阪神スタメンオーダー予想2018

阪神2018!

ということで、2018シーズンの阪神のスタメンオーダーと開幕投手・先発ローテを予想していきます。

金本監督の就任二年目「挑む」をスローガンに2016年大幅に負け越した広島、巨人等上位チームにどれだけ迫れるか注目されましたが、結果はやはり優勝した広島との力の差を見せつけられる形に終わりました。

新しい戦力も育ってきている中で2018年チームはどのように変わっていくのでしょうか。

阪神の2018シーズンとなるスタメンオーダー、開幕投手と先発ローテの予想してみました!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

阪神2018スタメンオーダー予想

鳥谷、糸井、福留といったベテラン勢がいるものの2017年もオーダー固定は難しく色々なオーダーが組まれました。

2018年もこの3人をオーダーからはずすことは難しいですが、残りのポジションでしっかりレギュラーを掴める選手がどれだけ増えるかが広島との差を埋める鍵になりますね。

そんなわけで、2018シーズンの阪神スタメンオーダーはこのように予想しました!

1 糸井嘉男(右)
2 西岡剛(遊)
3 福留孝介(左)
4 ロサリオ(一)
5 大山悠輔(三)
6 鳥谷敬(二)
7 中谷将大(中)
8 梅野隆太郎(捕)

※キャンプが始まり、各選手の評価基準が変わっているの大幅に変更

まずは1番に糸井選手。

糸井選手の1番は勿体無い気もしますが、ロサリオ選手の加入で4番が固まったことで上手くジグザグ打線が組める前提での予想となりました。

高山選手の1番スタメンもありえますが、センターで考えた場合に守備面の不安要素と中谷選手の長打はやはり魅力的。

2番の西岡選手についてはシーズン通して出場は考え難いですが、鳥谷選手がセカンドにコンバートとコンディションを2018シーズンを万全に調整してることが大きな理由です。

センターラインとなるショートは守備を優先したいのでその辺西岡選手は不安要素が残りますが、現状の打線を見て総合力では西岡選手のショート起用は面白いですし、相手にとって嫌なことができる選手なので2番も向いているのかなと思います。

肝心のクリーンアップ4番にロサリオ選手の挟む3番・5番が難しいところですが、どちらかに福留選手が起用されるのは濃厚で大山選手がサードにコンバートということで、打撃に集中させるということであれば思い切って5番もありかなと。

CHECK!福留孝介の引退時期は?レストにコンバートは守備劣化?生涯年俸や成績も!

6番の鳥谷選手は2017シーズンの実績を見ても妥当。

7番に中谷選手を置くことで第2の4番としての期待もあるので、このスタメンメンバーが本来の力を発揮したときは、広島やDeNAにも負けない打線になるのかなという印象もあります。

CHECK!中谷将大が覚醒!彼女の噂や結婚は?中学高校時代についても 

捕手争いに関しては、選手会長に就任した梅野選手。打撃の淡白さはありますが、肩の強さや総合力を見ても坂本選手より一歩リードしてるかなという印象があります。

CHECK!梅野隆太郎の盗塁阻止率2017が凄い!リードやキャッチングに打撃はどう? 

とはいえ、現状固定されてるメンバーは糸井選手、ロサリオ選手、福留選手、鳥谷選手のみなので最後の最後までどうなるか楽しみですね。

鳥谷選手はセカンドに起用されるとの報道が出ていますが、ショートの守備力で鳥谷選手を上回っているのは植田選手だけかなと思うので、個人的には鳥谷選手がショートに戻って、上本選手を含めたセカンド争いも面白いかなと思います。

セカンドに鳥谷選手、サードに大山選手となった場合、上本選手のチャンスが一気に激減するので上本選手の踏ん張りも期待したいですね。

福留選手を休ませたときに、高山選手は当然のことですが、スイッチに転向した江越選手、その他の若手選手が出てくることを期待したいです。

CHECK!阪神2018の補強一覧まとめ【新外国人・FA・新人選手】 

開幕投手を予想

阪神について、開幕投手の予想は現時点ではあまり意味がないかもしれませんね。

これはもうメッセンジャー投手しかいません。

CHECK!メッセンジャー(阪神)は日本人扱い?FAはいつ?嫁や家族に年俸についても 

不運なケガによって2017年は無念の離脱をしましたが、そこまでの活躍と安定感は素晴らしかったですし、復活した後のCSでの横浜戦も圧巻のピッチングを披露しました。

気持ちも強く、契約第一の外国人選手というイメージを超えた日本人的な活躍が期待できる頼もしい投手なのでアクシデントがなければメッセンジャー以外の候補は見当たらないでしょう。

スポンサーリンク

先発ローテーションは?

