プロ野球契約更改・年俸予想2019・阪神

プロ野球契約更改・年俸予想2019!

ということで、今回は2019シーズンに向けた阪神タイガースの契約更改で注目される15選手の年俸をざっと予想してみましょう。

阪神は2017年、シーズン2位で終えながらCS1stで下位のDeNAに敗退するなど悔しい思いをしましたね。

金本阪神3年目は若手とベテランのバランスも良く逆襲に燃えました。

序盤から中盤にかけては1強の広島に喰らい付こうと必死な戦いを見せ上位につけていました。

しかし、天気の影響を最も受け、余裕のない終盤戦に順位を一気に落とし17年ぶりの最下位に。

金本監督は責任を取って辞任。

二軍を日本一に導いた矢野燿大氏が一軍監督になります。

選手たちにとっても厳しい契約更改となるのでは?

見て行きましょう!

スポンサーリンク

糸原健斗

2018年の年俸:1600万円
2019年の年俸:4000万円(2400万増 )

攻守にわたってセンスあるプレーが光る糸原健斗。

2017年はルーキーながら開幕一軍入りすると、内野手として66試合に出場し打率.259を残すなど攻守でアピールしました。

2年目の2018年は7番遊撃手で開幕スタメンに名を連ねると、持ち前の器用な守備で三塁手や二塁手もこなしましたね。

結局、チーム唯一143全試合に出場し最終的には1番二塁手に定着するなど大活躍。

チームトップの152安打を放ち、チーム2位の打率.286を残すなど思い切りの良さが光りました。

野手では一番の評価といっても良いくらいなので年俸は3倍以上の6000万円近くまで跳ね上がるのでは?

糸原健斗の彼女は?足が遅い?守備力と打撃の評価や中学高校時代についても 

梅野隆太郎

2018年の年俸:2600万円
2019年の年俸:5000万円(2400万円増)

強肩と意外性ある一打だチームを引っ張る扇の要、梅野隆太郎。

1年目から正捕手として期待が寄せられていましたが、守備面での粗さが目立ち4年目の2017年にようやくブレイクしましたね。

選手会長として臨んだ2018年は自身最多の132試合に出場。

すべての面においてキャリアハイの成績を残しました。

また、盗塁阻止率は前年より下がったものの2年連続でセ・リーグ2位となりました。

年俸は4000万程度まであがると予想できます。

藤浪晋太郎

2018年の年俸:1億2000万円
2019年の年俸:8400万円(3600万円減)

最速160キロのストレートが武器の長身右腕、藤浪晋太郎。

大谷翔平の同い年で何かと比較されましたが、入団から3年連続で二桁勝利を挙げるなどエースとしてのキャリアを積み重ねてきましたが、ここ数年制球難に悩まされていて、2017年はわずか3勝しか挙げられませんでした。

再び信頼を取り戻したい2018年でしたが、開幕ローテーション入りしたものの白星を挙げられず2度の二軍落ちを経験します。

金本監督時代の3年間は良いイメージはなかったですね。

しかし、9月には自身3連勝をマークし2016年6月以来の完封勝利を挙げるなど2019年こそは復活に期待できるのでは?

ただ、年俸に見合った活躍は出来ませんでしたからダウン更改となりそうですね。

良くても9000万円あたりで1億台は割るでしょう…。

福留孝介

2018年の年俸:1億5000万円
2019年の年俸:1億5000万円(現状維持)

勝負強い打撃で期待に応えるベテラン外野手の福留孝介。

2017年は中軸打者として阪神移籍後最多の79打点を叩き出すなど、持ち前の打撃が光りました。

2018年は40歳を越えながらも結果的に123試合に出場。

その後も3番から5番までの打順で結果を残し、打率.280を残すなど衰えを知らない職人ぶりを発揮しました。

若手の育成が上手くいかないチームでもこういったベテランがまだ一線で通用してるのが凄いですね。

年齢的にも複数年は難しいですが、現状維持か微増が有力でしょう!

