プロ野球戦力外・引退予想2018-2019・阪神

プロ野球戦力外・引退予想2018-2019!

というわけで今回は2018シーズンから2019年にかけて阪神から戦力外通告を受けそうな候補選手と引退しそうな選手を予想していきます。

積極的に若返りを図っている金本阪神。

2017年は大山悠輔選手や中谷将大選手、糸原健斗選手など積極的に若手を起用すると、それがチームに勢いを与えシーズン2位で終えましたが若いが故の経験不足もありCS1stステージで涙をのみました。

若手が飛躍しながらもクリーンアップには糸井嘉男選手や福留孝介選手のベテランもいて、チームは今まさに変遷機を迎えているのではないでしょうか?

というわけで阪神の戦力外予想や引退選手についてまとめていきます。

スポンサーリンク

岡本洋介

2018年入団
2017年までの成績:125試合/13勝16敗/12ホールド/1セーブ/194奪三振
2018年現在の年齢:32歳

2018シーズン開幕直前に榎田大樹とのトレードで西武から加入した岡本洋介選手

西武時代は多彩な球種を武器に先発中継ぎ両方をこなす便利屋として投手陣を支えていました。

2017年は先発として6連勝するなど西武の躍進を支えましたが…

2018年新天地では一度も先発していません。

タフネス右腕としてチームの勝利に貢献したいでしょうし、決して悪くは無いかと思いますが戦力外もしくは早くもトレード要員となるのでは?

山本翔也

2013年入団
2017年までの成績:21試合/1勝0敗15奪三振
2018年現在の年齢:29歳

スライダーが持ち味の左のサイドハンド山本翔也投手。

コントロールに困ったことがないと自負するほどの制球力の持ち主ですが、左打者との相性も悪く球威もそこそこなので強力な救援陣に割って入れません。

制球を武器にテンポの良い投球が出来ればまだ他球団での活躍の場もあるかと思いますが、現状それを感じられないので戦力外となる可能性は十分にありそうですね。

島本浩也

2010年入団(育成)
2017年までの成績:41試合/1勝0敗/3ホールド/36奪三振
2018年現在の年齢:25歳

細身な体からキレのあるストレートとフォークで勝負する左サイドの島本浩也投手。

2014年に念願の支配下登録を勝ち取ると、2015年には18試合にリリーフ登板。

先発挑戦の噂もありましたが、2016年もリリーフとして23試合に登板しています。

プロ唯一の勝利は2016年7月の広島戦でリリーフとして1球を投じ、その後チームが逆転しています。

2017年は二軍で安定した活躍を見せるも一軍登板はなく、2018年も盤石のリリーフ陣に加わることができません。

まだ若いですし、生命線のストレートのキレがある限り戦力外されても他球団でなら左腕不足の球団も多いですし可能性は大いにあるでしょう。

伊藤和雄

2011年入団
2017年までの成績:21試合/0勝1敗/34奪三振
2018年現在の年齢:28歳

ストレートの威力で勝負する長身右腕の伊藤和雄投手。

1年目にプロ初先発マウンドもその後怪我で苦しみ一度は育成契約となりますが、その後這い上がり再び支配下を勝ち取りました。

しかし、プロ7年で未勝利、2018年はリリーフとして良い成績を残せていないので戦力外となる可能性が高いです。

2011年にドラフト4位で入団するもわずか2年で2013年オフに異例の育成契約を経験する苦労人から這い上がった実績があるので、戦力外となってもまだまだ挑戦は続けてほしいところ。

