阪神人的補償・プロテクト予想2018

阪神人的補償・プロテクト予想2018!

ということで今回は2018年オフに阪神のFA補強によってプロテクト漏れから人的補償になりそうな選手を予想してみました。

2018年の阪神は前半戦から首位の広島に喰らい付こうと、粘り強い戦いを続けていましたが後半戦に一気に失速。

天候の影響で終盤連戦続きで疲労もあったでしょうが、17年ぶり最下位に転じました。

若手の起用や育成を積極的に行ってきた金本知憲監督が辞任し、2019年からはOBで2018シーズン二軍監督として日本一になった矢野燿大新監督が率います。

当然、チームを立て直すため6人を戦力外、3人の外国人を自由契約に。

よって、2018年オフはFA市場に参戦すると見込まれています!

そこで今回は、2018年阪神の人的補償とプロテクト選手を予想します!

スポンサーリンク

2018年オフのFA補強候補選手

・西勇輝

2018年の阪神はチーム防御率4.03とリーグ2位の成績を残しました。

しかしチーム打率ワースト2位、チーム本塁打数はリーグで最も少ない85本と打撃面が苦しんだ印象です。

となれば、FA補強は野手なのでは?

しかも、浅村栄斗や中田翔は大阪桐蔭出身の強打者ですし当然噂されています。

しかし、金本監督の若手育成によって野手は伸びてきていることから投手を優先すべきでは?という観点もあります。

確かに2018年は前年活躍した期待の秋山拓巳が5勝10敗、藤浪晋太郎の復活ならず、岩貞祐太が7勝10敗と自慢の先発投手が苦しみました。

若手の小野泰己、才木浩人といった覚醒間近の投手もいますが、勝利数を計算できるほどの信頼度まではいきません。

勝ち頭のメッセンジャーは2019年も残留しますが、やはり安定して二桁勝てる先発投手こそが上位浮上の鍵となるでしょう!

よって、オリックスの西勇輝投手の一本化も報じられています。

オリックスの勝ち頭、2018年開幕投手の西投手は10年のキャリアで5度の二桁勝利を挙げるなど先発としての実績は十分です。

また、まだ20代後半ということでこれからのチームを支えてくれる存在としての期待できます。

それでは西勇輝獲得に向けて、プロテクト選手、人的補償候補を予想していきましょう!

阪神でプロテクトされる選手28名を予想

FAで他球団から選手を獲得する場合、その補償として元の球団に対して金銭や人的補償が必要となります。

そこで人的補償として放出したくない選手28名をプロテクトする制度を設けています。

もし、阪神がFA行使の西投手を獲得するならばプロテクトされるであろう選手28名を予想していきます!

投手

・能見篤史
・岩貞祐太
・馬場皐輔
・藤浪晋太郎
・藤川球児
・小野泰己
・高橋遥人
・石崎剛
・才木浩人
・秋山拓巳
・青柳晃洋
・望月惇志
・桑原健太郎
・岩崎優
・島本浩也

28名のうち半分以上の15名を投手と予想!

西投手を放出するということで、当然オリックスの狙いは先発投手になるのでは?

となると、多くの投手をプロテクトする必要がありますね。

藤浪晋太郎、秋山拓巳は2018年良くなかったですが、2019年は再び先発の柱として再起してくれることでしょう。

また、将来のエース候補、馬場皐輔や小野泰己、高橋遥人、才木浩人などもしっかり押さえておく必要があります。

当然、リリーフ陣も放出したくないでしょうから優先的に投手をプロテクトするかと思われます。

捕手

・長坂拳弥
・梅野隆太郎
・原口文仁

捕手は3人を予想!

正捕手に成長した梅野隆太郎、打力もある原口文仁、インサイドワークに定評ある長坂拳弥の3人です。

いずれも阪神にとって大事な存在でしょうから。

しかし、オリックスの正捕手は20代前半の若月健矢、打撃センスある伏見寅威、ベテランの山崎勝己と揃っていることから捕手の獲得は無いと思います。

よって、実績不足の長坂拳弥はプロテクト漏れする可能性も有りますね。  

内野手

・鳥谷敬
・北條史也
・大山悠輔
・糸原健斗
・陽川尚将

内野手は上記の5人をプロテクトと予想!

