プロ野球補強ポイント2019・横浜

プロ野球補強ポイント2019!

ということで今回は2019年に向けた横浜DeNAの補強ポイントを考察していきます。

2018シーズンは惜しくもAクラス入りを逃してしまい、早くも来シーズンへ向けてコーチ陣の一新や戦力補強についての話題に尽きない横浜DeNA。そんな横浜DeNAの補強ポイントについて考察していきます。

それではご覧下さい。

スポンサーリンク

2019年横浜DeNAの補強ポイント【投手】

2018年の2018年の主力投手
先発
・東克樹
・濱口遥大
・石田健大
・井納翔一
・京山将弥
・平良拳太郎
・今永昇太
・ウィーランド
・バリオス
中継ぎ・抑え
・三嶋一輝
・三上朋也
・砂田毅樹
・パットン
・エスコバー
・山崎康晃

2018シーズンは前評判も高く優勝候補の横浜DeNAでしたが、先発投手の不調が大きく響いたシーズンとなりました。

2017シーズン主力投手だった今永、濱口、ウィーランド、石田投手が大きく成績を落とし、規定投球回数到達投手がルーキーの東投手のみと先発投手陣は崩壊気味。

ウィーランド投手の残留は未知数ですが、二桁勝利経験のある今永、濱口、井納、東投手が本来の実力を発揮出来ない限りは補強が必要となります。

前述した4本柱に加え平良、京山、飯塚、新外国人投手でローテーションを争う事が理想となりますが、先発投手は多い事に越した事はないので先発の出来る外国人投手を2人、あわよくばFAでの選手獲得が理想でしょう。

中継ぎ陣は砂田、三上投手の左右の投手からセットアッパーの、パットン投手、抑えのセーブ王山崎投手に繋げる流れは盤石である事に加え2018シーズンは三嶋投手の中継ぎ投手としての急成長や2017シーズン途中に加入したエスコバー投手も大活躍し、大きな穴は見当たりません。

あえて補強ポイントを挙げるとすれば登板過多気味の砂田投手の負担を減らす為、砂田投手と同じくらいの信頼がある左投手が必要となるでしょう。

またパットン投手、エスコバー投手が条件面での折り合いがつかず退団してしまう場合は代わりの選手の獲得が急務となります。

2019年横浜DeNAの補強ポイント【捕手】

2018年の2018年の主力捕手
・伊藤光
・嶺井博希

2018シーズンはかなり捕手に苦しんだシーズンのとなった横浜DeNA。

2017シーズンこそ戸柱選手が攻守に渡り活躍を見せ長年の正捕手不在問題に終止符が打たれたと思われましたが、その戸柱選手が打撃絶不調に陥り打力が持ち味だった2番手捕手の嶺井選手も結果を残せませんでした。

フロントは動き、高卒1年目から一軍で経験を積まし正捕手候補として育成してきた高城選手を放出し、トレードでベストナイン獲得経験のある伊藤選手を獲得しましたが、伊藤選手も全盛期の打力を発揮する事が出来ず結局固定が出来ないままシーズンを終えました。

補強ポイントである事は確かですが、球界全体で打てる捕手が不足している為戸柱選手や伊藤選手の復調が鍵となりそうです。

2019年横浜DeNAの補強ポイント【一塁手】

2018年の2018年の主力一塁手
・ロペス

2018シーズンは離脱があったもののレギュラーとして安定した成績を残したロペス選手。

2017シーズンにこそ成績は及ばなかったものの勝負強い一打と守備力でチームを救ってきました。

特に補強ポイントでは無いですが、後釜の確保が急務であり新外国人選手に頼るのも良いですが、中川選手や佐野選手あたりが打撃開花することが望ましいでしょう。

2019年横浜DeNAの補強ポイント【二塁手】

2018年の2018年の主力二塁手
・柴田竜拓
・倉本寿彦
・ソト

FAで大和選手が加入し、元々ショートの倉本選手がセカンドにコンバートされ、2017シーズンからアピールを続けてきた柴田選手と争う形でシーズンが始まりましたが、レギュラーだった倉本選手は攻守共に精彩を欠きファーム落ちも経験し大きく出場試合数を落としました。

