阪神スタメン予想2019

阪神スタメン予想2019!

今回は2019年の阪神のスタメンオーダーを予想してみました。

2018年はセ・リーグ最下位と、打撃不振で調子が上がらずにシーズンを終了した阪神。

メジャーや韓国リーグで実績を上げ期待されていた、ロサリオ選手の大誤算や2018年5勝にとどまった藤浪晋太郎投手など期待の選手が思うような結果を残せず結果チームは17年ぶりの最下位で金本監督が辞任。

2019年は矢野新監督になって超積極的野球でチーム再建に期待したいところ。

そんなわけで、2019年の阪神のスタメンオーダーと開幕投手と先発ローテも予想!

また、2019年にブレイクしそうな選手にも迫ります。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

阪神スタメン予想2019

2018年は球団新助っ人史上最高の年棒3億4,000万円で加入した期待のロサリオ選手は成績が振るわず、期待の若手大砲の大山悠輔選手の前半の絶不調に

セカンドにコンバートした鳥谷敬が思ったような成績を残せていませんでした。

糸井選手や福留選手の両ベテランの活躍は流石ですが、他生え抜き選手の活躍が見られないところが阪神の課題ではないでしょうか。

2018シーズンで全試合を果たしたのは2年目を糸原選手のみ。

矢野監督も新たに0から競争させる方針なので、どんな若手が台頭してくるのかが楽しみですね。

そんな2019年の阪神タイガースの開幕スタメンオーダーはこのように予想しました!

  • 1番:江越大賀or高山俊or近本光司(中)
  • 2番:糸原健斗(二)
  • 3番:糸井嘉男(右)
  • 4番:大山悠輔(三)
  • 5番:福留孝介or中谷将大(左)
  • 6番:新外国人(一)
  • 7番:梅野隆太郎(捕)
  • 8番:植田海(遊)

1番は江越大賀選手と高山俊選手、そして近本光司選手を予想しました。

昨年までの1軍の実績だけ見たら江越選手がスタメン予想には入りませんが、もともとの素質が開花しかけています。

2018年に2軍で本塁打15本、盗塁数25を記録しており、長打力のある1番は大変重宝されるので、2019年のキャンプやオープン戦の成績次第では十分ありえると思います。

江越選手は長打がある、走れる、守れる、あとはバットに当たる確率があがったら即レギューラなのかなと。

2人目は2016年に新人王を獲得した高山選手を予想しました。入団してから3年連続で先頭打者で開幕スタメンに起用されていますが、シーズン途中でデータが回って苦しんでいる印象。

打撃センスは天才級と称されているだけに、1つのきっかけで十分にレギュラー獲得はできる選手でもありますから。

そして3人目は2018年にドラフト1位で入団した、近本光司選手を入れました。
即戦力候補として入団したわけですし、走力だけでいうなら既に阪神でもトップクラスだと矢野監督は語っています。

キャンプとオープン戦で打撃がある程度適用できれば開幕スタメンの可能性は考えられます。

足を使う矢野野球には近本選手のようなタイプはスタメンに必要になってくるはずなので。

2番は2018年チーム唯一で全試合出場を果たした糸原健斗選手が来るでしょう。
FAで残留した上本選手との一騎打ちになりそうですが、2019年から新キャプテンに就任することで、よりチームに貢献してくれると期待できます。

糸井選手は2018年に打率.308と安定の成績を残すとともに、盗塁数はチームトップの22でしたので3番が妥当ですが、1番の起用も考えられます。阪神入団後、糸井選手自身は納得のいく成績じゃないかもしれませんが、ぜひともキャリアハイを目指してほしいですね。

糸井選手がまだ20本塁打を達成したことがないのが不思議なくらい。

4番には生え抜きとして期待の高い大山悠輔選手を予想しました。前半でそこそこ安定すれば固定されるでしょう。

期待が大きいだけに2018年の前半は絶不調でも使われ続けましたけど、2019シーズンはそこまでチャンスはないかなと思われます。

2018年シーズン後半の活躍を2019年は開幕から見せて欲しいですね!

2018年はロサリオ選手の不振をカバーしていた福留孝介を5番と予想しました。

2019年で42歳なりますが、現在の阪神では代えのきかない選手。守備も安心ですし、チャンスに強いのでクリーンアップで使われるのではないでしょうか。年齢的に2019年は休ませる期間が増えていくでしょう。

また、中谷将大選手は2018年の開幕は2軍スタートでしたが、1軍の長打力不足からシーズン途中に1軍復帰して初のサヨナラヒットなどの活躍を見せていました。

パンチ力と守備は信頼度が高いので福留孝介選手の休んでる期間に中谷選手に穴埋めをしてもらいたいですね!センターでの開幕スタメンの可能性も十分にあります。

新外国人はロサリオ選手の大誤算のこともあるので6番と予想しています。キャンプやオープン戦での成績次第で打順が上がる可能性もありますね!

