横浜DeNA2018・補強

プロ野球2018!

ということで今回は横浜DeNAの補強について取り上げていきます。

ラミレス監督になってから2年連続でクライマックス出場ということで、Bクラスが常連というイメージは消えましたね。

もともと打撃のいい選手が育っているので、課題となる走力と中継ぎ以降の投手力が改善されると優勝争いも現実的です。

今永投手や濵口投手といった若手投手も育っているので楽しみな球団ですね。

そんなわけで、今回は2018シーズンの横浜DeNA2018の補強となる、新外国人、FA、ドラフト新人選手についてスポットと当てていきます。

ご覧ください!

※随時追記していきます。

スポンサーリンク

横浜DeNAの2017を振り返って必要な補強ポイントは?

2017年も激しい3位争いを制して、2016年に続いてCS進出を果たした横浜DeNA。

若手を積極起用するチームカラーで打線はセリーグでも上位の迫力のある打線を作り上げました。

中軸はもちろん、俊足ですがパンチ力のある桑原の1番や20本塁打した梶谷が下位打線にいる打線は他球団にしてみれば脅威でしょう。

打線と比較して投手力はやはり広島や阪神と比較すると若干劣る印象が否めないですね。

先発投手は若手投手が台頭してきたためかなり駒不足が解消された感はあるものの開幕投手に指名した石田も、エース候補であった井納も伸び悩んで大きく飛躍するというところまではいきませんでした。

リリーフも抑えの山崎が固定できてはいるものの中継ぎ陣を含めたブルペンの投手層全体という面では決して厚いというわけではありませんね。

ビハインドで投げる投手が安定していれば横浜打線なら広島のような逆転ゲームが増える可能性は高いですので、やはり補強ポイントは一にも二にも投手力と言えそうですね。

CHECK!横浜DeNA2018のスタメンオーダー予想!開幕投手と先発ローテも 

新外国人補強

続けて横浜DeNA2018の新外国人はこちらの選手!

ネフタリ・ソト

DeNAは内野手候補として、プエルトリコのソト選手がテスト入団したそうですね。

2013~2014にメジャー経験があり、マイナーでは通算143本塁打を達成しています。DeNAにとってさらなる打線の厚みが期待できますね。

ポジションは一塁、三塁でメインは一塁手のようでロペス選手とのポジション争いになるかもしれません。

外野経験もあるみたいですが、DeNAの外野3人はほぼ固定されてますので怪我がない限り空きはないでしょう。

補強ポイントは投手陣だと思いますし、DeNAのような打線の良いチームにとってこの補強は戦力の計算には入らないと思います。

どちらにしてもテスト入団なのでレギュラーを確約された補強ではなさそうですね

エディソン・バリオス

ソト選手に続き、DeNAは元ソフトバンクのバリオス投手を獲得。

ソフトバンクに在籍時代は大御所の外国人でファン以外はあまり見る機会はありませんでしたが、NPBで4年間プレーしており怪我の影響で2度育成を経験している苦労人。

2017シーズンはBCリーグ・富山GRNサンダーバーズでプレーしていましたが、結果は出ていません。

最速152キロで平均球速が147キロでボールは速いですが、コントロールに難がある印象が強いですね。

2015年には20ホールドの実績があるので、DeNAの補強ポイントでもある中継ぎ候補として期待されることでしょう。

強力打線にバリオス投手が中継ぎとして機能すれば優勝にまた一歩近づくのではないでしょうか。

FA補強

横浜DeNA2018のFA補強選手はこちら。

大和

獲得に動いていた阪神の大和選手の入団が決まりましたね。

大和選手は守備のスペシャリストなので、二遊間の守備の強化を考えるなら最適な補強だったのかなと思います。

阪神は打線が弱いのでセンターラインも打てる選手を優先しなければいけないチーム状態だったので大和選手はなかなか出番に恵まれていませんでした。

でもDeNAの打線の強いチームなので、大和選手の難点である打撃がいまいちのままでも守備の貢献度を考えたら十分シーズン通して出場できる可能性は高いでしょう。

内野手出身でプロに入ってから外野を経験すると見事外野手としてゴールデングラブ賞も獲得していますが、二塁手と遊撃手としても阪神の誰よりもダントツで上手いので1シーズン出場できれば内野手としてもゴールデングラブ賞は獲れる選手かなと。

背番号9として、新天地で飛躍してほしいですね。

武藤祐太(中日から加入)

