの選手ですので、中日の投手事情を考えるとまずは先発でテストをして適正によって今後の育成方針を固めていくでしょう。

荒れ球を良い方向に活かしていくことが活躍への近道になりそうですね。

CHECK!鈴木博志(ヤマハ)のドラフト進路や評価は?出身中学や高校時代に球種も調査 

ドラフト2位・石川翔

石川翔・中日

生まれ:1999年12月14日
出身:東京都
身長:179cm
体重:81km
投打:右投左打ち
ポジション:投手
最終経歴:青藍泰斗高

中日はなんと高校生ナンバーワン投手との前評判で1位での指名が予想されていた石川投手を2位で指名することができました。

石川投手は甲子園出場こそなかったものの、最速151km/hのストレートと多彩な変化球と制球力でプロのスカウトの注目を集めましたね。

球速の伸びがまだ期待される投手であり、それと同時に怪我の多い選手でもあるようなので大事に育成されるでしょう。

数年後の中日のエース候補となります。

ドラフト3位・高松渡

高松渡・中日

生まれ:1999年7月2日
出身:兵庫県
身長:176cm
体重:65kg
投打:右投左打
ポジション:内野手
最終経歴:滝川第二高

抜群の脚力を誇る高松選手が中日の3位指名となりました。

高松選手は1塁到達タイムが3秒5を計測し、メジャーリーガーのイチロー選手より速いです。

中日スカウトもここ数年の選手で1番速いと評価していますね。

守備位置は遊撃兼外野手ですので、あと数年間は遊撃は京田選手で安泰な以上大島選手の後継者として育成するかもしれません。

ドラフト4位・清水達也

清水達也・中日

生まれ:1999年11月3日
出身:埼玉県
身長:182cm
体重:83kg
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:花咲徳栄高

中日は2017年の甲子園優勝投手の清水投手を4位指名しました。

清水投手の武器は甲子園で計測した最速150km/hのストレートと落差のあるフォークボールで、高校時代にリリーフを務めるなどメンタルの強い選手です。

リリーフとして登板した際は常時140km/h後半を計測し平均球速も安定しているので、場合によっては1年目での中継ぎでのデビューもありえるかもしれません。

CHECK!清水達也(花咲徳栄)のドラフト進路や評価は?出身中学に球速と球速についても 

ドラフト5位・伊藤康祐

伊藤康祐・中日

生まれ:2000年2月3日
出身:愛知県
身長:174cm
体重:75kg
投打:右投右打
ポジション:外野手
最終経歴:中京大中京高

中京大中京高のリードオフマンの伊藤選手を5位で指名です。

3位の高松選手の指名と合わせて大島選手の後釜を育てる意味合いが色濃く出たドラフトとなりました。

身体能力に定評のある選手で二塁手もできるので、中日の手薄な二塁での育成も考えられますね。

ドラフト6位・山本拓実

山本拓実・中日

生まれ:2000年1月31日
出身:兵庫県県
身長:167cm
体重:71kg
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:市立西宮高

中日の本指名最後の選手となった6位の山本投手。

これで中日は1位指名以外を全て高卒選手ということになります。

山本投手は小柄な体格ながら最速148kn/hを計測した右の本格派投手で、高校生ながら完成度が高く、多彩な変化球の制球力でカウントをとるといった武器があります。

中日の指名した投手の中で1番制球力があり、早いうちの一軍デビューがありそうですね。

育成ドラフト1位・大藏彰人

大蔵彰人・中日

生まれ:1994年5月15日
出身:愛知県
身長:191cm
体重:83kg
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:徳島インディゴソックス

中日の育成1位は四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスの大藏投手。

大藏投手は地元の愛知学院大でエースとして活躍しましたが、イップスを発症しプロ入りは叶わず四国アイランドリーグで力をつける選択をしました。

その後腰の故障もありましたが復活し、球速も最速146km/hを計測。

長身から放たれるストレートとカーブのコンビネーションで支配下登録を目指します。

育成ドラフト2位・石田健人マルク

石田健人マルク・中日

生まれ:1995年7月18日
出身:愛知県
身長:184cm
体重:83kg
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:龍谷大

ベルギー人の父親を持つハーフの東邦高校出身の地元の投手を

角度ある最速147km/hのストレートが武器の石田投手。

大学での通算成績はあまり良くありませんでしたが、潜在能力は認められており、中日のコーチ陣の手腕が問われます。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018シーズンの補強情報

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!巨人2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ソフトバンク2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!西武2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!楽天2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!オリックス2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!日本ハム2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

まとめ

ここまで2018年の中日の補強について色々とまとめてみました。

中日が再び黄金期を迎えるには攻撃というよりも、守りの底上げを重視したいところでしょう。

今回のドラフトについては捕手の中村奨成選手が外れたとはいえ、ドラフト1位の鈴木博志投手が即戦力候補で、石川翔投手、清水達也投手という将来楽しみな逸材も入団したということで早い段階で投手王国を復活させたいですね。

2018年に向けて補強された選手がが中日の再建となることを期待しています。