右の大砲が基準なので日本ハムを退団したレアード選手が無難な気はします。

7番は2018年ゴールデングラブ賞を受賞した梅野選手。捕手争いも激化してますが、頭1つ出ているのは間違いなく梅野選手なので2019年の開幕スタメンは濃厚かなと思います。

ショートが一番予想しにくいポジションです。

基本的には植田選手、北條選手を基準にショートに再挑戦することになった鳥谷選手との競争になるでしょう。

本来ショートには守れる選手を置きたいところなので、それに適した選手といえば植田選手になります。

矢野監督の野球は足で仕掛けることが多くなってくるので、チームトップの俊足を誇る植田選手が使いやすいと思いました。

打線があまりにも貧困ならショートは鳥谷選手か北條選手も考えれますね。

開幕投手と先発ローテを予想

2018年は打撃不振で最下位となった阪神ですが、投手成績はチーム全体で防御率4.06、失点626でどちらともセ・リーグ2位となっており、投手陣の踏ん張りが見られた1年でもありました。

開幕投手は4年連続で開幕投手を任せられたメッセンジャー投手以外考えらませんね。

実績を見ても、開幕投手へのこだわりをみてもメッセンジャー投手以外で開幕投手に相応しいのは現在の阪神にはいないでしょう。

2019年で38歳を迎えるのが年齢的に心配な要素はありますが、まだまだ2桁以上は計算できる投手なので5年連続の開幕投手として間違いないと思います。

それでは、開幕投手と先発ローテーションは以下の通りと予想します!

  • 1番手:メッセンジャー
  • 2番手:小野泰己
  • 3番手:岩貞祐太
  • 4番手:西勇輝
  • 5番手:才木浩人
  • 6番手:望月惇志

2番手にはプロ入り2年目ながら7勝を上げた小野投手と予想

ストレートの質は1年目から首脳陣から高評価を受けていますし、期待された2年目は6回に捕まることが多かった小野投手。

変化球の制球力があがって、3巡目の打者に対して対応できれば軽く10勝はいくでしょう。

基本ストレートで空振りを取れる投手なので。

3番手に予想したのは2018年7勝10敗と負け越している岩貞祐太投手。

侍ジャパンに選出されたのをきっかけに2016年以来の2桁勝利をしてほしいですね。

能見投手が中継ぎに転向したことで左のエースとして存在感をアピールしたいところ。

西勇輝投手がFA移籍が決まったら二巡目の先頭にくるのではないでしょうか。

2011年から安定した成績を残しているので、ホームランが出にくい甲子園での活躍が期待できます。

最低でも10勝の計算が立ちます。

2017年にプロ入りした才木投手は2年目ながら1軍で6勝をマークしており、自慢のストレートを武器にこれからの阪神に欠かせない投手となるでしょう。2019年は完投できる試合を増やして2桁勝利を挙げてほしいところ。

矢野新監督は望月惇志投手を先発で使ってみたいことをコメントで残されていますので、シーズン途中から先発ローテーションに入ってくると予想できますね!

また、リリーフ陣は能見投手、桑原投手、藤川投手、ドリス投手などのリリーフ陣が機能していたので、引き続き2019年も安定した活躍が期待できますね。

そこに若手が1人でも台頭してほしいので先発として予想した望月投手が勝ちパターンのリリーフで登場するケースも考えられますね。

2018年は1軍での乱調が目立った藤浪投手も開幕ローテ候補で間違いありませんが、首脳陣の期待度でいえば小野投手、才木投手、望月投手の方が高いように思えるのであえて開幕ローテから外れる予想となりました。

当然藤浪投手は先発としてフル回転してくれないと困る投手ですから。

また、2018年2軍でチーム最多勝の8勝を上げた青柳投手や、2軍で2冠達成した福永投手もキャンプやオープン戦次第で1軍定着もありえそうですね!

阪神は生え抜き投手陣に関しては他球団以上に育ってる印象があるので、野手以上に先発組の競争が個人的には楽しみです。

スポンサーリンク

2019年にブレイクしそうな選手

それでは、2019年にブレイクしそうな選手を予想します。

今回は大山悠輔選手望月惇志投手の2選手をあげました。

大山悠輔は2019年のスタメンで4番と予想しており、首脳陣やファンからの期待が高いですね。

本人の目指す方向もコメントでは残していませんが、4番に相応しい選手になりたいはず。

助っ人外国人の起用に失敗している阪神としては生え抜きで長打力のある大山悠輔に活躍してもらうことでチームの打力を盛り上げてくれるでしょう!

阪神は本拠地の甲子園が広いので大砲選手はかなり不利ですけど、浜風を利用できる右の大砲が生え抜きとしてそろそろ育ってほしいですね。

もっともその可能性に近いのは大山選手であることは間違いないと思いますので。

2人目の望月投手は矢野新監督の期待も高く、2019年は先発・中継ぎ・抑えのどこでも活躍できる投手になりたいとコメントしていることから、チーム状況に合わせて登板する器用な投手となってくれることが期待できますね!

また望月投手のコメントは2019年で22歳で迎えるとは思えないくらいしっかりしてて頭の良い投手だということがわかりますし、ヘルニアに苦しんだことがきっかけで練習方法も人一倍考えるようになったかもしれませんね。

ストレートが阪神でもトップクラスなので1つの変化球で空振りがとれたら、全盛期の藤川球児投手のような絶対的な抑えとして君臨できそうな気配があります。

まとめ

今回は阪神タイガースの2019年のスタメン、開幕投手、先発ローテーションなどの戦力を予想してみました。

2018年はロサリオの大誤算などで、打撃の低迷で最下位となってしまいましたが、2019年は若手の台頭により新たな阪神が見られることを期待したいですね。

金本監督が導いてきた阪神を矢野新監督がどのように采配するのか、楽しみですね!