横浜DeNA・歴代ドラフト1位指名

今回は横浜DeNA(TBS時代含む)の歴代ドラフト1位で活躍した選手を紹介します。

毎年注目されるドラフト1位選手ですが、果たして球団からアマチュアで1番の実力があると判断された選手はどのような活躍をしたのでしょうか。

年代が新しい順から紹介していきます。

それではご覧下さい!!

スポンサーリンク

東克樹

2017年ドラフト1位

いきなり本記事作成時点での最も最近のルーキーの東投手の紹介になります。

東投手は大学ナンバーワンサウスポーの触れ込みでの入団となった立命館大出身の投手です。

評判通りの実力をキャンプ、オープン戦から発揮し開幕から先発ローテーションに名を連ね、全体的に不調気味の横浜投手陣の中で勝ち頭として活躍。まさに即戦力としての働きをしている投手といえます。

本記事作成時点では新人王の獲得が確定的となっており、日本球界を背負う投手としての成長が期待されますね。

濱口遥大

2016年ドラフト1位

2016ドラフトは大学BIG3と呼ばれた、田中投手、佐々木投手、柳投手が大きく注目を集めて集め、横浜DeNAは柳投手を1位指名しましたが、抽選に外れさらに佐々木投手のくじも外し濱口投手を1位で指名しました。

濱口投手は神奈川大出身の左のパワーピッチャーでアマチュア時代は高評価だったものの制球力が課題といわれていて、ドラフト1位投手の中ではやや厳しい評価でした。

しかし、プロに入団してからはやや四球は多いものの大きく制球が改善され数少ない左の速球派の先発投手として活躍。

1年目から二桁勝利を挙げました。ポストシーズンでも新人ながら完璧な投球を見せメンタルの強さを見せつけ今後横浜DeNAのエースとして成長することが期待されています。

今永昇太

2015年ドラフト1位

この年から3年連続で大卒の左投手をドラフト1位で獲得するようになった横浜DeNAの最初の成功例が今永投手です。

今永投手は駒澤大出身で横浜DeNAから単独指名を受け入団。

ルーキーイヤーは抜群の投球を披露するものの援護に恵まれず、惜しくも二桁勝利を逃しますが、翌年は更に進化を見せチームトップの11勝をマーク。

またアジアチャンピオンシップの日本代表にも選出され日本のアジア制覇に大きく貢献しました。

入団3年目の2018シーズンは怪我で出遅れ、本来の投球が出来ずあまり良い成績を残せていません。本来の投球を取り戻せば名実ともに横浜のエースとして認められるでしょう。

山崎康晃

2014年ドラフト1位

ヤスアキジャンプでお馴染み日本球界でも屈指の人気、実力を誇るクローザーの山崎投手。

山崎投手は現日本ハムの有原投手との競合に敗れた後に指名され亜細亜大から入団。

ルーキーイヤーは当時のチームのクローザーの三上投手の故障もありクローザーとして抜擢され大きく落ちる速いスプリットを武器にセリーグの名だたる打者を抑え開幕から無失点のゲームが続きクローザーとして定着。

1年目から防御率1点台、新人セーブ記録の37セーブを記録し新人王を獲得。

翌年以降も不調でクローザーから一時的に外されることもあったものの基本はクローザーとして活躍を見せ入団から4年連続20セーブという前人未到の記録を樹立。

今後も更なる記録の更新の可能性があるだけに故障には気をつけてもらいたいですね。

筒香嘉智

2009年ドラフト1位

ここからは大きく遡り横浜DeNA誕生前の指名の紹介になり、最初の紹介は現横浜DeNAの主軸を務め、日本の4番の筒香選手です。

筒香選手は横浜高校出身で当時は現西武の菊池投手が大きく注目を集める中単独指名を受け入団。

1年目からファームで好成績を残しシーズン終盤に一軍デビューを果たし本塁打を記録。

しかし、2年目以降はコンスタントに一軍に昇格するものの伸び悩む日々が続きました。

頭角を現したのは2014年でありプロ5年目、2016年には44本塁打、110打点を記録し本塁打、打点王を獲得。WBCでも日本の4番として活躍し今後も日本を代表するスラッガーとしての活躍が期待されます。