高山俊

2018年の年俸:3800万円
2019年の年俸:3200万円(600万減)

抜群のバットコントロールとパンチ力が魅力の若手外野手、高山俊。

2016年の新人王ですが、2017年は2年目のジンクスにはまり打率.250と伸び悩みました。

2018年はさらなる不調を極め打率は.172、出場数もプロ入り後最少の45試合にとどまるなど、外野手のレギュラー争いに加わることは出来ませんでした。

能力は高い選手だけに、復調のきっかけを掴み2019年は再び躍動したいですね。

年俸は大幅ダウンで間違いないでしょう。

2500万~2800万と予想します。

原口文仁

2018年の年俸:2000万円
2019年の年俸:3000万円(1000万円増)

思い切りの良いスイングでアーチを描く原口文仁。

2017年は一塁手で開幕スタメンを掴むと打率.226と不振でした。

2018年は捕手や一塁手でスタメン出場も数試合ありましたが、代打での起用も多く82試合に出場し打率.315と期待に応えました。

梅野選手が正捕手に定着し、一塁手には外国人が入ることになりレギュラー定着は難しいでしょうが、新代打の神様として一軍定着を目指したいですね!

成績も向上しましたし、年俸は倍増なんてことも!?

大山悠輔

2018年の年俸:2500万円
2019年の年俸:3000万円(500万増)

鋭いスイングが魅力の2016年ドラフト1位内野手、大山悠輔。

金本監督も期待を寄せる若きスラッガーは1年目の2017年に75試合に出場し7本塁打を放つなど、大器の片鱗を見せました。

2年目の2018年は6番三塁手で開幕スタメンを手にしましたが、4月以降調子を落とし、度々スタメンから外れることも。

それでも、8月に調子を取り戻すと、9月には一時4番を任されるなど絶好調で月間打率.415、9本塁打と期待に応えました。

金本監督を胴上げすることは叶いませんでしたが、将来の生え抜き4番としてスタメン固定される日が近いを信じたいですね。

前半は絶不調で苦しみましたが、試合数、打率、本塁打全てが1年目を超えているので、年俸は4000万円と予想します。

植田海

2018年の年俸:550万円
2019年の年俸:1400万円(850万円増)

チーム屈指の俊足が持ち味の若手内野手、植田海。

3年目の2017年は二軍で25盗塁をマークすると、一軍でもプロ初安打、初盗塁をマークするなど飛躍のシーズンとなりました。

一軍に定着したい2018年は4月下旬にスタメンを掴むと交流戦では1・2番で遊撃手を任されました。

打撃面はまだまだ物足りない部分があり打率.192に終わりましたが、チーム2位の19盗塁と持ち味を発揮しました。

年俸は4,5倍跳ね上がるのでは?

若手による内野手争いが激化してますから、打力を向上させてレギュラー定着といきたいですね。

スポンサーリンク

岩貞祐太

2018年の年俸:3500万円
2019年の年俸:3800万円(300万増)

大きく脚をあげるダイナミックなフォームから力強いボールを投げ込む2013年ドラフト1位左腕、岩貞祐太。

1年目から白星を挙げると、3年目の2016年には10勝を挙げブレイクしました。

その後2017年は5勝10敗と安定感を欠き、先発ローテーションとして再起を誓った2018年は前半戦こそ安定した投球が続きましたが、後半に打ち込まれるようになりチーム同様終盤に成績を落としました。

結果的には7勝10敗で前年よりも回復したものの、不本意な投球ではなかったはずです。

ただ、1年間先発ローテーションを担ったことから年俸は現状維持が妥当かなと思われます。

小野泰己

2018年の年俸:1800万円
2019年の年俸:2700万(900万増)

整ったフォームから伸びのある直球を投げ込む若手先発右腕の小野泰己。

ルーキーイヤーの2017年は打線の援護がなく2勝7敗と負けが先行したものの内容的には評価が高く15試合に先発するなど経験を積みました。

2018年は開幕から先発ローテーションに定着し、岩貞投手と同様、前半戦は安定した投球を見せ白星を積み重ねました。

しかし、後半戦は打ち込まれチームの悪い流れを食い止めることが出来ませんでした。

それでも7勝7敗のイーブンの成績で23試合の先発マウンドを任されるなど飛躍の1年となったのではないでしょうか。

2019年こそ二桁勝利を挙げたいですね!

年俸は3000万前後と予想します!

