プロ野球ドラフト2018・阪神

プロ野球ドラフト予想2018!

今回は2018年阪神のドラフト候補となる選手を予想していきます。

昨年2017年は、Aクラスのシーズン2位でペナントレースを終えた阪神タイガース。監督2年目である金本監督の若手積極起用が実を結び、多くの若手が台頭してきた年でもありましたね。

しかし主力投手の故障や不調によりシーズン優勝には届かず、クライマックスシリーズでも3位のDeNAに敗退してしまうなど悔しい1年でもありました。

そんな金本阪神の今シーズンの動向も気になるところですがドラフト情報も気になりますよね。

そんなわけで、阪神の2018年ドラフト指名予想選手をチェックしてみたのでご覧ください。

スポンサーリンク

根尾昴(大阪桐蔭)


投げてもよし、打ってもよし、守ってもよしと異次元の3刀流。

やはり阪神もこの根尾選手を1位で狙っているようですね。

畠山チーフスカウトは、運動能力が高く今の段階では、遊撃手ができたら一番いいが投手野手どちらにすべきか決める必要のない、多くの可能性を秘めた選手だと評価し、熱い視線を送っているようです。

阪神の二遊間は現在絶対的なレギュラーがいない状況。

争いを激化させるためにも根尾選手を取ることは悪くないと思いますし、もしほかの選手が台頭したとしても外野、投手の可能性を秘めていますので獲得後のリスクが少ない選手です。

遊撃手であれば糸原選手、北條選手、植田選手といった若手とのライバル関係になりますのでうかうかしていられない状況になりますね。

もちろん大本命の1位候補だと思います。

CHECK!根尾昂(大阪桐蔭)のドラフトは競合する?各球団ごとの評価を検証 

藤原恭大(大阪桐蔭)

昨年夏甲子園後のU-18ワールドカップに、2年生ながら選出され、打率0.333を残しメジャーのスカウトの記憶にも残った選手です。

50メートル5.7秒の俊足ですが、10月に右ひざを痛めてしまい、春先には7、8割程度の力しか出せていないようでした。

長打力では、同じくドラフト候補でチームメイトの根尾選手には引けを取らず、柳田2世などと呼ばれていますね。木製バットも苦にしないその打撃センスは即戦力への期待感もありドラフトでの競合は必至です。

阪神の畠山チーフスカウトも、しっかりとバットも振れていて肩も強い選手、走るほうも全力でできれば実績があるのでと評価していますね。

阪神の外野手は福留選手、高山選手、中谷選手、糸井選手、など若手ベテランが混在し競争が激しいので藤原選手もさらに成長できる環境なのではないでしょうか。

藤原選手も上位での指名の可能性が高いです。

CHECK!藤原恭大(大阪桐蔭)のドラフト進路情報 

小園海斗(報徳学園)

50メートル5.8秒、ホームラン20本以上、守備も一流で高レベルの遊撃手。

やはり絶対的なレギュラーを、確立できていない遊撃手のポジションを担う若手選手は阪神にとって補強ポイントの1つですから、小園選手はドラフトで狙うべき選手です。

熊野スカウトも、上位でないと取れない選手で、今でもプロのファームなら勝負ができると高校生ながらに高い評価をしています。高校生ではトップクラスと絶賛していますね。

指名されるとすれば外れ1位、最低でも2位くらいのポジションでないと取れない選手なのではないでしょうか。

CHECK!小園海斗(報徳学園)のドラフト進路は?各球団の評価をチェック

山本隆広(関西大)

小柄な体格ですが最速150キロで力のあるストレートを投げる投手。

大学3年の秋には、完全試合も達成し阪神2軍との練習試合でも悪くない投球内容で阪神首脳陣へのアピールをしました。スライダーとチェンジアップが主な変化球で、ストレート主体の投球スタイルの投手ですね。阪神畠山チーフスカウトは、気持ちが強くプロ向きな投手であると評価しています。

気持ちの強さと、速いストレートを持っているのでリリーフ投手としてピンチの場面で登板させる使い方がいいのではないでしょうか。

これからの活躍次第もありますが中盤辺りの指名が濃厚なのではないでしょうか。

太田椋(天理高校)

高校通算18本のホームランを放っているパンチ力と守備の上手さが光る選手。

父親もプロ野球選手であり、その野球センスは素晴らしいものがありますね。

注目の太田選手はポジションは遊撃手であり、阪神がほんとに遊撃手で困っているのがうかがえます。阪神は太田選手を視察するために何度も足を運んでいるようです。

他の球団も学校のグラウンドに訪れているようですので、どこかしらが指名するかもしれませんが阪神が指名するとすれば下位での指名でしょうか。

スポンサーリンク

引地秀一郎(倉敷商業)

186センチ82キロの恵まれた体格から最速151キロを投げ込む選手。高校のOBに燃える男・星野仙一氏がおり、星野氏を彷彿とさせるマウンドさばきで星野仙一2世と呼ばれることもあります。

阪神は、今年のドラフトに向け引地選手をリストアップしているようです。球団関係者は、体が大きくどこまで成長するか楽しみと評価するなど期待値は高いようですね。

長身の速球派ということで、入団後は藤浪晋太郎選手を脅かす存在になるのではないでしょうか。

未来のエース候補としての期待も込めて3位指名でしょうか。

鈴木翔天(富士大)

最速149キロのストレートに加えスライダー、カーブ、チェンジアップと変化球も多彩な選手です。

3年秋には完全試合も達成していますね。

葛西スカウトは、球の質が良く、左投手として変化球の質も良くて上位候補だと語り指名の可能性が非常に高い選手です。

阪神には、計算できる左投手が不足していますし、左のエース格である能見選手はベテランですので、若手左腕のエース候補として鈴木選手は期待されるでしょう。

ドラフトでは上位指名が予想されますね。

平尾奎太(ホンダ鈴鹿)

長身から繰り出される角度のあるストレートとチェンジアップが武器。

左投手不足の阪神にとっては、非常に獲得しておきたい選手の1人ですね。藤浪晋太郎選手と同期でもあるそうです。球団関係者は、体格もある左腕で、社会人1年目から日本代表でもあり、ざらに実績を積めば上位候補だと語っておりドラフト指名は確実視されていますね。

指名の可能性は高いですが、今後の活躍によってはハズレ1位から3位の可能性があります。

林晃汰(智弁和歌山)

右投げ左打ち、怪我から復活した超高校生級の長距離打者。

高校通算ホームランは30本以上で、甲子園でもホームランを放ちその力を見せつけてくれました。

阪神畑山チーフスカウトは、筒香タイプのスケールがでかい選手だとコメントしており将来性に期待が持てます。

現在阪神の三塁手は2017年は鳥谷選手が、2018年は大山選手が務めており確定しきれてない部分があります。特に大山選手は若手の成長株ですので、林選手の加入により競争が激化すること必至です。

現段階では下位の指名ですが、今年の活躍次第では上位でないと獲得できないかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

2018年ドラフトの阪神から指名されそうな選手を予想してみました。

阪神は2015年のドラフト1位の高山選手、2016年ドラフト1位の大山選手と金本監督になってから野手の新人選手の育成が比較的上手くいってますし、投手についても育成が過去の阪神と比べて非常にいい感じにきているのではないでしょうか。

今年の阪神の動向からも目が離せないですが、水面下で動くドラフトの動きからも目が離せません。