プロ野球契約更改・年俸予想2019・横浜DeNA

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けた横浜DeNAの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみした。

横浜DeMAといえば若い選手の活躍が素晴らしく近年では多くの選手が年俸アップを勝ち取っています。

さらに2018シーズンを持って契約の切れる外国人選手も多く動向が注目されます。

それではご覧下さい!!

スポンサーリンク

筒香嘉智

2018年の年俸:3億5000万円
2019年の年俸:4億円(5000万円増)

日本でも屈指の長距離バッターであり地位を固めつつある筒香選手ですが、本記事執筆時点では本塁打王争い中でキャリアハイに迫ろうともする勢いで本塁打を量産しています。

2017シーズンはWBCの影響もありやや成績を落としましたが、2018シーズンは完全復活。前後の打者が優秀な為やや打点は寂しくなってはいますが4番として素晴らしい成績を残しています。

タイトル獲得で2019年の年俸は4億円の大台に乗ると予想します

筒香嘉智のメジャーの評価は酷評?FAはいつ?年俸や高校時代についても 

山崎康晃

2018年の年俸:1億5000万円
2019年の年俸:2億5000万円(1億円増)

本記事執筆時点でセーブ王のタイトルをほぼ確実にしているセ・リーグ屈指のクローザーの山崎投手。複数年に渡ってクローザーで活躍する事は難しいと言われていますが、ルーキーイヤーからクローザーを務め、2018シーズンは更に安定感が増しました。

毎年苦手だった夏場以降も乗り切り、昨年はパットン投手と一時期代わったクローザーの地位を確固たるものとしました。

タイトル込みで大幅アップ間違い無いでしょう。

2億2000万円前後はいくのかなと予想

ネフタリ・ソト

2018年の年俸:3500万円
2019年の年俸:2年契約で合意中

シーズン途中からの試合出場ながらシーズン終了時には筒香選手と同数レベルの本塁打を打つペースで本塁打を量産しているソト選手。

おそらく横浜としてはタイロン・ウッズ以来の自前の超大当たりの外国人選手であり、既に来季から2年契約を年俸の倍増を最低ラインに進めているとの報道がありました。

成績が筒香選手並みでセカンドも守る活躍も見せた選手なだけにおそらく大幅な出来高が契約に組み込まれると予想されます。

2019年の年俸は7000万円+出来高?といったところでしょうか。

東克樹

2018年の年俸:1500万円
2019年の年俸:5550万円(4050万円増)

ルーキーイヤーから2桁勝利を挙げ、本記事執筆時点で菅野投手と最優秀防御率争いをしている新人王確定の東投手。

シーズン開始時にリーグ屈指の陣容と期待された先発陣は中継ぎ不足による井納投手の中継ぎ転向や、今永投手、石田投手、濱口投手の不調により崩壊。結果東投手が勝ち頭と活躍し、投手陣の崩壊を一歩手前で食い止めた結果となりました。

リーグでもかなり良い部類の先発投手として活躍した為倍増以上の年俸アップは確実でしょう。

2019年の年俸は4000万円以上はいきそうですね。

宮崎敏郎

2018年の年俸:8000万円
2019年の年俸:1億6000万円(8000万増)

2017シーズンに大ブレイクし、攻守にわたって素晴らしい活躍を見せている宮崎選手。安定してヒットを量産する打撃はそのままに、キャリアハイの20本塁打を達成し、更に見栄えの良い成績を残しています。

正真正銘のレギュラー選手として定着した2018シーズンは1億の大台を超える事は確実でしょう。

ホセ・ロペス

2018年の年俸:2億3000万円
2019年の年俸:契約続投予定

巨人から移籍後は安定して素晴らしい成績を残し続けてきたロペス選手。

持ち前の打撃だけでなく、リーグ随一の一塁の守備や他の外国人選手との積極的なコミュニケーションとチームには欠かせない存在となりました。

2018シーズンを持って複数年契約が切れ、球団は単年での再契約を打診するそうですが提示金額は成績的や年齢的に数千万円増が予想されます。

三嶋一輝

2018年の年俸:2100万円
2019年の年俸:4800万円(2700万円増)

ルーキーイヤーに先発投手として活躍してからは伸び悩みが続いていた三嶋投手ですが、2018シーズンは中継ぎ投手として復活。

シーズン序盤はビハインドリリーフとしての登板がメインでしたが、好投を続け勝ちパターンの投手として定着しました。

登板数が非常に多いため増額は確実でしょう。

3000万以上はいきそうですね。

京山将弥

2018年の年俸:560万円
2019年の年俸:1050万円(490万円増)