高崎健太郎

2006年希望入団枠

2006年はドラフトが高卒と大学社会人で分かれていて大学社会人の1位が高崎投手で日産自動車から入団しました。

即戦力として活躍することは出来ませんでしたが入団3年目には中継ぎで56試合に登板し一軍に定着。

そして2012年に球団が変わってから初の開幕投手に指名され一年間ローテーションを守りそこから3年間は黎明期の横浜DeNAのエースとしてチームを支えました。

チーム事情もあり一度も勝ち越すシーズンはありませんでしたが、当時は貴重であったローテーションを守れる投手であった高崎投手は故障や持病もあり2017年に引退。その後は球団職員として横浜DeNAに残っています。

スポンサーリンク

山口俊

2005年高校生ドラフト1位

2018シーズンは巨人で先発の一角を担っている山口投手の入団は横浜であり、柳ヶ浦高校から高校生ドラフト1位指名でした。

入団してから数年は先発投手として起用されていましたが、入団3年目に中継ぎとして一軍で活躍してからはリリーバーとしての才能が開花し、2009年からはクローザーとして活躍。

当時最年少100セーブ記録を残しましたが、2013年に防御率が悪化しクローザーから降格。その後2014年に先発投手として復活し、2016年オフにはFA権を行使し、巨人へ移籍しました。

村田修一

2002年自由獲得枠

現在とは違う逆指名に近いシステムの自由獲得枠で2002年にドラフトで横浜がもっとも評価した選手は当時日本大学の村田選手。

村田選手は入団1年目から一軍で25本塁打を記録し、2007、2008年度続けて本塁打王を獲得し、WBCで4番を務めました。

年々守備の成長が目立った選手でもあり、ベテランの域に差し掛かってから三塁手として3回ゴールデングラブ賞を獲得しました。

2011年オフの横浜ベイスターズの身売りと共にFA宣言し巨人へ移籍。

移籍後は巨人では珍しい外様ながら選手会長に就任し、プレイングでもベストナインを獲得するといった活躍。

2017年オフに巨人を戦力外になってからは独立リーグの栃木ゴールデンブレーブスでNPB復帰を目指しましたが叶わず、事実上の引退を余儀なくされました。

内川聖一

2000年ドラフト1位

現在日本のプロ野球を好きな人なら知らない人はいない、右打者最高打率の記録保持者の内川選手のプロでのキャリアは横浜から1位指名を受けるところから始まりました。

内川選手は入団してからは主にユーティリティーでの出場がメインでありましたが、若き日には目の視力が落ちる病気やイップスを発症し内野を守れなくなってしまうといった苦労があった選手でした。

定位置を掴めないながらも非凡なバッティングセンスを発揮していた内川選手がレギュラーに定着したのは2008年であり、その年に右打者最高打率を記録し首位打者を獲得。

翌年も好成績を残し安定性を証明すると、FA権を行使してソフトバンクへ移籍し幾度と優勝、日本一へ貢献し今もチームを引っ張るベテランとして活躍を続けています。

川村丈夫

1996年ドラフト1位

最後に紹介するのは1998年の優勝メンバーであり、現二軍投手コーチの川村投手です。

川村投手は大学社会人を経てプロ入りし、入団1年目からローテーションを守り二桁勝利を挙げ翌年には開幕投手に抜擢されチームの日本一に大きく貢献しました。

記憶に新しいのは2004年からのクワトロKとしての中継ぎ投手としての活躍であり、ベテランながら抑えのクルーン投手が不在時は臨時で抑えを任されるなど活躍しました。

先発、中継ぎの両方で一流の成績を残した選手の1人であり、三浦大輔、斎藤隆ほどの派手さは無いものの昔からのファンからは愛されている選手の1人なのではないでしょうか。

まとめ

今回は横浜DeNAの歴代ドラフト1位についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

こうしてまとめると近年のドラフト1位の成功率は高く、即戦力ドラフトが上手くいっていると言えます。

ここで紹介してない選手では須田選手が現在中継ぎとして活躍していて初のCS進出に大きく貢献しましたね。

今後のドラフト1位指名の選手から目が離せませんね。