歳内宏明

2011年入団
2017年までの成績:57試合/2勝4敗/4ホールド/55奪三振
2018年現在の年齢:25歳

ストレートとフォークを武器にかつて甲子園を沸かせた2011年ドラフト2位右腕の歳内宏明投手。

前評判は良かったものの制球難もあり一軍に定着できてませんよね。

一時的はストッパー候補にも挙がるほどの期待があった投手で2016年にはWBSC・U-23ワールドカップ日本代表も経験しています。

2014年には先発でプロ初勝利を挙げるもその後はリリーフとしての登板が増えました。

しかし、2017年は右肩の故障でプロ入り後初めて一軍マウンドに登れずに育成への格下げとなってしまいました。

2018年は二軍でリリーフ登板していますが防御率4点台後半と不安定で、甲子園を沸かせた好投手もかつての輝きを失っています。

2018年7月30日に支配下再契約されたので、今後の期待が大きくはなりますが、1軍の打者でストレートで勝負できれば契約はあるのかなという印象。

持ち前のストレートで三振を奪える力があるだけに怪我の心配を払拭できればという感じですね。

仮にチームを離れることになったも年齢的にも中継ぎとして歳内投手を欲しがる球団は出てきそうな気はします

山崎憲晴

2017年入団
2017年までの成績:412試合/打率.218/171安打/6本塁打/56打点/7盗塁
2018年現在の年齢:31歳

堅実な内野守備が定評あるユーティリティプレイヤーの山崎憲晴選手。

DeNAのスーパーサブとして、2013年、2014年には115試合に出場するなど渋さが光る選手でしたが、2016年に怪我をすると、2017年にはヤクルトから加入の田中浩康や、若手の柴田竜拓、倉本寿彦の活躍もあって一軍出場なく戦力外となりました。