また打力を重視する打線を組む際はソト選手を二塁手起用する試合もありました。

競争をしていた2名が共に打率が2割前半と補強ポイントであり、ソト選手をキャンプから練習させて二塁手に据えるというかプランもあるでしょう。

2019年横浜DeNAの補強ポイント【三塁手】

2018年の2018年の三塁手
・宮崎敏郎

142試合に出場し不動のレギュラーとして活躍し並みのある選手の多い横浜打線において安定した働きを見せた宮崎選手。

特に補強ポイントでは無いですが、選手層が薄く代わりに出る選手がほとんど一軍の経験のある選手で無いのは大きな問題です。

スポンサーリンク

2019年横浜DeNAの補強ポイント【遊撃手】

2018年の主力遊撃手
・大和
・柴田竜拓

2017シーズンオフにFAで移籍してきた大和選手は開幕から遊撃手として定着し、抜群の守備力でチームを救ってきました。

課題の打撃は2017シーズン程は打てませんでしたが、怪我での離脱があって復帰後は調子を取り戻したチームのCS争いに大きく貢献しました。

大和選手の離脱中は同じく守備力が売りの柴田選手が守りました。大きな補強ポイントでは無く、バックアップも問題ないでしょう。

2019年横浜DeNAの補強ポイント【左翼手】

2018年の主力左翼手
・筒香嘉智

チームの顔であり日本の4番の筒香選手が不動のレギュラーの左翼手。

外野手があまり気味なので控えを含めても補強ポイントとはいえませんが、次世代の大砲の育成は今後の球団としての課題となりそうです。

2019年横浜DeNAの補強ポイント【中翼手】

2018年の主力中翼手

・神里和毅
・桑原将志

2017シーズンにレギュラーを掴み取ったと思われた桑原選手が2018シーズンは打撃絶不調に陥りました。

代わりにリードオフマンを務めたのがルーキーの神里選手であり、骨折での離脱までの前半戦だけで出塁率3割、15盗塁を記録し完全に一時期はレギュラーの座を完全に奪取しました。

2人の競争だけではなく乙坂選手、関根選手も虎視眈々とレギュラーを狙っており1番過激な競争が行われている中堅手は控えの層も厚くなっています。

2019年横浜DeNAの補強ポイント【右翼手】

2018年の主力右翼手
・ソト
・梶谷隆幸

右翼手の争いは中堅とともに熾烈を極め若手がオープン戦から多く起用されましたが、元々レギュラーだった梶谷選手が怪我をしたタイミングでソト選手が、頭角を現しシーズン終盤にはソト選手がレギュラーに定着しました。

中堅と同様層が厚くあまり補強ポイントとは言えませんが梶谷選手の怪我の状況と復帰した場合のソト選手の起用については気になるところです。

2019年横浜DeNAでもっとも補強すべきポイントは?

というわけで、2019年の横浜DeNAの補強ポイントについて2018年のデータをもとにポジションごとに考察してみました。

DeNAがもっとも補強すべきポイントは

・先発投手
・捕手
・一塁手

だと思われます。

2018シーズンの低迷の原因は明らかに先発投手にあり、補強が最も必要であることは間違いないでしょう。

次点で出場選手の打率が2割前半以下の捕手が攻撃力という面でリーグ最下位の得点のチームには補強が必要です。

他のポジションは競争が発生していて大きな補強は必要無いですが一塁手はロペス選手の後釜の育成が急務であり、もし故障で離脱があった場合には大幅な攻撃力の低下が見込まれるのでサブの外国人選手を獲得するといった手を打つ事も必要となってくるでしょう。

2019シーズンに向けてストーブリーグからも目が離せません!!