中日から戦力外となった武藤祐太投手を獲得

DeNAの補強ポイントとなる中継ぎとしての期待がかかるわけですが、2軍ではいいボールを投げているのが評価されているみたいなので、どこまで化けるかが楽しみですね。
現に阪神の桑原投手は30歳超えてからでも見事ブレイクして例もあるので、武藤投手もまだまだわからないところがあります。

戦力外から見事這い上がってほしいですね

中川大志(楽天から加入)

楽天から戦力外になった中川大志選手を獲得

中川選手といえば長打が魅力な選手ですが、DeNAではロペス選手と宮崎選手の控え的な存在と使われていく模様。

中川選手といえば長打が魅力な選手ですが、代打としても期待のかかる選手なので、さらにDeNAの打線がアップするのかなという印象です

年齢的にもまだまだできるので、今回の移籍が中川選手のブレイクポイントとなれば良いですね。

スポンサーリンク

横浜DeNAのドラフト新人選手

横浜DeNAが2017年ドラフトで獲得した新人選手は10名!

中堅選手を大量に解雇した横浜は、本指名9人に育成選手1人とかなりの人数を指名しました。それでは交渉権獲得選手を紹介していきます!!

ドラフト1位・東克樹

東克樹・横浜DeNA

生まれ:1995年11月29日
出身:三重県
身長:170cm
体重:76kg
投打:左投左打
ポジション:投手
最終経歴:立命館大学

2017ドラフトで唯一の単独1位指名となった東投手。

2014ドラフトから続く大学ナンバーワン左腕を指名する横浜らしい指名となりました。

リーグ戦で通算防御率0点台であり、大学日本代表でもエースとして活躍をみせ、アマチュアでの実績は十分。

そんな東投手の武器は正確無比の制球力です。

ストレートの最速は150㎞/hを計測し平均145㎞/h前後と平均的ですが、抜群のノビとコントロールが生命線となっています。

変化球ではスライダーとチェンジアップが武器でありと球種やフォーム的にも横浜の今永投手と同じようなタイプの投手ですね。
東投手のチーム内での立ち位置は、ローテーションの6枚目を争う形となるでしょう。

横浜は2017シーズンに二桁勝利を挙げた今永投手、濱口投手、ウィーランド投手をはじめ、石田投手、井納投手とハイレベルな先発投手陣を誇っているのでなんとか1年目から食い込んでいきたいといったところでしょう。

過去の大学ナンバーワン左腕といわれた石田投手、今永投手、濱口投手に続き活躍が出来るかが注目となります。

CHECK!東克樹(立命大)のドラフト進路や評価は?出身中学高校に球速と球種についても 

ドラフト2位・神里和毅

神里和毅・横浜DeNA

生まれ:1994年1月17日
出身:沖縄県
身長:178cm
体重:81kg
投打:右投左打
ポジション:外野手
最終経歴:日本生命

社会人ナンバーワン外野手といわれた神里選手がドラフト2位です。

都市対抗野球では一番打者として出場し、逆方向への長打と全打席での出塁とリードオフマンとしての能力の高さを見せつけました。

50m5秒の俊足と選球眼とパンチ力のある打撃が持ち味であり、レギュラー陣以外の成績が物足りない横浜外野陣にとって的確な指名であったといえます。

立ち位置は桑原選手とのレギュラー争いになりそうですね。

2017シーズンの一番打者であった桑原選手は抜群の守備範囲と二桁本塁打を記録するパンチ力を見せましたが、打率は.260台に終わり出塁率も一番打者としては物足りない数字となっているので、レギュラー奪取の可能性が十分にあるといえます。

ドラフト3位・阪口皓亮

阪口皓亮・横浜DeNA

生まれ:1999年8月15日
出身:大阪府
身長:186cm
体重:77kg
投打:右投左打
ポジション:投手
最終経歴:北海高

北海高のエースとして甲子園で活躍した阪口投手は上位の3位で指名されました。

武器は緩急自在の投球で最速148km/hのストレートに大きなカーブとスピードのあるカットボールです。

ドラフト前から素材としての評価が非常に高く荒削りながら非常にノビのあるストレートを投げます。

横浜の高卒投手の育成方針から、飯塚投手や綾部投手のように入団から2~3年は二軍での体作りと実践登板がメインとなりそうですね。

ドラフト4位・斎藤俊介

斎藤俊介・横浜DeNA

生まれ:1994年1月7日
出身:千葉県
身長:176cm
体重:83kg
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:JX―ENEOS

四巡目で即戦力投手として斎藤投手を指名しました。

若干スリークウォーター気味のフォームから最速149km/hのストレートとスライダーを武器とする斎藤投手。ストレートの球速は140台後半で安定していて、制球力があります。