阪神はFAでDeNAに移籍した大和穴埋め役として獲得しましたが、植田海、糸原健斗、北條史也など伸び盛りの二遊間も多いことから控えとなっています。

堅実な守備が武器の選手はチームに必要でしょうが、今ひとつ勝負強さに欠けることから再び戦力外となる可能性も考えられます。

スポンサーリンク

岡崎太一

2004年入団
2017年までの成績:113試合/打率.200/27安打/2本塁打/11打点/1盗塁
2018年現在の年齢:35歳

巧みなインサイドワークが光る阪神一筋のベテラン捕手、岡崎太一。

13年目となる2017年はプロ初本塁打や初サヨナラ打を記録するなど、印象的な活躍をしましたが正捕手定着とはなりません。

チームには成長真っ只中の梅野隆太郎選手、坂本誠志郎選手もいますし、アピールを続ける若手捕手がまだまだいます。

今後チャンスを貰える機会も少ないでしょう。

年齢的にも引退を考えるタイミングでしょうし、今後は自分が出るよりも若手にチャンスを与える役割に徹して欲しいですね。

小宮山慎二

2003年入団
2017年までの成績:149試合/打率.164/37安打/1本塁打/8打点
2018年現在の年齢:32歳

強肩が持ち味のベテラン捕手、小宮山慎二選手。

2012年には自慢の強肩を武器に自己最多72試合に出場したものの正捕手の座を掴みきれず、2017年は一軍出場なしに終わりました。

15年目を迎える2018年もここまで一軍出場がなく、引退の危機を迎えています。

1つのチャンスを掴むことで1軍の機会は増えると思いますが、やはり阪神は梅野隆太郎選手、坂本誠志郎選手、長坂拳弥選手ら若手捕手に絞られてる印象が強いです。

そのチャンスに恵まれる可能性がどうしても低いのかなと思います。

西田直斗

2011年入団
2017年までの成績:1試合/打率.000/0安打
2018年現在の年齢:25歳

シュアな打撃が持ち味の内野手、西田直斗選手。

地元大阪桐蔭で活躍したスラッガーで入団時から期待されていましたが未だにプロ初安打を放てません。

2016年オフに一度育成契約に格下げされましたが、その後再び支配下に這い上がりました。

二遊間においては糸原選手が固定されつつありますが、まだまだ競争段階ではあります。

まずはプロ初安打が目標ですが、戦力外の危機でもありますからアピールを続けていきたいですね。

マテオ

2015年入団
2017年までの成績:115試合/8勝7敗/43ホールド/20セーブ/118奪三振
2018年現在の年齢:34歳

阪神のブルペンを支える3年目の助っ人リリーバー、マテオ投手。

最速157キロの豪速球を武器に1年目は守護神として活躍し、2年目の2017年はドリスの前の8回を投げるセットアッパーとして大活躍。

7回を投げる桑原謙太朗と最優秀中継ぎのタイトルを分け合いました。

2018年もセットアッパーとして大車輪の活躍が期待されましたが、防御率6点台と打ち込まれチームに貢献できません。

守護神ドリスとともに単年契約ですが、このままの成績では2019以降の契約を勝ち取るのは難しいのでは?

今成亮太

2012年入団
2017年までの成績:470試合/打率.265/275安打/6本塁打/68打点/7盗塁
2018年現在の年齢:30歳

巧みなバットコントロールと内外野複数のポジションをこなす器用な今成亮太選手。

日本ハム時代は捕手として出場機会に恵まれませんでしたが、阪神にトレード移籍後は捕手だけでなく、三塁手や一塁手、外野手などで出場機会を増やし打撃をアピールしてきました。

しかし、2017年は二軍で打率.246と奮わず移籍後初めて一軍出場がありませんでした。

さらに2018年もここまで出場なく、戦力外になるのでは?と噂されています。

天性の打撃センスを兼ね備えてますから、そう少しプレーする姿を見ていたいですが…

何よりも今成選手ほどのムードメーカーは阪神は珍しいので、こういった選手がベンチにいるだけでも雰囲気はよくなるはずなので。

荒木郁也

2010年入団
2017年までの成績:161試合/打率.195/24安打/2打点/12盗塁
2018年現在の年齢:30歳

俊足を生かした守備と走塁が持ち味の内野手、緒方凌介選手。

2017年は代走や守備固めなどで自己最多49試合に出場しましたが、やはり打撃は不足していてレギュラー定着とはいきません。

2018年はここまで出場はありませんが、糸原健斗選手、植田海選手の二遊間は守備交代も代走も必要のない選手ですからね。

ますます出場機会が減っていきますので、戦力外もしくはスーパーサブを求める他球団とのトレードの可能性もあります。

緒方凌介

2012年入団
2017年までの成績:51試合/打率.220/18安打/2本塁打/5打点/2盗塁
2018年現在の年齢:27歳

こちらもスピード自慢の守備と走塁が売りの外野手、緒方凌介選手。

常に「今年こそは!」といった期待がありましたし、能力が高いのは事実。

パンチ力もあって高い身体能力を買われながらも、ここまで一軍に定着できておらず、ベテランが奮起する外野陣に割って入ることができません。

若手外野手が打撃不振となっている中でアピールして戦力外を免れたいところですね。

スピードは一級品ですから、コンスタントにヒットが出るようになれば一軍定着もあり得ます。

まとめ

というわけで、2018シーズンから2019年にかけての阪神から戦力外・引退選手を予想しました

2018年も安定したリリーフを軸に投手陣が中心となった戦いを見せていますね。

金本阪神3年目となりますが、チームとしては若手が育っていますし、これまでにはない阪神に生まれ変わりつつあります。

広島が強すぎるのか、主力組が計算通りの成績を残せていないのか、優勝までの道のりはまだまだ険しいのが現状ですね。

ベテラン野手や助っ人も奮闘している中、特に若手外野手がくすぶっていて結果を求めてしまいますが、金本監督の改革も徐々に結果が見えてくるでしょうし長い目で見ていきたいですね。

若手の先発陣も魅力的ですし、新たなチームとして注目です!

プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【他11球団】

セ・リーグ

プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【広島カープ編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【ヤクルト編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【巨人編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【中日編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【横浜DeNA編】 

パ・リーグ
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【西武編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【ソフトバンク編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【日本ハム編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【ロッテ編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【オリックス編】 
プロ野球戦力外候補・引退予想2018-2019【楽天編】