横浜DeNAトレード2018予想

プロ野球トレード予想2018

ということで、今回は2018シーズン横浜DeNAでトレードされそうな選手を取り上げていきます。

日本のプロ野球ではあまりトレードは活発ではありませんが、横浜DeNAは比較的トレードが多く近年では2017年の低迷期を支えた元正捕手の黒羽根選手と日本ハムの新外国人エスコバー投手のトレードがあり記憶に新しいですね。

選手の環境を変えるという意味合いも強いトレードですが今年はどのような選手がトレード要員候補となっているのか予想してみました!

それではご覧下さい!!

スポンサーリンク

井納翔一

主力選手でのトレードで現実的に考えられるのは井納投手なのではないでしょうか。

井納投手は大卒での社会人出身で1年目から一軍で活躍し、入団2年目の2014年には2桁勝利を達成。順調に横浜DeNAの右のエースとして活躍すると思われましたが、2015年からはイニング数を稼ぐものの負けが先行する年が続きます。

しかし、開幕戦やポストシーズンといった大舞台で活躍し横浜DeNAには少ない多くのイニングを投げることの出来る右投手として2018年も先発の一角としての活躍を期待する声が大きかったのですが、若い右投手の台頭もありまさかの中継ぎ転向。

もし、この起用が上手くいかなかった場合イニングイーターを求めるチームと実績のある中継ぎ投手とのトレードが実現するかもしれません。

横浜DeNAは現在若い右投手の育成を重視していて2017年にプロ初勝利を挙げた飯塚投手、綾部投手に加え高卒2年目で初勝利を挙げた京山投手や2017ドラフトで指名した阪口投手といった投手を積極的に先発として起用する方針を固めていて2018年で32歳となる井納投手は先発でも中継ぎでもチームに貢献できなくなってしまった場合トレードの筆頭候補にあがってしまう可能性が出てきます。

井納投手の中継ぎ適性は2017年のポストシーズンを見る限りは150km/h近いストレートとフォークボールで押す投球タイプ含めて適性はあるので余程の事が無い限りは起こらないトレードとなっています。

国吉佑樹

2人目の候補はハマのダルビッシュこと国吉投手です。

国吉投手は育成出身ながら2年目の2011年に支配下登録され150㎞/hを超える速球を武器に先発ローテーションの一角を担い将来を期待させる投球を見せてきました。

しかし、3年目以降は先発での成績が急降下し中継ぎに転向。

その後も先発に再転向したりと伸び悩みが続き2018シーズンは開幕中継ぎ投手として一軍スタートを決めたものの安定感を欠いている状態です。

そんな国吉投手も2018シーズンに27歳となり中堅にさしかかってきていて実績の無いトレード候補としてはギリギリの年齢となります。

本人の体格を含めここから覚醒するする可能性のある選手だけに環境を変えるという意味合いも兼ねてのトレードがあるかもしれません。

トレード相手としては手薄な右の代打候補や近年成績が下降気味な砂田投手、田中投手の左の中継ぎ投手をDeNA側は狙ってくるでしょう。

石川雄洋

野手の主力選手でトレードの可能性があるのは石川選手でしょう。

石川選手は横浜ベイスターズ時代からの低迷期を支え、横浜DeNA初代主将のリードオフマンでポジションは二塁手とサブで外野手。

しかし本人の故障と二塁手の柴田選手の台頭により2017シーズンは出場機会が激減。

その上2018シーズンはFAで二遊間の名手の大和選手が加入し控えとしてのベンチ入りも厳しくなっています。

通年出場すれば柴田選手と大和選手以上の打撃成績を残す可能性がありますが肘の故障をしてからは守備力がこの2選手に劣るといった状況です。

若い選手より優先的使われることは今後少ないと思われ、今後のチーム状況によってはトレード候補に挙がることもあるでしょう。

先述のように左の中継ぎ投手や筒香選手、梶谷選手らの怪我の多い外野陣を筆頭に不測の事態が発生した際に緊急補強が必要になった際には候補となってしまうこともありそうです。

他の選手からの信頼も厚く実績のある二塁手がDeNAにはおらず、よほどのことが無い限りはトレードされないでしょう。

荒波翔

2人目の野手の候補はこちらも横浜DeNAの低迷期を支えた中堅手の1人の荒波選手です。

荒波選手は俊足と広い守備範囲が持ち味の中堅手で2012、2013年にはゴールデングラブ賞を受賞。

は桑原選手、右翼手には梶谷選手の台頭があり出場機会が減っていき途中出場や梶谷選手負傷時の代役としての出場が増えていきました。

控えの選手も乙坂選手や関根選手と細川選手といった若手選手がしのぎを削っており2018シーズンに33歳を迎える荒波選手が優先的に起用される事は少ないでしょう。

実績は十分なため横浜DeNAが弱点の補強をするためにトレードを打診する際には候補として名前が挙がることは間違いないです。

環境を変えればまだ活躍することの出来る可能性がある選手なだけに黒羽根選手の時のようなトレードがあるかもしれません。

他球団のトレード予想2018

>>広島トレード予想2018!<<

>>阪神トレード予想2018!<<

>>巨人トレード予想2018!<<

>>中日トレード予想2018!<<

>>ヤクルトトレード予想2018!<<

>>ソフトバンクトレード予想2018!<<

>>西武トレード予想2018!<<

>>楽天トレード予想2018!<<

>>オリックストレード予想2018!<<

>>日本ハムトレード予想2018!<<
 

>>ロッテトレード予想2018!<<

まとめ

ここまで2018シーズン横浜DeNAのトレード候補についてまとめてきましたがいかがでしたか。

契約内容や学閥についてなどの完全に内部の事情があり偶に不可解なトレードもあるNPBですが2018シーズンはどのようなトレードがあるのでしょうか。

2018年は横浜DeNAからトレードが行われるのか、目が離せませんね!