おそらくプロ入りしてからは中継ぎ投手として1年目からチャンスを貰える投手でしょう。

ドラフト5位・櫻井周斗

櫻井周斗・横浜DeNA

生まれ:1999年6月25日
出身:埼玉県
身長:178cm
体重:80kg
投打:左投左打
ポジション:投手
最終経歴:日大三高

2016年の秋期都大会決勝で清宮選手から5奪三振を奪い注目を浴びた櫻井投手。

野手としても高校通算32本塁打を放つといった活躍を見せました。

横浜は投手として育てると明言しており、切れ味鋭いスライダーを武器にプロの世界での活躍を目指します。

CHECK!櫻井周斗(日大三)のお父さんって?ドラフト進路は巨人?評価と球種についても 

ドラフト6位・寺田光輝

寺田光輝・横浜DeNA

生まれ:1992年1月5日
出身:三重県
身長:174cm
体重:73kg
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:BCリーグ石川

右のサイドハンドからキレのあるスライダーを投げ込む変則投手の寺田投手が6位指名です。

2017ドラフトは独立リーグからの指名が目立ちました。

横浜は昔からサイドハンド投手の育成に定評があるので、現役時代サイドハンド投手だった木塚コーチと二人三脚で頑張って貰いたいですね。

ドラフト7位・宮本秀明

宮本秀明・横浜DeNA

生まれ:1996年7月24日
出身:熊本県
身長:178cm
体重:81kg
投打:右投左打
ポジション:内野手
最終経歴:パナソニック

名門秀岳館高校出身で横浜では松尾選手の先輩にあたり、内外野こなすユーティリティープレイヤーの宮本選手。

松尾大河選手と三遊間コンビだったということで、DeNAでも若手コンビがスタメンに名を連ねることになれば、チームとしては財産になりますね。

三塁と遊撃と外野をこなせるので、野手の選手層の薄い横浜では1年目から出番がありそうです。

ドラフト8位・楠本泰吏

楠本泰吏・横浜DeNA

生まれ:大阪府
出身:三重県1995年7月7日
身長:180cm
体重:77kg
投打:右投左打
ポジション:内野手
最終経歴:東北福祉大

大学日本代表で4番も務めた将来の中軸候補となる楠本選手。

レベル高い社会人相手に本塁打を放ち、国際大会でも活躍を見せ、対応力のある打者です。

前評判からすると、この順位で指名できた事はかなり横浜にとって幸運だったドラフトといえます。

1年目から手薄な代打での出場がありそうですね。

CHECK!楠本泰史(東北福祉大)のドラフト進路や評価は?肩が評判!兄弟や中学高校も 

ドラフト9位・山本祐大

山本祐大・横浜DeNA

生まれ:1998年9月11日
出身:大阪府
身長:180cm
体重:78kg
投打:右投右打
ポジション:捕手
最終経歴:BCリーグ滋賀

BCリーグ初となる野手でのプロ指名となった山本選手。

アピールポイントは肩だそうで、キャッチャーとしての経験がまだ浅く伸び代は充分。

横浜の捕手陣は年齢層が20代中盤から後半で被っているので高卒2年目の年齢でプロ生活をスタートする山本選手は次世代を担う存在となりそうです。

CHECK!山本祐大のドラフト進路や評価は?肩の強さや中学と京都翔英時代も 

育成ドラフト1位・中川虎大

中川虎大・横浜DeNA

生まれ:1999年10月2日
出身:和歌山県
身長:178cm
体重:80kg
投打:右投右打
ポジション:投手
最終経歴:箕島高

横浜の唯一の育成指名となった中川投手の武器は最速149km/hを誇るストレート。

投手を始めたのが高校に入ってからだそうで、まだ球速が伸びる余地がありそうです

横浜は国吉投手や砂田投手といった育成出身の投手がいるのでお手本にして頑張って貰いたいですね。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018シーズンの補強情報

CHECK!広島カープ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!巨人2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!中日2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ヤクルト2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ソフトバンク2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!西武2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!楽天2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!オリックス2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!日本ハム2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】
CHECK!ロッテ2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】

まとめ

ここまで横浜DeNA2018の補強についてまとめてみました。

チームとしては他球団と比べても若手の積極的起用が目立つので、少しのよう外国人頼みの球団じゃなくなりましたね。

過去には打線の軸となる選手がFAで放出したりと、何かと資金力の強い球団に取られることも多いなかで、チームも年々戦力アップしてる印象があります。

あとは、勝ちパターン中継ぎの柱が揃えばかなりの補強となるのではないでしょうか。

2018シーズンの横浜DeNA2018の補強選手に注目です!