打線同様、2017年の誤算は右左の軸として期待した藤浪と岩貞が揃って結果を残せなかったことでしょうね。

秋山の覚醒は大きなプラス要素ではありましたが、チームとしてはそれをプラスにできず、藤浪投手と岩貞投手の補填をする形になってしまいました。2018年は大きな補強があるわけではありませんので彼らの復活を期待する年になるでしょうね。

というわけで、2018シーズンの先発ローテはこの6投手と予想します。

1番手:メッセンジャー
2番手:岩貞祐太
3番手:藤浪晋太郎
4番手:秋山拓巳
5番手:能見篤史
6番手:青柳晃洋

一見2017年と変わり映えしないローテーションに思えるのですが、元々このメンバーはアクシデントがなければ皆試合を作る能力は非常に高い投手ばかりです。

実績と安定感から1番手のメッセンジャーはおそらく確定です。ローテーションは表と裏があり、1,4番手に投げる投手がそれぞれ3連戦のカードの初戦を任される形になりますので、2017年にメッセンジャーとともに安定した投球を披露した秋山投手が裏ローテの1番である4番手の可能性は高いでしょう。

左の先発投手が手薄なため、岩貞投手と能見投手をそれぞれ別カードに分散し、それぞれ2番手と4番手としました。

岩貞投手については2017年は特に前半から中盤まで本来のボールが戻らず四苦八苦していましたが終盤になってやっと本来のボールを取り戻した様子で2018年は左の軸として回ってくれそうな予感がありますね。

藤浪投手はプレッシャーを緩和するという意味でもカードの最終戦が妥当かなと思われます。

CHECK!藤浪晋太郎はイップスが原因で制球難?死球が多い!成長してないって声も 

しかし藤浪への期待相変わらず大きく彼なしのローテーションはやはり考えられないでしょう。

それだけ持っているものは素晴らしいということです。150kmをはるかに超えるストレート、140kmを超えるカットボール、そんなボールを初回から終盤まで投げ続けることができる投手はプロ野球に何人もいないですからね。

勝ち星にこそ恵まれませんでしたが、2017年夏場からの大事な試合で安定して試合を作り続けた能見の力はまだまだ必要でしょうね。

大きなケガもなくローテーションを守ってくれる左投手は貴重ですし、特にブルペン陣が強力な阪神では活躍の場面も広いです。

6番手は青柳投手と小野投手の争いかと思われますが、あえて青柳投手としました。

青柳のボールはストレートもスライダーも独特の軌道を描き、既にプロで通用することは証明済みです。

崩れるのは四球や自らのエラーなど投球以外の部分がきっかけのことが多く非常にもったいない投手です。

あと一歩でローテーション投手として安定した活躍ができる位置にはいるため、小野投手よりも6番手に近いと予想しました。

ただその差はほとんどなく、小野投手のストレートも既にプロで通用することは証明済みで、変化球の精度やピッチングの組み立て次第では大きく飛躍するシーズンになる可能性もありこの2人の争いから目が離せませんね。

あと、2年目を迎える才木浩人投手は早くもストレートに磨きがかかっており、2018シーズンにある程度登板機会を与えられるはずなので、この投手にも注目したいです。

2018シーズンもっとも期待する選手は?

阪神の2018シーズンで期待される選手といえば、やはり大山選手中谷選手になるでしょう。

阪神タイガースは伝統的に守りのチームです。1985年こそそのイメージを覆し日本一に輝きましたが、2005年はJFKという鉄壁のリリーフ陣を擁して優勝しました。

しかしその後優勝争いには加わるものの、投手力に頼ったチームであるため投手が疲弊する終盤に失速するという悪癖が解消できずにいました。

大事な場面で打ち勝つ底力、雰囲気を変える長打、金本監督はそういったものを求めてチーム変革を実行してきました。

ほれぼれするようなフォロースルーの大きい素晴らしいスイングをする大山選手、ツボにハマった時の飛距離は驚愕の弾道でパワーと身体能力の高い中谷、それぞれタイプは違えど「打てなかった時代」の阪神にはいなかったタイプの生抜き選手です。

監督が期待しているようにファンも彼らの長打に夢を見られる、そんな選手がやっと現れたと実感できますね。彼ら2人が長打を飛ばせば飛ばすほど阪神は優勝に近づくのではないでしょうか。

>>スカパーはプロ野球セ・パ2018・全試合放送<<

他球団の2018年スタメンオーダー予想

>>広島カープ2018のスタメンオーダー予想!<<

>>横浜DeNA2018のスタメンオーダー予想!<<

>>巨人2018のスタメンオーダー予想!<<

>>中日2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ヤクルト2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ソフトバンク2018のスタメンオーダー予想!<<

>>西武2018のスタメンオーダー予想!<<

>>楽天2018のスタメンオーダー予想!<<

>>オリックス2018のスタメンオーダー予想!<<
>>日本ハム2018のスタメンオーダー予想!<<

>>ロッテ2018のスタメンオーダー予想!<<

まとめ

2017年をリリーフ陣の奮起によって2位で走り切った阪神。

優勝こそできませんでしたが、2018年に期待をさせるシーズンではありました。

しかし、課題の「打つこと」については超変革の旗頭であった高山、北條、原口が揃って壁にぶつかり、代わって中谷、大山が出てくるなど、安定感には乏しく、やはり最後はベテランの福留、鳥谷、糸井頼みになってしまったことは否めません。

2018年こそ自らの手でレギュラーを取れる若手が一人でも多く出てきてくれることを期待しましょう。