金本監督が積極的に起用した大山悠輔や糸原健斗はプロテクトから外すわけにはいきません。

ベテランの鳥谷敬は年齢的にもプロテクトから外しても獲得される可能性は低いですが、これまでの実績を考えたらプロテクトされるのが普通です。

北條史也はクセのあるバッティングで守備力も上がっていますしし、一発のある陽川尚将もきっかけ1つでクリーンアップ候補にもなるので欠かせない存在です。

この他には熊谷敬宥や植田海も主力プロテクトしておきたいところでしょうが、オリックスは若手内野手も豊富ですから獲られる心配はないともみました。
  

外野手

・糸井嘉男
・福留孝介
・高山俊
・島田海吏
・中谷将大

外野手も5人をプロテクトと予想!

ベテランの糸井嘉男、福留孝介は当然ながら、高山俊と中谷将大もプロテクト漏れは考えれません。

島田海吏といった将来を背負う若手も流出は阻止したいところですね。

実力的に俊介も貴重な戦力ですが、30歳を超えてシーズン通しての出場はないため、獲得される可能性は低いのでプロテクトから外されても問題はないかなと思われます。

スポンサーリンク

プロテクト漏れから人的補償候補を予想

プロテクト漏れした選手のうち、主要な選手は

・投手
岡本洋介、横山雄哉、岩田稔、尾仲祐哉、谷川昌希、高橋聡文、竹安大知、飯田優也、伊藤和雄
・捕手
坂本誠志郎、小宮山慎二
・内野手
熊谷敬宥、山崎憲晴、植田海
・外野手
江越大賀、伊藤隼太、板山祐太郎、俊介

実績あるベテラン選手から将来有望な若手まで貴重な戦力が揃っていると思います。

投手を中心にプロテクトするでしょうから、内外野に一軍クラスの選手もいますね。

以上のプロテクト前メンバーから人的補償候補を予想します!

岩田稔

緩急をつけた投球で打ち取る技巧派のベテラン左腕、岩田稔。

2018年は未勝利に終わりましたが、経験豊富な投手陣はオリックスにとって必要な存在でしょう。

オリックスは2018年に小谷野栄一が引退し、中島宏之も退団と相次いでベテランがチームを去り、投手でもエースの金子千尋が輝きを失い戦力としても厳しい状況です。

ディクソンやアルバース、若手の山岡泰輔、田嶋大樹と先発の数は揃っているように見えて西勇輝の流出は痛いでしょう。

今のオリックスは若手を育てていくというよりは少しでも勝ち星を積み重ねられるという方針で地元大阪出身の岩田稔を人的補償として獲得する可能性もあります。

トレードでブレイクした榎田大樹の例がありますし、岩田にとってもチャンスになるかもしれませんね。

リリーフ左腕も少ないですから、先発中継ぎ両輪での活躍が期待されます。

竹安大知

緩いカーブで打者を翻弄する若手右腕の竹安大知。

2018年は一軍ではわずか2試合と経験は少ないものの、二軍では14試合に登板し6勝0敗、防御率1.30と高い安定感を見せました。

オリックスは若手投手も成長著しく、特にリリーフはたくさんいますね。

将来の先発ローテーション候補として育てるために獲得する可能性もあります。

ただ、先発の柱西投手の穴を埋められるほどの選手ではないですから、可能性は低いかと。

江越大賀

身体能力の高さが売りのなかなかブレイクできない未完の大砲、江越大賀。

2018年は一軍でわずか29試合出場で1本塁打にとどまりましたが、二軍ではウエスタンリーグ2位でチームトップの15本塁打を放つなど長打力を発揮しました。

オリックスは中島宏之、小谷野栄一とベテランの右スラッガーを失い、右の和製大砲が不在となってしまいました。

よって、野手はポジション問わず右のスラッガーを必要としているでしょう。

江越は実績こそありませんが、身体能力の高さは他球団からも高評価ですし、ツボにハマれば長打を量産できることから、代打の切り札としても期待できるのでは?

新天地で持ち前の打力を発揮してくれると期待したい存在でもありますね!

まとめ

ということで、阪神のプロテクト選手、人的補償候補を予想してみました!

オリックスの勝ち頭、西勇輝投手の獲得を想定していますが、当然それなりの選手を失うことになります。

関西同士の球団ともあってトレードとFA含めて何かと選手の入れ替えが多い阪神とオリックス。

誰がプロテクトされるのか?FA選手を獲得した際に誰が人的補償となるのか?

目を離せませんね!!