才木浩人

2018年の年俸:600万円
2019年の年俸:1500万円(900万円増)

力強い速球が売りの地元出身高卒右腕の才木浩人。

指揮官も期待を寄せる2年目右腕は5月下旬にプロ初先発を任されると二度目の先発となった巨人戦で6回無失点の投球を見せプロ初勝利を挙げました。

その後、負けが先行しているもののシーズン終盤まで一軍に帯同し6勝10敗と経験を積みました。

自慢のストレートが良くリリーフ転向で2018シーズンを終えたので2019年の配置はわかりませんが、20歳を前にしてチームの主力に成長したことはチームにとって心強い存在ですね。

年俸は3倍に増額しても不自然じゃありません。

メッセンジャー

2018年の年俸:3億5000万円
2019年の年俸:3億5000万円(現状維持)

2010年の来日以来、虎のエースとして活躍する大型助っ人のメッセンジャー。

現役最長、7年連続で規定投球回に到達しているタフネス右腕は37歳を迎える2018シーズンも4年連続で開幕投手を任されます。

交流戦こそ1勝2敗と乱れたものの7月までに10勝をマークする貫禄の投球を披露します。

エースとして28試合に先発したものの、後半に勝ち星を伸ばせず11勝7敗の成績で終えました。

特に、終盤2カ月は白星つかずでノックアウトされる場面もありましたね。

すでに2年以上の複数年契約を提示してることから、現状維持+出来高の2年契約と予想します。

藤川球児

2018年の年俸:1億5000万円
2019年の年俸:1億4000万円(1000万円減)

かつては伸びのある豪速球で一斉を風靡した松坂世代のリリーフ右腕、藤川球児。

2017年は52試合に登板し防御率2.22と安定感を見せ、桑原マテオドリスの勝利の方程式に繋げました。

すると2018年はマテオの不調もあり、勝利の方程式を任されることに。

7から9回まで様々な役割を担い復帰後最多の53試合に登板し5勝3敗21ホールド、防御率も2.32と安定。

奪三振率も11台とかつてのような力強い投球を見せました。

多くの同世代がユニフォームを脱ぐ中、もう一度優勝の喜びを追い求めマウンドに立ち続けます!

年俸はチーム状況を見ても大幅アップは無さそうですが最低でも現状維持、2〜3000万のアップも見込めるでしょう。

能見篤史

2018年の年俸:1億2000万円
2019年の年俸:1億1000万円(1000万減)

阪神一筋で投手陣を支えてきているベテランサウスポーの能見篤史。

ここ数年かつてのような他を寄せ付けない投球は見え隠れしていますが、2018年は復活の先発マウンドも乱れ6月からリリーフに転身します。

するとここから徐々に安定感を取り戻し結果的には42試合にリリーフ登板し16ホールドを挙げ防御率も2.56の成績を残しました。

ただ、本来求められている活躍とは違いますから年俸アップは見込めないのでは?

2019年には40歳を迎えるベテラン投手、再びエースとしての輝きを取り戻せるか?

岩崎優

2018年の年俸:4500万円
2019年の年俸:5000万円(500万増)

球持ちの良いフォームからキレのあるボールを投げ込むサウスポーの岩崎優。

入団後は将来のエース候補として先発投手で度々起用されていましたが、2017年にリリーフに転身すると66試合に登板し
防御率2.39と活躍しました。

2018年もリリーフとして一軍に帯同しましたが、前年より打ち込まれる場面も増え一発を浴びる場面も目立ちました。

61試合に登板しながらも防御率4.94と起用に応えられませんでした。

年俸は最高で現状維持、数100万のダウンが濃厚でしょうか。

まとめ

以上、プロ野球契約更改2018の阪神の年俸予想をまとめてみました。

2018年の阪神は優勝を狙えるチームになったと思いましたが、4番ロサリオの大誤算や守りのミスが相次ぎ阪神17年ぶり最下位。

思った以上に若手の成長が苦しんでいることから、30前後で活躍している選手が少ない印象があります。

今のベテラン勢が引退した後を想像すると今の若手があと2~3年の間で結果が出ないと暗黒時代に突入していきそうな気配もあります。

そういう意味では内野手の争いが激しくなっていることは非常にプラスかと思います。

また、二軍監督だった矢野氏が一軍監督になることで全体の戦力を見極めてポジション争いがさらに激化するかもしれませんね。

最下位からの逆襲を違う2019年はどんな新戦力がブレイクするのか楽しみですね!

プロ野球契約更改・年俸予想2019【他11球団】

セ・リーグ

プロ野球契約更改・年俸予想2019【広島カープ編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ヤクルト編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【巨人編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【横浜DeNA編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【中日編】 

パ・リーグ

プロ野球契約更改・年俸予想2019【西武編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ソフトバンク編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【日本ハム編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【オリックス編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【ロッテ編】 
プロ野球契約更改・年俸予想2019【楽天編】