横浜DeNAスタメンオーダー予想2018

横浜DeNA2018!

ということで、2018シーズンの横浜DeNAのスタメンオーダーと開幕投手・先発ローテを予想していきます。

2017シーズンは3位ながら短期決戦で圧倒的な強さを誇り日本シリーズに出場し、若い力が確実に力を付けて来た横浜DeNA。
大きな戦力の変更は無く、2017シーズンと似た陣容での戦いが予想されますが各選手の成長が目覚ましく非常に楽しみな1年となりそうです。

そんなわけで、横浜DeNAの2018シーズンとなるスタメンオーダー、開幕投手と先発ローテの予想してみました!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

横浜DeNA2018スタメンオーダー予想

横浜DeNAの2017シーズン開幕はレギュラーを掴みかけだった宮崎選手が怪我で出遅れやや攻撃力に欠ける開幕オーダーとなりした。

中でも桑原選手と倉本選手と筒香選手の不調が重なり点数が入らない日々が続きましたね。

CHECK!筒香嘉智のメジャーの評価は酷評?FAはいつ?年俸や高校時代についても 

しかし、宮崎選手の復帰と9番バッターに倉本選手を据える打順がハマりシーズン終盤にはNPBでも屈指の破壊力を持つ打線となりました。

2018シーズンもその破壊力を継続することがまだできるのでしょうか。

そんなわけで、2018シーズンのDeNAスタメンオーダーはこのように予想しました! 

1 桑原将志 (中)
2 柴田竜拓or大和(二)
3 ホセ・ロペス (一)
4 筒香嘉智 (左)
5 宮崎敏郎 (三)
6 梶谷隆幸 (右)
7 嶺井博希or戸柱恭孝or高城俊人 (捕)
8 投手
9 倉本寿彦 (遊)

まず、不動のリードオフマンに成長した1番に桑原選手を固定することは間違いないでしょう。

横浜DeNAで最も固定ができなかった2番打者ですが、ラミレス監督が就任当初から目指す2番梶谷構想がありました。

しかしここ2シーズンは梶谷選手のあまりの三振の多さに頓挫しています。

ラミレス監督の2018シーズンの展望においてスモールベースボールを目指すといったことがあるので2番はバントや進塁打が得意であり抜群の守備力を誇る柴田選手が濃厚かなと思ってましたが、大和選手の加入でどうなるかわからなくなりましたね。

柴田選手の守備もレベルは高いですが、守備面だけの総合力では大和選手がリードかなという印象はあるので、柴田選手はできる限り打撃でアピールしたいですね。

DeNAの打線をみるとセンターラインは守備を優先できる球団なので、互いに守備力で争う形になるかもしれません。「

クリーンアップは結果が出ていたので大きな変更は無さそうですが、ラミレス監督が徹底的なスモールベースボールを目指すなら3番にはフリースインガーのロペス選手ではなく出塁率が残り確実に進塁打を打つ打撃が期待できる宮崎選手を据える可能性もあります。

6番には中距離打者の梶谷選手が適任でしょう。三振数が多い梶谷選手はどうしても上位打線には置きにくいです。

下位打線は2017シーズン、9番に倉本選手を据え、前が投手にもかかわらず50打点を記録したので変更はなさそうです。

そうなると7番には捕手を入れざるを得ないことになりますが、この捕手のレギュラー争いは現時点では全く読めないので2017シーズンに出番のあった3人の捕手を予想しました。

2017シーズンは相手の左右の先発で嶺井選手と戸柱選手を、濱口投手の登板日には高城選手がスタメンとなっていましたが2018シーズンもそうなる可能性が高いでしょう。

この3人の捕手の特徴は確実性のある打撃が持ち味の嶺井選手、得点圏に強く本塁打を期待できる戸柱選手、意外性のある打撃と絶対に逸らさない守備が持ち味の高城選手といったところです。

横浜DeNAはレギュラー陣の実力と控えの選手の実力の差が激しく故障や極度の不振がない限りこのオーダーに近い形になります。

CHECK!横浜DeNA2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 

開幕投手を予想

開幕投手はズバリ今永投手と予想します。

今永投手は2年目となった2017シーズンにチーム最多の11勝を挙げエースと呼ばれる投手に成長しました。
横浜DeNAで1番勝てる確率の高い投手は今永投手に他なりません。

他の候補は大舞台に強い井納投手や打者としての貢献度が非常に高く攻撃力増を目指せるウィーランド投手あたりですね。

DeNAは毎年のように開幕投手が変わってますし、開幕戦での白星を挙げた投手は、過去10年間で見ても2016年の井納投手だけなので2018年の開幕投手にはぜひとも白星を挙げてもらいたいですね。

それが今永投手であることを期待します。

スポンサーリンク

先発ローテーションは?

