プロ野球ドラフト予想2018!

今回は2018年DeNAのドラフト候補となる選手を予想していきます。

昨年セリーグ3位から、クライマックスシリーズを勝ち抜き日本シリーズに進出したDeNA。日本シリーズでは惜しくも日本一を逃してしまいましたね。

20代の若手選手が主力メンバーのDeNAですが、中畑元監督やラミレス監督の若手積極起用により育ってきた選手ばかりですね。

今回はそんなDeNAの2018年ドラフト候補についてチェックしていきます!ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

根尾昴(大阪桐蔭)

多数の球団が1位指名をしてくると予想される2018年ドラフトの目玉。

高い次元で内野外野投手までこなす三刀流選手で、投げては最速148キロ打っては高校通算ホームラン20本以上と凄いとしか言いようのない選手です。

打つ投げるだけではなく吉田編成スカウト部長からは、守備がいいと評価されるほどの守備力もありますね。

更に吉田編成スカウト部長から、高校生のスイングじゃないしミート力もあると評価されています。

遊撃手に昨年FAで獲得した大和選手や倉本選手、外野にはルーキーの神里選手や桑原選手などの若手がうようよしており、根尾選手の加入により競争が劇生かしそうですね。

文句なしの1位指名だと思います。

藤原恭太(大阪桐蔭)

こちらも多数球団から1位指名を受けると予想されている選手です。

根尾選手とはチームメイトであり、特に意識している選手の1人だそうです。パワーもあり瞬発力もある選手で阪神糸井選手のような身体能力の持ち主ですね。

吉田編成スカウト部長からは、トリプルスリーも狙える選手だと好評価を受けており将来の活躍も期待されています。

藤原選手が加入すれば、神里選手桑原選手辺りはうかうかしてられない状況になるのではないでしょうか。

1位指名だと思いますが、根尾選手とどちらを選んでくるかでしょうね。

森下翔太(東海大相模)

ハマスタのレフトスタンド上段にホームランを叩き込んだパワーヒッター。

高校通算ホームラン40本以上とこれからどこまで伸ばしてくるか楽しみな選手でもありますね。スイングスピードが速く、捕らえた打球はあっという間にスタンドへ消えていくような印象があります。

稲嶺スカウトは、リストが強くヘットを利かせるバッティングできる選手で2018年のドラフト候補だと評価していますね。

地元横浜生まれで東海大相模出身とくれば、指名しない理由はないですし場合によっては他球団との根尾&藤原選手の競合を避けた一本釣りがあるかもしれません。

CHECK!森下翔太(東海大相模)のドラフト進路は?出身中学と兄弟についても 

万波中正(横浜)

父はコンゴ人。日本人離れした身体能力が魅力的な選手。

190センチ90キロで、投げては147キロ、打ってはハマスタの電光掲示板にぶち当てるなどパワーあふれるプレーを見せてくれています。少し粗削りな部分もありますが将来性は抜群ですね。

吉田編成スカウト部長からは、リーチがあるので投手のほうが面白いかもと評価されいます。

投手事情を見ると先発中継ぎ抑えすべてで充実しているので、早い段階で過度なプレッシャーをかけることなく無理なく育成していけると思います。

こちらも横浜高校出身ということで、指名があるかもしれませんね。今後の活躍次第でしょうが、今のところ予想指名順位は3から4位あたりでしょう。

CHECK!万波中正(横浜高校)の母や父の仕事は?ドラフトや中学時代に彼女についても 

東妻勇輔(日体大)

小柄ながら最速153キロの力強いストレートを投げ込む選手。

マウンド度胸はピカイチで、2種類のスライダーとスプリット、カーブを持ち球としていますね。奪三振率も高く3年秋には、九共大戦で打者11人に対して9個の三振を奪っています。

吉田編成スカウト部長からは、プロ相手によく投げていた。

上位候補だと評価されていて指名が予想されます。DeNAの先発陣ならルーキーイヤーから6番手5番手には食い込める人材だと思いますので、2.3位あたりの指名予想です。

鈴木翔天(富士大)

最速149キロ左腕。

伸びのあるストレートに加え、スライダー、カーブ、チェンジアップを操る投手ですね。先発中継ぎどちらもこなせる器用さもあり、3年秋には15奪三振の完全試合を達成しています。

河村スカウトも注目しており、腕の振りがよく体型のバランスも良いと評価していますね。

DeNAは現在左投手王国と言われるほど、いい左投手が揃っています。鈴木選手もこの王国に加わり盛り立てていってほしいですね。

実力的には上位指名ですが、フロントがさらに左投手を欲しがるかが指名の鍵ですね。

スポンサーリンク

芳賀大成(明秀日立)

小柄なパワーヒッター。

身長170センチながら高校通算ホームランは30本近くと、地力の強さを伺わせます。ポジションは内野手兼捕手で主に二塁手を務めていますね。捕手としても面白い人材だと思います。

河村スカウトは、捕手をやったらロッテの田村みたいになるかもしれないと評価していますね。またバッティングもいいので打てる捕手として活躍もできます。

戸柱、嶺井選手などの捕手陣はうかうかできません。

今のところは下位指名予想ですが、今後の成長に期待しましょう。

小島和哉(早稲田)

元浦和学院、球持ちの良さが光る好投手。

両サイドのコントロールも安定しており、ストレートと多彩な変化球を操り打たせて取るピッチングをする投手です。2年秋からはエースの座をつかみ早い段階から早稲田の柱として活躍しています。

河村スカウトはオープン戦での小島選手の投球を見て、この投球がリーグ戦でできればドラフトもいい順位になると評価していますね。

左投手王国の1人としてドラフトの指名があるか楽しみです。実力的には中盤くらいの指名ですが今後の動向に注目しましょう。

梅津晃大(東洋大)

最速153キロ速球派本格右腕。

高校時代からプロのスカウトに評価されており、東洋大進学後には球速が13キロも増加しドラフト上位候補と呼ばれるまでに成長しました。体に巻き付くような腕の振りから打者の懐に投げ込むストレートも魅力的です。

吉田スカウト部長は、いい投げ方をしていると高い評価を与えています。即戦力投手であり今すぐにでもローテーションに入れる投手ですね。

実力だけなら上位候補ですね。

甲斐野央(東洋大)

最速157キロの怪物投手。

メジャーのスカウトも注目するポテンシャルの持ち主でスケールの大きい選手ですね。将来はメジャーリーグに挑戦するような投手に成長するかもしれないという期待が持てますね。

これだけの速球を投げる選手はDeNAにはいないので、先発、もしくは中継ぎで使っても面白いかもしれません。

こちらも実力では1位指名の選手です。即戦力投手で指名するのであれば確実に1位でしょう。

まとめ

いかがでしたか。

2018年ドラフトでDeNAから指名されそうな選手を予想してみました。

2年連続でのAクラス入りと日本シリーズ進出、さらには98年以来の日本一を狙うDeNAですが、そのあとのドラフトからも目が離せませんね。

フロントがどんな選手を選んでいくのか、今後の動向にも注目していきましょう。