2018シーズンを高卒2年目として迎えた京山投手は一軍デビューを果たし、順調に勝ちを積み重ねました。

一度調子を崩しファームでの調整が続きましたが夏場からコンスタントに一軍での登板機会がありました。

防御率こそやや高いものの試合をしっかりと作る登板も多く6勝をマーク。

多くの先発投手が調子落とす中救世主となった京山投手は2倍以上の増額があるでしょう。

1100万円前後はいくのかなと。

スポンサーリンク

平良拳太郎

2018年の年俸:750万円
2019年の年俸:1300万円(550万円増)

2016シーズンオフにFAで移籍した山口俊投手の人的補償として横浜DeNAへ移籍した平良投手は移籍してから目覚ましい成長を見せ、2018シーズン後半からはローテーションに定着し、本記事執筆時点で5勝と防御率3点台を記録。

京山投手と共にエース候補として後半戦のローテーションを支えました。

京山投手と共に倍額近くの増額があると思われます。

1500万円前後はいきそうですね。

柴田竜拓

2018年の年俸:2300万円
2019年の年俸:3500万円(1200万円増)

2017シーズンは持ち前の守備範囲を活かして出場試合数を増やし2018シーズンはレギュラー奪取を目指した柴田選手でしたが、チームには同じポジションを守る大和選手が加入。

その為シーズンの序盤はあまりスタメン出場はありませんでしたが打力重視で起用されていた倉本選手が不振に陥りスタメン出場試合数が増えていきました。

守備範囲が非常に広いとはいえ打率は2割前半とややレギュラーとしては心許ないですが、出塁率は3割を超えチームへの貢献度が高いです。

100試合以上の出場があり増額が見込まれます。

3000万円前後が妥当かなと。

神里和毅

2018年の年俸:1250万円
2019年の年俸:2500万円(1250万増)

2018シーズンはルーキーながら開幕スタメンを勝ち取り、不調の桑原選手に代わって1番バッターも務めました。

その後もレギュラーとして定着しましたが8月の試合で死球による骨折により長期離脱してしまいました。

しかし、成績は86試合に出場し、5本塁打、15盗塁、出塁率3割を記録しリードオフマンとしての活躍をみせました。

出場試合数的に大幅な増額はありませんが、2000万円前後の提示はあるでしょう。

梶谷隆幸

2018年の年俸:1億2800万円
2019年の年俸:年俸9600万円(3200万円減)

2017シーズンに自身初の20本塁打を記録し1億円プレイヤーとなった梶谷選手ですが、2017シーズン後半から肩を庇ってのプレーが続いていて2018シーズンは怪我が悪化し、僅か41試合の出場に留まりました。

FAも近く怪我ということで大幅の減俸は無いとは思われますが、現状維持〜1500万円の幅での減俸があるでしょう。

伊藤光

2018年の年俸:5500万円
2019年の年俸:5500万(現状維持)

2018シーズン途中にトレードでオリックスから加入した伊藤選手。

パリーグでベストナインを獲得した持ち前の打撃力の復活を期待されましたが、オリックス時代からの打撃不振は改善されませんでした。

オリックスの年俸を引き継いでいますが、横浜DeNAでの実績はない為予想以上の大幅減俸もあり得ます。

今永昇太

2018年の年俸:8400万円
2019年の年俸:6700万円(1700万円減)

2017シーズンは11勝を挙げ2018シーズンはエースとして期待された今永投手でしたが、春先の故障もあり絶不調。

防御率は6点台を超え、二桁敗戦を記録し本来の実力を発揮出来ない一年となってしまいました。

登板数はそれなりにありますが減俸は逃れられないでしょう。

1000万前後のダウンが妥当でしょうか。

倉本寿彦

2018年の年俸:7300万円
2019年の年俸:6400万円(900万円減)

FAで同じポジションを守る大和選手が加入し、遊撃手としての守備力に難があった倉本選手はキャンプから二塁手にコンバートされた事が影響したのか本来の持ち味の打撃でも全く力の発揮出来ないシーズンとなってしまいました。

また、新外国人選手のソト選手が二塁を守ったり、柴田選手が攻守にわたって活躍を見せると、夏場からは出場機会を失いファーム暮らしが続きました。

出場試合も少なく大きな減俸もあり得るでしょう。

1000万ダウンの6300万円が妥当ラインでしょうか。

まとめ

以上、プロ野球契約更改2019シーズンの横浜DeNAの年俸予想をしてきましたがいかがでしたでしょうか。

2018シーズンは2017シーズンのレギュラーやローテーション投手の多くが調子を落としやや荒れた契約更改となりそうです。

筒香選手らの主力のFAも2〜3年後に控えていてそこでの複数年契約を見据えての金額提示も行われそうです。

穏やかな契約更改となる事が望ましいですね!!

プロ野球契約更改・年俸予想2019【他11球団】

セ・リーグ

プロ野球契約更改・年俸予想2019【広島カープ編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ヤクルト編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【巨人編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【中日編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【阪神編】 

パ・リーグ

プロ野球契約更改・年俸予想2019【西武編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ソフトバンク編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【日本ハム編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【オリックス編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ロッテ編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【楽天編】