2017シーズンは石田投手が出遅れ、前半はローテーションを回すのに苦労した横浜DeNAでしたが後半は5人目までは固定することに成功し、6人目で飯塚投手らの若手を試すことができました。

2018シーズンはウィーランド投手の残留が確定し、5人目まではほぼ確定状態。気になるのは6人目ですが、2018シーズンの先発ローテはこの6投手と予想します。

1番手:今永昇太
2番手:ジョー・ウィーランド
3番手:石田健大 
4番手:濱口遥大
5番手:井納翔一
6番手:東克樹(野上亮磨)

横浜DeNAには2017シーズンに二桁勝利投手が3人いて、そのうち表ローテに2人を割ると予想。

開幕は今永投手とウィーランド投手で連勝を狙い、3戦目の比較的楽なところで2017シーズン少し不安定だった石田投手を投げさせると予想しました。

裏ローテは2017シーズンルーキーながら二桁勝利を挙げ、奪三振数が多くチームに勢いを与える投球をする濱口投手が1番目。

CHECK!濱口遥大は阪神ファン!評価や球種は?彼女や結婚に中学高校時代についても 

そして5番手には2017シーズン、エース級との投げ合いが続きプレッシャーのせいか本来長いイニングを投げることができるタイプでしたが、6回か7回に捕まることが多かった井納投手をエース級と当たりにくい裏ローテの2番目に配置。

そして6番手はあえてルーキーの東投手と予想しました。

CHECK!東克樹の評価は?出身中学高校に球速と球種についても 

飯塚投手や綾部投手や熊原投手の可能性も無くはないですが、東投手の実力はルーキーイヤーの今永投手に匹敵すると判断しました。

実際は開幕こそ初見で打たれにくい左腕の東投手がローテーション入りする可能性が高いですが、6番目は多くの投手が投げることになりそうですね。

もちろん野上投手のFA移籍が実現すれば6番目は野上投手になり、二桁勝利投手が4人の一気に優勝を狙える投手陣となります。

2018シーズンもっとも期待する選手は?

2018シーズン期待する選手は2017シーズン終盤にレギュラーに定着した柴田選手です。

シーズン初めこそ石川選手と田中選手を左右で併用していましたが、石川選手の故障があり柴田選手の出番が増え、CS前には左右関係なく柴田選手が起用されるようになりましたからね。

ポストシーズンも全試合に出場し、CSでは驚異の打率4割を記録。

持ち前の守備でもチームのピンチを幾度となく救ってきましたし、そんな柴田選手のシーズン打率は2割台前半でしたが、2017シーズン終盤から逆方向への打球が増え明らかな打撃力の向上が見られました。

ただ、大和選手がFA移籍してきたことで、ポジションは約束されていませんのでその辺の争いが楽しみですね。

打撃は大和選手以上に期待はできると思うので、どこまで打撃で成長できるかががポイントかなと思います。

ポストシーズンで出来た打撃が2018シーズンでもできれば打率.270を打つことも不可能ではないでしょう。

守備力はセ・リーグでは広島菊池選手に次ぐ範囲を持っているので打撃力の向上があれば完全なレギュラー奪取となりそうです。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018年スタメンオーダー予想

>>広島カープ2018のスタメンオーダー予想!<<

>>阪神2018のスタメンオーダー予想!<<

>>巨人2018のスタメンオーダー予想!<<

>>中日2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ヤクルト2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ソフトバンク2018のスタメンオーダー予想!<<

>>西武2018のスタメンオーダー予想!<<

>>楽天2018のスタメンオーダー予想!<<

>>オリックス2018のスタメンオーダー予想!<<
>>日本ハム2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ロッテ2018のスタメンオーダー予想!<<

まとめ

2018シーズンの横浜DeNAを予想しましたが、優勝を狙える陣容になってきたことがわかります。

先発投手陣の質と打線の破壊力はリーグでも屈指であり、選手も若くまだ成長の期待できる選手が集まり非常に楽しみなチームといえます。

しかし、本記事では取り上げていませんが、中継ぎと控えには不安を抱えており野手陣が1人でも離脱してしまうと大きく攻撃力が落ちてしまう編成となっています。

ここからの補強でより盤石なものとしていきたいところでしょう!

2018シーズンは20年振りの悲願のリーグ優勝を果たしてほしいですね!